BMW SAVラインナップの最上位モデル。アレンジ自在な3列目シートを備えた新型X7デビュー

f:id:natsuko_toma:20190716174544j:plain

  • f:id:natsuko_toma:20190716174306j:plain

BMWのスポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)最上級ラグジュアリーモデルX7の日本導入がスタートした。

全⾧5165mm、全幅2000mm、前高1835mmという存在感溢れるX7は、待望の3列シート仕様として登場。日本には3.0リットル直列6気筒ターボディーゼルを搭載する「X7 xDrive35d」と、4.4リットルV型8気筒ガソリンターボを搭載する「X7 M50i」の2車種をラインナップする。

  • f:id:natsuko_toma:20190716174247j:plain

エクステリアは全体を水平な直線で構成し、最上級SAVモデルとしての堂々たる佇まいを備えた。フロントのキドニー・グリルは、最新BMWスポーツモデルのような横型ではなく、縦型に近い形状を採用。SAVらしい屈強な印象を際立たせ、グリルの横に繋がるように配置されたヘッドライトは地面と水平となるよう、フラットでモダンなデザインが取り入れられた。

  • f:id:natsuko_toma:20190716174303j:plain

3105mmというホイールベースにより実現した余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が⾧時間快適に過ごせる、ラグジュアリー感溢れる空間を確保。6人乗りモデルでは2列目が2席の独立したコンフォートシートとなり、広々と贅沢な空間を実現した。

シートには厳選した牛革を使用した「BMW Individual」メリノレザーを標準装備。さらにセレクトレバー、スターターボタンなどに、透明度の高いクリスタルを採用したことで、室内空間全体がラグジュアリーな雰囲気を纏うことになった。

  • f:id:natsuko_toma:20190716174300j:plain

「X7 xDrive35d」に搭載される3.0リットル直6ターボディーゼルは、最大トルク620Nmと、低回転から強大なトルクを発生。ストレスの無い加速と安定したクルージング性能を実現した。

一方、「X7 M50i」は、4.4リットルV8ツインターボ・ガソリンエンジンを搭載。最高出力530PS(390kW)を実現したことで、0-100km/h加速は4.7秒というスポーツサルーンをも凌ぐ俊足を誇る。さらに「Mスポーツ・エキゾースト・システム」を搭載するなど、よりスポーツ走行性能を高めたモデルとなった。

  • f:id:natsuko_toma:20190716174256j:plain

高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」や、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムを搭載。

さらに、BMW として初めて「トラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)」機能が採用されており、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートしてくれる。

  • f:id:natsuko_toma:20190716174253j:plain

価格は1079万〜1566万円(税込)。X5に続き、X3、X2、X1と、次々とセグメントにSAVを投入してきたBMWに、待望の3列シートを備えるモデルが登場した。3列目シートを畳むことで、広大なラゲッジスペースを確保することも可能で、ゴルフだけでなく家族との外出にも使いたいゴルファーにとって、頭を悩ませる選択肢が増えたと言えそうだ。

bruder.golfdigest.co.jp

bruder.golfdigest.co.jp

bruder.golfdigest.co.jp

お問い合わせ先

  • BMW ジャパンフリーダイヤル:0120-269-437

    www.bmw.co.jp
閉じる