CAR

ジャストサイズでエレガント。ついに見つけた小さな高級車 メルセデス・ベンツ Aクラス セダン

「クルマは大きいほうが偉い」というのが、これまでの常識だった。けれども、使い勝手のよいサイズのプレミアムカーがほしいというニーズも増えている。そんなクルマを探していた夫妻がようやく出会った、納得できるモデルとは──。 妻の厳しいオーディション…

デカいだけのアメ車じゃない 先進システム満載のキャデラック エスカレード

日本市場において、キャデラック エスカレードは宣伝が不要なのだという。なぜなら、アメリカのヒッポホップ・アーティストのMV(ミュージックビデオ)にばんばん登場するから。この手のクルマに興味がある層はヒップホップを好む傾向にあるらしく、MVを通し…

“衣・食・CAR”が揃うMercedes me Tokyoで、至福の週末を過ごす

​_ 「メルセデス ミー 東京 (六本木)」は、メルセデス・ベンツのブランド発信施設であると同時に、最先端のライフスタイル発信基地でもある。ここを起点にすれば食事やショッピング、ゴルフなど、充実した週末を過ごすことができる。 世界チャンピオンのコ…

「駆けぬける歓び」は健在 FFに生まれ変わったBMW 1シリーズ

​_ BMW 1シリーズは、2019年のフルモデルチェンジによって、それまでこだわってきたFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)へと、駆動方式を変えた。1シリーズといえばVWゴルフやトヨタ カローラと同じ、激戦区のCセグメントに属するモデル。BMW 1シリーズはCセ…

新型Q3に見た万能型SUVのカタチ

​_ これは日本における万能車ではないか──。アウディの新型Q3の試乗を終えて、思わずそうつぶやいた。このクルマが1台あれば、納得のクルマ生活を送ることができる。そう感じた理由を記す前に、2020年7月に導入された新型Q3の日本におけるラインアップを整…

価格以上のプレミアム感を味わう新型ディフェンダー110を試乗

​_ 1948年のデビュー以来、基本的な構造を変えないまま2016年まで販売された長寿モデル、ランドローバー ディフェンダーがついにモデルチェンジをした。世界的な人気で品薄状態が続き、いまオーダーしても納車まで1年近くかかる見込みという新型ディフェン…

I-PACE試乗が当たる! CHARGE & PLAY キャンペーン

ゴルフ場までの往復も楽しむ、贅沢な一日を過ごしませんか?ジャガー初のEVであるI-PACEと、ラグジュアリーな乗り味が上質さを増したレンジローバー PHEVは、どちらもゴルファー注目のクルマ。今回は新しい時代の到来を予感させてくれるピュアEVのI-PACEのド…

ドライバーを挑発するアルピーヌ A110Sの淡麗辛口な味わい

​_ アルピーヌはルノーのモータースポーツ活動を担うとともに、そこで得たノウハウをもとにスポーティモデルを開発する組織だ。メルセデス・ベンツにおけるAMGやBMWにおけるM社のような立ち位置。ルノーF1チームは2021年よりアルピーヌF1チームに名称を変更…

ゴルフ場への往復がエキサイティングな体験になる!感性を刺激するSUV、マセラティ レヴァンテ

自動車の黎明期から高性能GTや高級スポーツカーで名を馳せた名門マセラティがはじめて手掛けたSUVがレヴァンテ。このクルマは官能性でドライバーの心を魅了する。 強さと美しさを兼ね備えたデザイン マセラティのショールームを訪ねてみようと思ったのは、ゴ…

SUVクーペに求めるものとは? メルセデス・ベンツ GLE Coupe

​_ メルセデス・ベンツ GLE Coupe。この車名からモデルの立ち位置を説明すると、「GL」はメルセデス・ベンツのSUVであることを示し、それに続く「E」はEクラス相当であることを表す。最後の「Coupe(クーペ)」は、オーセンティックなSUVであるGLEに対して…

ウルトララグジュアリーなSUV 新型ベンテイガを試乗

​_ アメリカで生まれたSUVはドイツメーカーが火付け役となって世界的な流行を生み、英国のベントレーがさらに上を行くウルトララグジュアリーSUVのパイオニアとなりました。2015年11月に、注目の中でワールドプレミアされたベンテイガ。翌年夏に導入された…

理想のスポーツセダンとは何か? BMW M340i xDrive

​_ BMWの特徴が、切れ味の鋭いスポーティな走行性能にあることはみなさんご存知だろう。なかでも、“M”の肩書が与えられたモデルは特別だ。今回はBMW M340i xDriveを題材に、“M”の世界を取り上げたい。 BMW M社はモータースポーツ活動を行いながら、極限のバ…

「クルマと一体になれる感覚」アバルト 595 ピスタ

​_ アバルトのステアリングを握る--その機会は自動車ジャーナリストであっても決して多くありません。大衆車メーカーとは異なり、新型車を発表するのは年に1回あるかないか。今回アバルト 595 ピスタを走らせたことはとても貴重な体験でした。しかも天気…

試乗でわかる「欧州王者の実力」プジョー 208

​_ プジョー 208が、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2020という勲章とともに日本に導入された。全長4m前後のこのクラスはヨーロッパではBセグメントと呼ばれるカテゴリーで、最も販売台数が多くなることから自動車メーカー各社が気合を入れて開発するモ…

話題のアウトドア系SUV、グランドチェロキーを試乗

​_ パンデミックによる影響を避けられない今年はともかくとして、日本国内の輸入車販売台数はここ数年好調です。どこもSUVラインアップが充実し、多くの人のショッピングリストに入るようになりました。その中でも顕著なのが今回ご紹介するジープブランド。…

キャディバッグを積めるスーパーカー、マクラーレン GT

​_ スーパーカーでゴルフ。たしかに、東京クラシッククラブをはじめいくつかのゴルフ場でイタリアの跳ね馬を見かけたことはありますが、あまり現実的でない、と思います。キャディバッグや着替えを積むことを考えれば不便だし、それに早朝から住宅地で爆音…

本質と向き合う大人ゴルファーに選ばれたい、 メルセデス・ベンツ Vクラス

人や荷物を、快適かつ安全に遠くまで運ぶというのがクルマに求められる本来的な役割だ。大人4人と4つのキャディバッグを楽々と積載するメルセデス・ベンツ新型Vクラスは、そんなクルマの本質に向き合い、最新の技術で形にしたモデルだ。 上質で広々とした室…

公道を走るレーシングカー!? ダラーラ ストラダーレ

​_ 自動車業界にはまだまだ魅力的なブランドが眠っているんだな。そんなことをつくづく感じました。いや、多くを知った気になってはいけませんね。日々勉強です。そう思ったのはダラーラ ストラダーレのステアリングを握ったから。袖ケ浦フォレストレースウ…

ハイブリッドにもボルボの「こだわり」 XC60 B5に試乗

2019年以降の新型車すべてに電動モーターを搭載する―とボルボが発表したのは2017年6月のことだった。内容としては、全モデルにEV、プラグインハイブリッド車、またはマイルドハイブリッド車をラインアップするというもの。3年の月日を経た今年4月からは、今…

「進化論」が味わい深い新型ポルシェ 911 カレラの試乗

​_ 写真は全てポルシェ 911カレラ 4S 新型ポルシェ 911 カレラの日本でのデリバリーが始まった。2018年に発表された「タイプ992」と呼ばれる8代目のポルシェ 911シリーズのベーシック仕様。「スポーツカーのメートル原器」とも称され、世界中のクルマ好きが…

2020年で生産終了、アルファロメオ 4Cの乗り味

​_ 今となってはあまりイメージできないかもしれませんが、20世紀前半のアルファロメオは、グランプリレースを戦うスポーツカーの匂いがプンプンする自動車メーカーでした。もちろん、近年はF1でもマシンを走らせているのでイメージをお持ちの方もいらっし…

BMW7シリーズ、ラグジュアリーとスポーティの邂逅。ビジネスシーンとゴルフライフを加速させる

// // とても仕立ての良いジャケットだが、ボトムスを選ばないのでカジュアルな場にも気軽に羽織っていける。機能的で季節も選ばない。そんな守備範囲の広いジャケットと同じ感覚でクルマ選びができないだろうか? 最新のBMW 7シリーズは、その最適解かもし…

“気持ちがいい”と思わず叫びたくなる、BMW アルピナ XD4

​_ 今回の主役はアルピナというカーメーカー。ここの繰り出すモデルにはすべて“BMW アルピナ”という名前が付きます。会社名を日本風に書くと“アルピナ自動車製造会社”ですが、製品にはBMWの文字が並ぶのです。理由は至ってシンプルで、BMW車をベースにした…

フェラーリ・ローマが提案する新しい「甘い生活」

​_ 日常生活においてスーパーカーは縁のないモノだと思われます。なんといっても「非日常」なのがスーパーカーですから、あまり身近なのもどうかと。したがって、製造や販売にでも関わらない限りなかなか情報は入ってきません。テレビコマーシャルが流れる…

新型GLS試乗で確信するSUVの次なるトレンド

​_ ファッション業界にトレンドがあるように、自動車業界にもトレンドがあります。モーターショーに出品されるコンセプトカーはその種まきで、メーカーはそこでマーケットの反応をみます。4ドアクーペ、SUVクーペなどはそんな手順を踏んで出来たトレンドで…

ボルボ XC60とXC90にマイルドハイブリッド「B5」を投入

XC60 B5 AWD Inscription(奥) XC90 B5 AWD Nordic Edition(手前) ボルボ・カー・ジャパンは、XC60とXC90に「B5」モデルを追加し、販売スタートした。燃費性能や安全性という面でゴルファー人気の高いボルボのSUVに初めて設定されたマイルドハイブリッド…

貴兄のクルマ、二度見されていますか? 厳選、オーラむんむんの4台

街を歩いていて思わず二度見してしまうことってありますよね。セクシーな女性、欲しかったブランドのジャケット、そして気になっていたクルマ。それって何かを感じさせるオーラを纏っているからだと思うのです。カッコつけちゃって!と思いながらも、内心ど…

乗り手や同乗者を主役として引き立ててくれる、ボルボ S60

​_ 私が思うに「控え目である」という意味の「understatement」という言葉は、控えめな表現を用いることでかえって強調された表現となるという効果があると思うのです。 ある事柄について「悪くない(not bad)」と評価することで、素直に「良い(good)」…

プレミアムSUV初の電気自動車 I-PACEを体感! 試乗&ラウンドキャンペーン

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、4月25日(土)5月16日(土)6月13日(土)の実施は中止とさせていただきます。 ゴルフの行き帰りも上質な時間を過ごしませんか。 今回、BRUDERではジャガーの電気自動車「I-PACE」試乗と、 名門コースの特別価格でのプ…

テスラ モデル3、クルマとしての魅了は十分につまってます

​_​_​_​_ いろいろと話題を振りまいてきたテスラ。EVのみの自動車メーカーという業態に、シンパもいればアンチもいるかと。でもモデルS、モデルXとニューモデルが登場するたびに思うのは、クルマとしての出来栄えがすごくよくなっていること。となれば、…

仕事も遊びも忙しいあなたに!面倒な手間なし、シンプルに最新のレクサスに乗る方法

// // 「サブスク(リプション)」という言葉を耳にする機会が増えてきた。読者のみなさんのなかにも、定額サービスを利用して映画や音楽を楽しんでいる方がいらっしゃるだろう。 そして実は、クルマの世界にもサブスクの波が来ている。なかでも注目が集まっ…

メルセデス・ベンツ EQC、クルマ好きも納得の一台です。

​_​_ 日産リーフからテスラまで何かと話題のEV(電気自動車)。その行く末が自動車産業の未来を明るくするのかどうか?なんて論じられていますよね。でもそれが中心となるにはまだまだ課題も山積。なんて思っていたら、かなり魅力的なEVが登場しました。“…

ハンズオフで愉しむ「スカイライン」、 森美穂プロが垣間見た最新のモビリティ

// // どんなにSUVがもてはやされても、フォーマルでありながらスポーティでもあるセダンとゴルファーは切っても切れない縁で結ばれている。最新のインテリジェントドライブ技術が満載になっているスカイラインは、ゴルファーの理想が詰め込まれた1台といえ…

BMW M2 コンペティション、クルマと一体になる感覚は「最高!」と叫びたくなります

​_​_​_ ピュアEVをラインナップするサブブランドIシリーズや1から7までそろえるSUVのXシリーズを掲げるBMW。特にXシリーズの販売は好調で、「BMW=SUV」なんて図式も確立しつつある気がします。ですが、ここの御家芸はやはりセダン&クーペではないでしょ…

レンジローバー スポーツ PHEV。オトコにとって居心地がよく、かつ永遠にカッコつけられる

​_​_ 2017年に日本で発表されたレンジローバーとレンジローバー スポーツのPHEV(プラグインハイブリッド)。それがついにデリバリーを開始しました。となれば、さっそく乗ってみなくては。ステアリングを握ったのはレンジローバー スポーツのソレ。いった…

BMW 8シリーズ・グランクーペ、セクシーな大人のための4ドア・クーペ

// // グランクーペ、新たな選択肢 年齢や家族のかたちによっても、クルマの選択肢は変化するものだ。夫婦二人でスタイリッシュに乗りこなすなら2ドアのクーペが理想的だが、ビジネスシーンまで広くカバーするのであれば、今の時代は4ドア・クーペが正解だろ…

VWシャラン×PING 中井プロが行きついた“しっくりピッタリ”

※PING公式サポーターズカー:VWシャラン ゴルフとクルマを直接比較することは難しい。だが長年フォルクスワーゲンを愛用している中井学プロはPINGとフォルクスワーゲンのモノ作りに共通の理念を感じるという。ギアに精通した中井プロと、普段フォルク…

ミニバン✕クリーンディーゼルが広げる可能性。 フォルクスワーゲン・シャランTDIが実現させてくれる“わがままな週末”

低気圧が来たら、海辺に向かわずにはいられない。翌日は快晴なら、ゴルフを満喫するしかないだろう。 でも彼女とゆったり温泉+ゴルフの旅を楽しみたいときもあるし、男友達と賑やかに移動したい日だってある。 クリーンディーゼルを搭載したシャランは、わ…

Special item for your precious golf life「メルセデス・ベンツ コレクション」の誘惑

「Mersedes Benz Trophy 2020」参加者募集 メルセデス・ベンツの正規販売店でご購入頂いたメルセデス・ベンツのオーナー様を対象としたゴルフトーナメントです。 地区大会を全国各地で開催し、各大会の上位入賞者は、全国大会への出場権が与えられます。そし…

アウディQ8、ゴルフ場のエントランスで視線を集める

アウディがまた、モデルを一つ追加しました。Q8です。数字の大きさからわかる通り、Qファミリーのトップエンドなんです。 流行りのSUVでありながらクーペのようなボディラインは、他のコンサバティブなSUVを圧倒し、スタイリングは文句のつけようがありませ…

ボルボ・カーズは新しい電動化車両ラインナップに、電気自動車ボルボXC40 Rechargeを導入

ボルボ・カーズは電気自動車XC40 Rechargeを発表した。これは、ボルボが初めて導入する電気自動車で、全く新しい「リチャージ・カー・ラインナップ」というコンセプトで導入される最初のモデルとなる。XC40 Rechargeは、数々の受賞歴を持ち、ベストセラーに…

BMW X5 xDrive 35d Mスポーツ、 圧巻のディーゼルエンジンに心打たれる

X1からX7までひとつも数字が欠けることなくラインナップが揃っているBMWのSUVシリーズだが、その元祖であり、最も多様性を秘めたモデルがX5だろう。BMWらしいスポーティな走りと、最新の安全運転支援のコンビネーションはゴルファーの欲求を高い次元で満たし…

アウディ RS 7 スポーツバック、アウディ・スポーツが手がけた抜群の走行性能にマイルドハイブリッドの組み合わせ

アウディA7 スポーツバックをベースに、アウディ・スポーツGmbHが改良を施した5シーターツアラー「RS 7 スポーツバック」が、第2世代へと進化を遂げた。今回、新たにマイルドハイブリッドシステムが搭載されたことで、パフォーマンスに加えて、効率性も向上…

最高のパフォーマンスを引き出す、スポーティで品位に満ちたプジョー 508 SW

// PEUGEOT 508 SWで行く!ゴルフラウンドやお好きなドライバー、PEUGEOTロゴ入りゴルフボールが当たるキャンペーン! ドイツ車や日本車とは異なる雰囲気を漂わせるプジョー。フランス車ともどこか異なる気配を持つ508シリーズにステーションワゴン508 SWが…

モータージャーナリスト九島辰也が提案する一歩先行く大人のゴルファーズビークル ジャガーI-PACEという選択

// ハイブリッド、EV(電気自動車)といったエコ化が進む自動車業界。その状況で、「大人のクルマ選びとしてエコカーは外せませんが、それだけじゃ満足出来ないのもある意味オ・ト・ナですよね」と語る九島辰也。そこで目をつけたのが、ジャガーI-PACE! さ…

ジャガー XE 2020年モデルは、内外装がさらにスポーティに

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スポーツサルーン「ジャガーXE」2020年モデルの日本における受注をスタートした。

メルセデス・ベンツ GLE450 4Matic、ピュアEVを買う前に乗りたい1台

クルマは移動のための道具だが、オーナーの趣味や考え方を表す存在でもある。いち早くピュアEVに飛びつくのもいいが、現状で賢いクルマ選びをしようと思うなら“エムヘブ(MHEV)”あたりも意識してみるのもいい。減速のエネルギーを回生しつつ、そのパワーを…

アウディ Q3 スポーツバックがデビュー!遊び心と力強さを兼ね備えたクーペSUV

遊び心と力強さを兼ね備えたクーペSUV アウディQ3 スポーツバックがデビュー!

錦織圭選手とのコラボレーションによる第5弾、ジャガーE-PACE KEI NISHIKORI EDITION

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクトパフォーマンスSUV「E-PACE」の特別仕様車「E-PACE KEI NISHIKORI EDITION」を限定50台で販売する。

メルセデス・ベンツ Aクラス セダン、使いやすいサイズに充実の機能と装備を採用し登場

メルセデス・ベンツ日本が、プレミアムコンパクトセダン「Aクラスセダン」の導入をスタートした。

閉じる