CAR

アウディ RS 7 スポーツバック、アウディ・スポーツが手がけた抜群の走行性能にマイルドハイブリッドの組み合わせ

アウディA7 スポーツバックをベースに、アウディ・スポーツGmbHが改良を施した5シーターツアラー「RS 7 スポーツバック」が、第2世代へと進化を遂げた。今回、新たにマイルドハイブリッドシステムが搭載されたことで、パフォーマンスに加えて、効率性も向上…

最高のパフォーマンスを引き出す、スポーティで品位に満ちたプジョー 508 SW

// PEUGEOT 508 SWで行く!ゴルフラウンドやお好きなドライバー、PEUGEOTロゴ入りゴルフボールが当たるキャンペーン! ドイツ車や日本車とは異なる雰囲気を漂わせるプジョー。フランス車ともどこか異なる気配を持つ508シリーズにステーションワゴン508 SWが…

モータージャーナリスト九島辰也が提案する一歩先行く大人のゴルファーズビークル ジャガーI-PACEという選択

// ハイブリッド、EV(電気自動車)といったエコ化が進む自動車業界。その状況で、「大人のクルマ選びとしてエコカーは外せませんが、それだけじゃ満足出来ないのもある意味オ・ト・ナですよね」と語る九島辰也。そこで目をつけたのが、ジャガーI-PACE! さ…

ジャガー XE 2020年モデルは、内外装がさらにスポーティに

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スポーツサルーン「ジャガーXE」2020年モデルの日本における受注をスタートした。

メルセデス・ベンツ GLE450 4Matic、ピュアEVを買う前に乗りたい1台

クルマは移動のための道具だが、オーナーの趣味や考え方を表す存在でもある。いち早くピュアEVに飛びつくのもいいが、現状で賢いクルマ選びをしようと思うなら“エムヘブ(MHEV)”あたりも意識してみるのもいい。減速のエネルギーを回生しつつ、そのパワーを…

アウディ Q3 スポーツバックがデビュー!遊び心と力強さを兼ね備えたクーペSUV

遊び心と力強さを兼ね備えたクーペSUV アウディQ3 スポーツバックがデビュー!

錦織圭選手とのコラボレーションによる第5弾、ジャガーE-PACE KEI NISHIKORI EDITION

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクトパフォーマンスSUV「E-PACE」の特別仕様車「E-PACE KEI NISHIKORI EDITION」を限定50台で販売する。

メルセデス・ベンツ Aクラス セダン、使いやすいサイズに充実の機能と装備を採用し登場

メルセデス・ベンツ日本が、プレミアムコンパクトセダン「Aクラスセダン」の導入をスタートした。

アウディ Q2。SUVのボトムレンジを担い個性を主張する2台の特別限定モデルが登場

アウディ ジャパンは、個性的なエクステリアを主張する限定モデル、「Q2 #passion」と「Q2 #black elegance」を発表した。個性的なルックスと上位モデル譲りの機能性で人気のSUVの「Q2 30 TFSI sport」をベースとし、高いデザイン性をさらに強調した限定モデ…

次期ランドローバー ディフェンダーが、 アフリカで野生ライオン保護活動をサポート

ランドローバーは、新型「ディフェンダー」の最終フィールドテストを、アフリカ野生動物保護組織「Tusk Trust(タスク・トラスト)」の協力のもと、ケニアのボラナ野生保護区で実施した。アフリカのライオン保護活動を支援するという過酷なプログラムが完了…

スーパースポーツをも凌駕する圧倒的な動力性能、アルピナのフラッグシップ。BMW アルピナ B7が日本導入

アルピナのフラッグシップモデル、「BMW アルピナ B7」の日本導入がスタートした。先代「BMW アルピナ B7」は2016年の登場以来、アルピナのフラッグシップとして、その卓越したドライビング性能で世界中のファンを魅了してきた。今回、ドライブトレインを強…

メルセデス初の専用設計EVモデル、EQC。「EQC Edition 1886」の先行ウェブ予約を開始

ポルシェは、718シリーズの頂点に位置するモデル、「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を発表した。今回登場した2台は718シリーズのデビュー以来、初めて全てのテクニカルスペックが同一化された。両モデルとも、309kW(420ps)を発生する新開発4リッター水…

新型イヴォーク、継承と進化がここにある

クルマの世界では変えることより変えないほうが難しいと言われる。ランドローバーの歴史を変えた傑作と言われるイヴォークの初のフルモデルチェンジは、初代の美点を引き継いでなお、中身を確実に進化させるという大仕事だったであろう。日本の道路事情に最…

アウディ A6 アバント55 TFSI クワトロ Sライン、 自分流のコダワリを手に入れたい

アウディの中堅、A6がフルモデルチェンジを果たし、セダンとアバントが同時デビューした。先端技術とスタイリッシュ感を兼ね備えたドイツ・ブランド、その急先鋒が放ったニューモデルの完成度はスペックシートからも伝わってくる。クワトロシステムや印象的…

Qシリーズの新たなフラッグシップモデル フルサイズクーペSUV、アウディ Q8日本導入スタート

アウディ ジャパンは「Q8」の日本導入をスタートした。「Q8」は、大型SUV市場において「Q7」で大きな成功をおさめてきたアウディが、よりスポーティでラグジュアリーなモデルを志向するカスタマーに向けて新開発したクーペスタイルのSUVモデル。アウディQシ…

プジョーのフラッグシップサルーン、508に 抜群のユーティリティを誇るワゴン「SW」を追加

メルセデス・ベンツ日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした新型「Bクラス」を発表。日本での販売をスタートした。今回、先代モデルの広い室内空間と、優れたユーティリティーをさらに強化。よりスポーティかつラグジュアリーなエクステリアデザインと…

BMW SAVラインナップの最上位モデル。アレンジ自在な3列目シートを備えた新型X7デビュー

メルセデス・ベンツ日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした新型「Bクラス」を発表。日本での販売をスタートした。今回、先代モデルの広い室内空間と、優れたユーティリティーをさらに強化。よりスポーティかつラグジュアリーなエクステリアデザインと…

メルセデス・ベンツ GLEがフルモデルチェンジ。初めて3列7シートを備え、ISG搭載仕様も登場!

メルセデス・ベンツ日本は新型「GLE」を発表し、予約オーダー受付をスタートした。「GLE 450 4MATIC スポーツ」はカスタマーへのデリバリーが「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」は8月以降、「GLE 300 d 4MATIC」は11月以降を予定している。

ポルシェ 718シリーズの最高峰、最高速度300km/hを超える718 スパイダー&718 ケイマン GT4 デビュー!

ポルシェは、718シリーズの頂点に位置するモデル、「718スパイダー」と「718ケイマンGT4」を発表した。今回登場した2台は718シリーズのデビュー以来、初めて全てのテクニカルスペックが同一化された。両モデルとも、309kW(420ps)を発生する新開発4リッター水…

ボルボ、配車サービスの「Uber」と共同開発した 自動運転システム搭載のXC90を生産

ボルボ・カーズと配車サービスの世界的企業「Uber(ウーバー)」が、共同開発による自動運転用生産モデルを発表した。Uberとボルボ・カーズは、2016年に共同技術開発の契約を締結。自動運転車の開発を加速させるため、これまでにいくつもの試作車を製作して…

レクサス RXがマイナーチェンジ。 エクステリアをブラッシュアップし室内の使い勝手が向上

レクサスは、マイナーチェンジが施された新型「RX」を公開した。「RX」はグローバルに展開するレクサスの中核モデルであり、1998年の初代投入以降、ラグジュアリーSUV市場の先駆者として全世界で好評を博してきたモデル。今回発表された新型は、レクサスなら…

プジョー 508 GTライン、 生活にフレンチの風をとり込む

薄いアメリカンのコーヒーばかり飲んでいると、たまにはフレンチプレスで淹れた深みのあるコーヒーが飲みたくなる。それはお堅いドイツ車ばかり乗っていると、たまにはシートの柔らかい軽快なフランス車に乗りたくなる気持ちと似ている。フランス車で旬なク…

ジャガーI-ペイス。近郊のゴルフ場をロックオン

アメリカのテスラが主導してきたピュアEVシーンだが、ここへきてヨーロッパの伝統的な自動車メーカーが次々にEVモデルをリリースしはじめたことで活気づいている。その先陣を切ったのはイギリスのジャガーだ。同社初のピュアEVであるI-ペイスはその完成度の…

メルセデス・ベンツ Bクラスが7年ぶりにフルモデルチェンジ 。大人4人がくつろげる抜群のユーティリティがさらに進化

メルセデス・ベンツ日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした新型「Bクラス」を発表。日本での販売をスタートした。今回、先代モデルの広い室内空間と、優れたユーティリティーをさらに強化。よりスポーティかつラグジュアリーなエクステリアデザインと…

中里光之介プロ、 フォルクスワーゲン アルテオンとともに加速する日常、そして挑戦

​_ お好きなドライバ―、中里プロサイン入りキャップや太平洋クラブグループ 平日プレーペア招待券が総勢10名に当たるプレゼントキャンペーン実施中! 深い森に囲まれた石岡ゴルフ倶楽部の広々としたエントランスに、赤いフォルクスワーゲン・アルテオンRラ…

メルセデスのミディアムSUV、GLCにスポーツを通して社会貢献を続ける「ローレウス」特別仕様車登場

メルセデス・ベンツは、ミドルサイズSUVの「GLC」に特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Laureus Edition」を設定。全国限定360台を販売する。「GLC」は、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備え、SUVならではの高いアイポ…

BMW M850i xDrive、今日はクーペで行きたい気分

複数のクルマを所有するのであれば、そのうちの1台はクーペにしたい。2ドアのスタイリングはそれだけで優雅であり、日常っぽさとは無縁という特徴がある。その気になればすこぶる速いクーペで、早朝の高速道路をゆったりと流しながら今日のプレーに思いを馳…

7代目、BMW3シリーズがラインナップを拡充。ディーゼルエンジン、プラグインハイブリッド、直6モデルを追加

BMWは新型「3シリーズ」に、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「320d xDrive」の日本導入をスタート。また、プラグインハイブリッドモデルの「330e M Sport」、直列6気筒をエンジン搭載した「M340i xDrive」の、プレオーダーの受付を開始し、こちらは9月…

レンジローバー イヴォーク、ジャガー・ランドローバー初のマイルドハイブリッド搭載車の日本導入がスタート!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーコンパクトSUV、新型「レンジローバー・イヴォーク」の日本仕様を発表。同時に受注オーダーをスタートした。「イヴォーク」は2012年の初代モデル発売以降、世界中で累計80万台以上を販売。ラグジュアリ…

ジープ史上最強のパフォーマンスを誇る グランドチェロキー、トラックホークがさらに進化

FCAジャパンは、ジープ史上最強の性能を誇る高性能SUV「グランドチェロキー・トラックホーク」に一部改良を施し、日本における発売をスタートした。 「グランドチェロキー・トラックホーク」は、0-96km/h加速が3.5秒、最高速度290km/hという圧倒的な性能を誇…

ジャガー発のフルバッテリー自動車、I-PACEにシビれまくる

なにを持ち、なにを身に着けるかによって、その人の価値は測られる。クルマ選びはまさにその最たるもので、自分の分身的存在といっても過言ではない。ラグジュアリーカー、スーパースポーツ、コンパクトカー。いずれも魅力的だが、その選択肢に新たに加わる…

レクサス RC F、軽量化・エアロダイナミクスを中心に改良 高性能バージョン「Performance package」も登場

レクサスはスポーツクーペ「RC F」をマイナーチェンジした。「F」は2007年の「IS F」発売とともに、「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマの下、レクサスの高性能仕様として誕生。レクサスのスポーツイメージを強力に牽引し…

アウディ TT クーペ&ロードスターがエクステリアを変更、エントリーモデルのドライビングパフォーマンスも大幅アップ

アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツ、TTシリーズに改良を施し日本への導入をスタートした。「TT」は、1998年に初代がデビュー以来3世代に渡って進化を続けるプレミアムコンパクトスポーツ。初代「TTシリーズ」の国内導入が開始されてから20…

ジュネーブ・モーターショー、今年のトレンドはやはりEV(電気自動車)

毎年3月に開催されたジュネーブ・モーターショー(SalonInternationaldel'Auto)は、自国に大手自動車メーカーを持たないスイスで開催されるにも関わらず、世界中から多くのメーカーが参加する。会場自体の規模はけして大きくないが、今、最も重要な自動車シ…

アストンマーティン ラピードE、初のフルEVモデルで最高速250km/hオーバー。最大航続距離322kmを実現

アストンマーティン・ラゴンダは、同社初の電気自動車アストンマーティン ラピードEの最終的な生産バージョンを、上海モーターショーで世界初公開した。 アストンマーティンの電動化拠点となるセント・アサン工場で初めて生産される「ラピードE」は、世界初…

ボルボ V40に限定仕様の「T5 R-Design Final Edition」が登場、パノラマガラスルーフやリヤシートヒーターを標準装備

ボルボ カー ジャパンは、プレミアムショートワゴン、ボルボ V40の特別限定車「T5 R-Design Final Edition」を50台限定で発売する。今回の特別仕様車はスポーティグレード「V40 T5 R-Design」をベースに「パノラマガラスルーフ」や「リヤシートヒーター」と…

ランボルギーニ ウルス。唯一無二のラウンド、そこに不可欠な宿とクルマ

> 唯一無二の人生を送りたいのであれば、些細な事でも妥協はできない。極上のゴルフコースをラウンドするためには、最良のパートナーとゆったり過ごせる宿が欠かせないし、そこに至る移動手段も唯一無二である必要がある。その選択肢にランボルギーニ ウルス…

新型ポルシェ911カレラ、アイデンティティを守りながら想像を超えた進化に脱帽

昨年11月にL.A.で開催された、ワールドプレミア。そこで発表となった、新型ポルシェ911カレラS / カレラ4Sを、スペイン・ヴァレンシアの一般道、そしてサーキットで、遂に試すことができた。Type 992というコードネームが与えられた新型は、911のアイデンテ…

BMW Z4、2年ぶりに復活。直4と直6、2種類のエンジンをラインナップ

​_ BMW Z4が2年ぶりに復活、日本への導入がスタートした。今回、伸びやかなスタイリングを実現すべく、先代モデルと比較して全長が85mm、全幅は75mm拡大。逆にホイールベースは25mm短縮、重心を下げたソフトルーフトップを採用したことで、高い俊敏性・操作…

ラグジュアリーと安全性能の饗宴。メルセデス・ベンツ 新型Cクラスで巡る伊豆、川奈の旅

// 新型Cクラスで行く極上ゴルフ旅やお好きなドライバー、メルセデス・ベンツ コレクションが当たるキャンペーン! ゴルファーなら誰でも“川奈”でプレーしてみたいと憧れるもの。伊豆半島の海辺に位置する名門コースを夫婦で訪ねるようなシチュエーションな…

ポルシェ カイエンクーペ、より低くワイドになってデビュー

​_ ポルシェは、カイエンのモデルレンジを拡大。2018年から登場した第3世代のカイエンに、スポーティなクーペモデル「カイエンクーペ」を追加した。ベースとなったオリジナルのカイエンと比較すると、低いフロントウィンドウや大きく傾斜したリヤウィンドウ…

プジョー 508 。大きなハッチゲートを持つ4ドアファストバックを採用し、日本導入スタート

​_ プジョーのフラッグシップサルーン「508」の日本導入がスタートした。プジョー 508は、2011年にそれまでの「407」と「607」を統合する形で登場、2018年のジュネーブショーにおいて2代目がデビュー。日本市場にはディーゼルとガソリン、2種類のパワーユニ…

イタリアンSUVが変えるライフスタイル アルファ ロメオ ステルヴィオ

ステルヴィオで行くゴルフラウンドやお好きなドライバー、 アルファ ロメオ キャディバックプレゼントキャンペーン! スポーティなイタリアン・ブランドであるアルファ ロメオが初のSUVモデルであるステルヴィオをデビューさせ話題を呼んでいる。イタリア屈…

マクラーレン 570GT、紳士なスーパースポーツカー

ゴルファーが、一度は名門セントアンドリュースでプレーしてみたいと願うように、クルマ好きなら、一度は“ドアが上方向に開く”スーパースポーツカーを、所有してみたいと思うものではないだろうか。しかし、長距離走行の多いゴルファーにとって、同乗者の快…

トヨタ クラウンが愛され続ける理由。 進化し続け、そして伝統を築いた64年間

トヨタ クラウンといえば、ゴルファーはもとより、日本人の誰もがその名を認知し実際に触れたことのある日本を代表するクルマである。 今から64年前の1955年に産声を上げ、昨年15代目へと進化を果たしたクラウン。その最新モデルは、スポーティないでたちと…

ジャガー初の電動SUVモデルI-ペイスが、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

​_​_ ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)I-ペイスが、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019」に選出された。ジャガー・ブランドにとっては、初の「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞となる。 「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー…

ランボルギーニ ウラカンEVOデビュー、オープンスポーツの空力とパワーユニットが大幅進化

​_ アウトモビリ・ランボルギーニが、ウラカンEVOスパイダーを初公開した。今年初めに発表されたクーペのウラカンEVOに続く、V10スーパースポーツのオープントップ仕様となる。 今回のウラカンEVO用に開発された次世代ビークルダイナミクスコントロールやエ…

フェラーリ史上最強のV8オマージュモデル 488GTBの後継「F8トリビュート」デビュー!

​_ フェラーリが、新型「F8トリビュート(Tributo)」の公式画像を初公開した。フェラーリの中核をなすV8ベルリネッタ「488GTB」の後継モデルとなり、そのネーミングにはオリジナルモデルの妥協なきエンジンレイアウト、そしてパワーへのオマージュが込めら…

BMW 8シリーズに美しい4シーターカブリオレが登場、スポーツカーをも凌ぐ運動性能も魅力

BMWは、最上級ラグジュアリークーペ「8シリーズ」のオープンモデル、「BMW8シリーズ・カブリオレ」の日本導入をスタートした。2018年末に発表された8シリーズ・クーペは、低く伸びやかなシルエットに美しいルーフライン、艶麗なリヤフェンダーなど、優雅さと…

マセラティ レヴァンテが叶える、ワンランク上のライフスタイル

リッチな男といえども、高級店でばかり食事をしているわけではないし、金のかかる遊びばかりしているわけでもない。家で海外ドラマを見ながら宅配ピザをかじったり、練習場で時間を潰す週末だってあるのだ。そんな気取らない時間を充実させられるか否かは、…

閉じる