BMW X4の日本導入がスタート。流麗なクーペSUVがさらに進化

BMWは、プレミアムSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)モデル、新型X4の日本販売をスタートした。SACはBMWが展開するクーペ版クロスオーバーSUVで、ルーフからリアセクションにかけてなだらかに下るクーペラインを持つ。2014年にデビューした初代に引き続き、2代目X4もX3の兄弟モデルとなる。

先代モデルからホイールベースを55mm延長したことでクーペラインの優雅さがさらに際立っており、大型化したキドニーグリルと深く刻まれた彫刻のようなプレスラインにより、低重心で存在感のあるスタイリングへと一新した。

特にリアセクションのデザインはX4専用に設計された細長く立体的なLEDテールランプに加えて、両サイドに装着されたエグゾーストトテールパイプにより、見る者にパワフルな印象を与えている。

インテリアは上質で、よりラグジュアリーな空間を実現。マット感のあるガルバニック加工が施されたスイッチ類は見た目だけでなく触り心地にまでこだわったという。

また、より柔軟に体を包み込むヴァーネスカレザー仕様のスポーツシートを採用したことで、悪路でも疲れにくく快適な座り心地を実現した。

日本には2種類のガソリンエンジン搭載モデルが導入され、「X4 xDrive30i」には252psの2.0L直列4気筒ガソリン、「X4 M40i」は3.0リッター直列6気筒ガソリンを搭載する。

「X4 M40i」はサーキット走行を想定した「M」と、実用性の高さをより重視したモデルの中間に位置付けられており、直6ユニットは最高出力360ps、最大トルク500Nmを発揮。0-100km/h加速は、4.8秒という高性能を実現した。

価格は税込で「X4 xDrive30i」が764〜814万円、「X4 M40i」は977万円。先に登場したX3よりも、アグレッシブでスポーティなエクステリアを持つX4。

BMWのSACラインはゴルファーが絶対に譲れないラゲッジルームの使い勝手を犠牲にしていない。質実剛健か遊び心か、選ぶ側としてはズラリと揃ったラインナップを前に、頭を悩ますことになるだろう。

お問い合わせ先

  • BMW ジャパンフリーダイヤル:0120-269-437

    www.bmw.co.jp
閉じる