BMW

BMW i3「 EV専用モデル」に新型バッテリー搭載、最大航続距離は466kmに

BMWは、新型のバッテリーを搭載し、最大航続距離466kmを実現した電気自動車「BMW i3新型バッテリー(120Ah)」の販売をスタートした。 BMW i3は「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブブランド「BMW i」の電気自動車(EV)として、2014…

「BMW ALPINA B4S BITURBO EDITION 99」世界限定99台の特別モデル、日本導入へ

アルピナ社による製造台数を抑えた世界限定99台の特別モデル、「BMW ALPINA B4S BITURBO EDITION 99」の日本導入が決まった。こちらのモデルにはクーペとカブリオレのふたつのバージョンが用意されている。 製造台数を大幅に抑えたアルピナの特別なリミテッ…

BRUDER CAR OF THE YEAR 2018

​_ RELATED ARTICLE関連記事 【特集 新型車】2018-2019年 話題の新型車 【特集 コンパクトSUV】コンパクトSUVこそ今、旬の賢い選択肢 【特集 スポーツカー】究極のスポーツカーが加速させる人生 【特集 コンパクトカー】“クールスモール”キーワードは意外性…

2018-2019年 話題の新型車

RELATED ARTICLE関連記事 【特集 コンパクトSUV】コンパクトSUVこそ今旬の賢い選択肢 レンジローバーとレンジローバー スポーツに 抜群の燃費性能を誇るPHEVが登場 【特集 オープンカー】オープン2シーター、最も贅沢なクルマ オフロードでも「魔法の絨毯」…

BMW X4の日本導入がスタート。流麗なクーペSUVがさらに進化

RELATED ARTICLE関連記事 BMW X2、低姿勢でアンフォローを貫く レンジローバー・ヴェラール、2018年の最も美しいモデルに選出 レポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める BMW アルピナ B5 ビターボ 、全てを叶える全能のセダン BMWは、プレミア…

BMW X2、低姿勢でアンフォローを貫く

RELATED ARTICLE関連記事 コンパクトSUVこそ今旬の賢い選択肢 “クールスモール”キーワードは意外性 キャデラック初のコンパクトSUV、XT4発表。新開発の高燃費ターボエンジン搭載 ポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める ランドローバー4番目の…

コンパクトSUVこそ今、旬の賢い選択肢

RELATED ARTICLE関連記事 “クールスモール”キーワードは意外性 キャデラック初のコンパクトSUV、XT4発表。新開発の高燃費ターボエンジン搭載 ポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める ランドローバー4番目のモデル、ヴェラール。 長距離移動が…

BMW 7シリーズ ドライビング・ラグジュアリーの愉悦

クルマの選択肢が豊富になりつつある昨今だが、ゴルファーにとっての究極の1台は?という問いに対する答えにブレはない。たっぷりとしたラゲッジエリアと室内空間はもちろんのこと、当代一流の高い物的質感とスピードに対する知的好奇心を満たす、スポーティ…

究極のスポーツカーが加速させる人生

RELATED ARTICLE関連記事 戸賀敬城、スーパースポーツマクラーレン570S Spiderを普段使いする メルセデスAMG GTロードスター。二兎を追って、どちらも得たいあなたへ 伝統のネーミングが復活、アルファロメオ「ジュリア」 和製スーパースポーツを再認識する …

オープン2シーター、最も贅沢なクルマ

【関連記事】 アウディ R8 スパイダー、もうこのクルマに一目惚れ ランボルギーニ ウラカン、オープンエア最強のパフォーマンスを実現 アストンマーティンDB11ヴォランテ、究極のオープンエアスポーツGT 猫科肉食動物の咆哮、ジャガー「FタイプSVR」 フェラ…

BMWにキャディバッグが何個積めるか試した

キャディバッグ積載量企画第5弾は、BMWで検証。「駆けぬける歓び」をキャッチフレーズにクルマ作りをするブランドは キャディバッグ積載量としては決して多いとは言えないが、それでも十分なラゲッジスペースがある。使用したキャディバッグはアメリカオレゴ…

人気のSUV、主役に躍り出た

かつてバンタイプの乗用車や、いかついクロカン4駆は商用車として括られたり、局地的に重宝されるニッチな存在だった。だがファッションと同じくらい、クルマ世界のトレンドも変化する。昨今話題となる新型車の多くが背の高いクロスオーバーSUVであり、ハイ…

BMW アルピナ B5 ビターボ 、全てを叶える全能のセダン

BMWのプロダクションカーをベースとしながら、その性能を全方位的に引き上げることで独自のモデルとして完成させている自動車メーカー、アルピナ。同社が送り出している4ドア・セダンは世界最高レベルの動力性能と、セダン特有の優れた使い勝手が融合した1台…

BRUDER が考える究極のセダンとは?

メルセデスのGやポルシェ・カイエン、レンジローバー、ベントレー・ベンテイガ等々……カントリークラブの駐車場で圧倒的な存在感を放つ頂上SUVたち。そんな彼らと異なるスタンスで洒脱をアピールしたい向きが乗るべきは、究極のセダンに他ならない。SUV躍進の…

ゴルファーが牽引するEV(電気自動車)の時代

一貫してガソリン車に乗り続けてきたベテラン・ドライバーにとって、電気自動車はまだ現実的な選択肢と言えないのかもしれない。だが昨今、自動車世界の魅力的な話題には必ずと言っていいほどハイブリッドやEV(電気自動車)と言ったキーワードが絡んでくる…

BMW M5、伝統のM5、6代目で初の4輪駆動に

標準的な4ドアセダンにモンスター級のパワーユニットを組み合わせた「羊の皮を被った狼」と呼ばれるモデルは、BMWの伝統芸としても認知されている。BMWモータースポーツを起源とするスペシャリスト集団、BMW M社が送り出す一連のシリーズは「駆け抜ける歓び…

平日と週末を繋ぐプラグインハイブリッド、BMW 「740e iパフォーマンス」

'70年代から6世代にわたってラグジュアリーセダンの最高峰に位置し続けてきたBMW7シリーズ。その堂々とした姿態はエグゼクティブの日常を支える移動手段であり、説明不要のステータスシンボルでもある。2年前にフルモデルチェンジされた現行7シリーズのライ…

ニューBMW 5シリーズ、最先端なセダンで澄み切った空気の心地よさを感じる

ビジネスはもちろん、週末のアソビ旅だって一切の妥協はしたくない。そんなビジネスアスリートに相応しい、ニューBMW5シリーズで向かうのは、栃木県那須に位置するトーナメントコース「ホウライカントリー倶楽部」。ステイ先は豊かな自然に囲まれた、わずか4…

閉じる