CAR

ドリフトから手放し走行まで BMW「M3コンペティション」の“ふり幅”に見る真価

BMW「3シリーズ」の最高峰に立つ「M3」は、BMW M社が開発を手掛けたスーパースポーツセダンという側面を持つ。今回は、そのハイパフォーマンスモデルに位置づけられる新型「M3コンペティション」の走りを体感した。 以前は2ドアモデルがM3、4ドアモデルがM3…

井上莉花が実感 乗ればわかる日産「ノートe-POWER」の楽しさ。

井上莉花のサイン入りキャディバッグなど豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーン実施中! 質感の高いスタイリングや広々とした室内空間。モーターならではの力強い加速性能となめらかな走り。そして驚くほどの静粛性と先進の安全運転支援システム。現代のプ…

俳優 平岡祐太、メルセデスの電気自動車「EQA」に試乗 「EVへのイメージががらっと変わりました」

早朝だというのに、俳優の平岡祐太さんは爽やかな笑顔で集合場所の東京・六本木のMercedes me Tokyoに現れた。「今日の取材と撮影を楽しみにしていたんですよ。クルマは好きなんですけれど電気自動車には乗ったことがなくて、メルセデス・ベンツの『EQA』が…

プジョーがPHEVモデルをさらに追加「508 GT HYBRID」に見る豊かな日常

いま、プジョーが売れている。野心的なデザイン戦略と、クルマとしての出来の良さが大きな理由だ。そしてもうひとつ、「パワー オブ チョイス」というコンセプトを掲げ、ガソリン、ディーゼル、ハイブリッド、EV(電気自動車)など、多様なパワートレインを…

クルマに求める愉悦がここに BMW「X5 xDrive35d」

選べるドライバーやBMWロゴ入りボールが当たるプレゼントキャンペーン実施中!! 週末早朝の東名高速はまだ渋滞していなかった。大井松田IC周辺の高速ワインディング区間。きれいなコーナリングラインを描きながら一台のクルマが先行して駆け抜けている。車…

「F-ペイス」の進化を丁寧に説明すると“ジャガーの個性”が見える

ジャガーが2015年に自社初のSUVとなる「F-ペイス」を発表した時に、ライバルたちとどのように差別化を図るのかという点に興味を持った。すでにプレミアムSUVは世の中にあふれており、少なくともSUV市場への参入という意味では、ジャガーは後発といって間違い…

“らしくない”が醸す上質 BMW「アルピナ D3 S リムジン アルラット」

2021年にデビューしたBMW「アルピナ D3 S リムジン アルラット」は“D”というアルファベットが示す通りディーゼルエンジンを搭載する。EV化の波が押し寄せつつある昨今、最新のディーゼルとアルピナの融合はどのような世界観を見せてくれるのか? 上質なラヴ…

アウディらしさとは何か その答えが「RS Q3」にある

アウディ「RS Q3」は、ある意味で実にアウディらしいモデルだ。どの要素に“らしさ”を感じるのか、試乗した印象をもとに紹介したい。 まず、アウディのラインアップにおけるこのモデルの立ち位置を説明すると、ベースとなるのはCセグメント(全長4500~4600mm…

使い勝手がさらに向上 すべてのニーズに応えるフォルクスワーゲン「パサート オールトラック」

市街地走行からグランドツーリングまで、何でもこなすという条件でクルマを選ぶとしたら、フォルクスワーゲン「パサート オールトラック」が最有力候補かもしれない。今回は、2021年にマイナーチェンジをした新型モデルに試乗し、その万能性を紹介する。 ま…

スーパーカーもPHEV化の時代へ マクラーレン「アルトゥーラ」が示す未来

2021年4月13日、マクラーレンの新型ハイブリッド車「アルトゥーラ(Artura)」が日本で初公開された。税込価格は2695万円。今回は試乗に先駆けて、マクラーレンがただのハイブリッド車ではなく「ハイパフォーマンス ハイブリッド スーパーカー」と呼ぶその実…

個性を楽しみ誇れるスポーツカー ジャガー「F-タイプ」の魅力

2020年にデザインを含めた大がかりな変更をしたジャガー「F-タイプ」が、予想をはるかに上回る進化を見せていた。人とは違うスポーツカーに乗ってみたいという方に、自信を持ってお勧めできるその魅力を紹介する。 F-タイプを推す理由のひとつが、クーペとコ…

ポルシェ「パナメーラ」と過ごすONとOFF ティーチングプロ堀尾研仁の選択

パナメーラで行く!堀尾プロとのラウンドレッスンや、選べるドライバーが当たるキャンペーン実施中! 昨今はセダンやSUVといったボディ形式やサイズのみならず、パワートレーンもガソリンやディーゼル、ハイブリッドなどを当たり前のように選ぶ時代。けれど…

ジープ初のPHEV「レネゲード4xe」 乗ればわかる人気の理由

現在のジープブランドのエントリーモデルであり、タフで頼りになるキャラクターを備えたジープ「レネゲード」に、プラグインハイブリッド(PHEV)仕様が加わった。今回はレネゲード 4xe(フォー・バイ・イー)に試乗し、ジープブランド初となるPHEV車の仕上…

新型「ゴルフ」に“次代のクルマ”の期待

フォルクスワーゲン「ゴルフ」がフルモデルチェンジ、8世代目へと移行する。ゴルフは1974年に初代が登場して以来、40年近く経った現在においてもFF(前輪駆動)の実用車の基準であり続けているだけに、クルマ好きのみならず、世界中の自動車業界関係者が動向…

キャデラックがコンパクトSUVに参入「XT4」に上質な走りとラグジュアリーを凝縮

世界的に人気を集めるコンパクトSUV市場に、キャデラックがいよいよ参入する。今回は、ブランド初のコンパクトSUVとして2021年1月に登場したキャデラック「XT4」。ライバルたちとは一線を画すと感じた、その全貌を紹介する。XT4は全長4605mmで、Cセグメント…

アウディ「Q5」が実現した省燃費とプレミアムな走り

ミドルサイズのSUVとして人気を集めるアウディ「Q5」がマイナーチェンジをした。試乗の前に、今回は新型が遂げたアップデートのポイントを紹介する。 最大の注目箇所は、どのパワーユニットにもベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイ…

クルマを操る楽しさが増したレクサス「IS」に興奮!

2020年11月、レクサス「IS」がマイナーチェンジした。13年にデビューした初代から数えて3世代目。間もなく“8歳”となるわけで、通常ならフルモデルチェンジを受けてもまったくおかしくないタイミングなのに、なぜISはマイナーチェンジを選んだのか。最新モデ…

ポルシェらしさで新常識を作る「タイカン ターボ S」を体感

ポルシェのEV「タイカン」の加速はいままでに経験のしたことのないものだった。アクセルペダルを踏み込むと、前方のブラックホールにすーっと吸い込まれるのと同時に、後方から大巨人にグイと押し出される--そんな感覚。シートに身体が押し付けられ、脈が…

フレンチSUVが選ばれる理由がわかる!プジョー「3008」の実力とは

2016年にデビューしたプジョー「3008」は、高いユーティリティとファントゥドライブが両立したSUVとして好評を博し、全世界で80万台以上が販売されるヒット作となった。加えて個性的なデザインも評価され、2017年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受…

EVは本当に画一化されるのか? アウディ「e-tron スポーツバック」に乗って考える

「バッテリーとモーターで走るEV(電気自動車)の時代になったら、どんなクルマも同じようになる」。これからEVが実用化されるとアナウンスされた時期から、このような見解が飛び交うようになった。果たして、各メーカーがEVを本格的に手掛け始めたいま、街…

コンパクトSUVを侮るな! ルノー キャプチャーが「大きく」進化

ヨーロッパの自動車市場で一番の激戦区とされるのが、Bセグメントと呼ばれるコンパクトカー(フォルクスワーゲン ポロやトヨタ ヤリスが該当)のカテゴリーだ。国によっては販売台数の3〜4割を占める大きな市場となっている。今回紹介するルノー「キャプチャ…

レンジローバースポーツ PHEVやレンジローバーPHEV、I-PACEの試乗が当たる! CHARGE & PLAY キャンペーン

ゴルフ場までの往復も楽しむ、贅沢な時間を過ごしませんか?ジャガー初のEVであるI-PACEと、いま話題のプラグインハイブリッドを採用したレンジローバースポーツ PHEVやレンジローバーPHEVは、どちらもゴルファー注目のモデル。今回はドライブとラウンドを組…

国産ツーリングワゴンという選択。上質なデザインに最新の運転支援機能を備えたSUBARU 新型レヴォーグの魅力を斉藤愛璃プロが語る。

今年でプロデビューから10年目を迎える斉藤愛璃プロ。デビュー翌年には初優勝を飾るという衝撃的なシンデレラストーリーと可憐なルックスで注目を集めてきた。そんな斉藤プロがレヴォーグを見た第一印象は、「かっこいい!」だった。スポーティな流線形のス…

新時代を示唆するクルマ メルセデス新型「Sクラス」の注目点

2021年1月28日、メルセデス・ベンツの新型Sクラスが日本でお披露目された。メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルであるSクラスは、いつの時代も最先端のテクノロジーを満載して登場してきた。今回も同様。新しいSクラスを見れば、これからのクルマがど…

歴史的大変身を果たすシボレー コルベットへの期待

2021年のニューモデルで最も楽しみなのが、5月から納車が始まるシボレー コルベットだ。1953年のデビュー以来、頑なに守り続けてきたFR(フロントエンジン・リアドライブ)という駆動方式を、8代目となる新型でミッドシップに変更。これまでの歴史をひっくり…

2020年に販売台数を伸ばしたベントレーが発表したベンテイガ ハイブリッド

新型コロナウイルスの影響を受け、2020年は世界中のほとんどの自動車メーカーが対前年比で販売台数を落とした。そのなかにあって、前年より売り上げを伸ばしたメーカーのひとつがベントレーだ。 2019年のグローバルの販売台数が1万1006台だったのに対して、2…

憧れの最上級SUVモデル 全幅で比較してみた

道路幅は変わらないのに年々大きくなっているクルマのボディサイズ。小型車でも衝突安全性を向上させるためのクラッシャブルゾーンは欲しいし、売れ筋のモデルチェンジでは燃費を向上させる空力デザインや、より広い快適な室内空間を理由に大型化していきや…

「クーペっていいな」と思わせるデザイン BMWの新しい4シリーズ

2020年10月に発表された、新しいBMW 4シリーズ。大型化したフロントグリルに賛否両論が巻き起こっているけれど、その実力はいかなるものなのか。今回はBMW M440i xDrive クーペに試乗し、リニューアルされた4シリーズを検証する。 議論の的となっているフロ…

新型Eクラス 極上の乗り心地に脱帽

2020年秋にマイナーチェンジを受けたメルセデス・ベンツの新型Eクラス。外観などが大幅に刷新されたが、実際に試乗すると、さらに大きな進歩を感じた。 わかりやすい変更点は、特にフロントマスクだろう。フロントグリルは、メルセデス・ベンツがダイヤモン…

毎日乗れるスーパースポーツ ランボルギーニ ウラカンEVOの味わい方

スーパースポーツと呼ばれるモデルは多いけれど、今回試乗するランボルギーニ ウラカンEVOの特徴は、大きく次の3つだろう。 まず、鋭く刃の先端の様なデザインだ。同社のチーフデザイナーを務めるミティア・ポルケルト氏によれば、ランボルギーニの各モデル…

人気のSUVクーペ キャディバッグを何個まで積めるのか検証

世界的なトレンドで登場が相次いでいるプレミアムSUVクーペは、どれくらいキャディバッグを積載できるのか?11月にインプレッションを掲載したポルシェ カイエン ターボ クーペ、BMW X6、アウディ Q8の3モデルを検証した。使用するキャディバッグは、アメリ…

オーラを纏うか、パフォーマンスを纏うか プロゴルファー矢野東&額賀辰徳が語るBMWの魅力

人生をゴルフに捧げるプロゴルファーが選ぶクルマには、何が映るのだろうか。 プライベートでも親交のある矢野東プロと額賀辰徳プロがBMW 7シリーズとM8を試乗。成田ゴルフ倶楽部を舞台に、BMWの魅力とゴルフ哲学を語った。 ともにクルマ好きとして知られ、…

100km/hまで3秒台の加速力 個性も光るSUVクーペたち

某自動車メーカーのグローバルの統計によれば、10万ドル(1ドル=103円換算で1030万円)以上の高級車市場は、売上の6割以上をSUVが占めているという。それだけポピュラーになったSUVにおける新たなトレンドが、SUVクーペだ。タフなSUVと、ラグジュアリーでス…

ジャケパンで乗りたいSUVクーペ アウディQ8で味わう満足感

今回試乗するアウディ Q8は、ひとことで説明すればQ7のクーペ版、つまりいま流行りのSUVクーペだ。オーセンティックなSUVであるQ7と比べると、背が30mm低くて全長が75mm短く、幅が25mm広い。全長が短くなったのは、ほとんどがリアのオーバーハング(タイヤの…

SUVではなく「SAC」と呼ぶ BMW X6の実力

現在のBMWのラインアップをファッションにたとえて説明すれば、奇数モデルがトラディショナル系で、偶数モデルが流行りのモード系になる。つまり、慣れ親しんだ1、3、5、7の各シリーズに対し、2、4、6、8の各シリーズは“ええかっこしぃ”のスタイリッシュなモ…

SUVのジャンルを超越した疾走感 ポルシェ カイエン ターボ クーペの実力

ポルシェのラインアップにカイエン クーペが加わったと聞いた時に、ちょっと遅れをとったなと感じた。BMW X6、アウディQ8、メルセデス・ベンツGLEクーペなどなど、ドイツのプレミアムブランドがクーペライクなSUVを発表してきたなかで、ポルシェがようやくト…

キャディバッグを何個まで積める? いま話題のモデルを検証

10月にインプレッションを紹介した各モデルは、どれくらいキャディバッグを積載できるのか? BMW 118d、メルセデス・ベンツ EQC、キャデラック エスカレード、メルセデス・ベンツ Aクラスを検証した。使用するキャディバッグは、米国オレゴン州ポートランド…

ジャストサイズでエレガント。ついに見つけた小さな高級車 メルセデス・ベンツ Aクラス セダン

「クルマは大きいほうが偉い」というのが、これまでの常識だった。けれども、使い勝手のよいサイズのプレミアムカーがほしいというニーズも増えている。そんなクルマを探していた夫妻がようやく出会った、納得できるモデルとは──。 妻の厳しいオーディション…

デカいだけのアメ車じゃない 先進システム満載のキャデラック エスカレード

日本市場において、キャデラック エスカレードは宣伝が不要なのだという。なぜなら、アメリカのヒッポホップ・アーティストのMV(ミュージックビデオ)にばんばん登場するから。この手のクルマに興味がある層はヒップホップを好む傾向にあるらしく、MVを通し…

“衣・食・CAR”が揃うMercedes me Tokyoで、至福の週末を過ごす

​_ 「メルセデス ミー 東京 (六本木)」は、メルセデス・ベンツのブランド発信施設であると同時に、最先端のライフスタイル発信基地でもある。ここを起点にすれば食事やショッピング、ゴルフなど、充実した週末を過ごすことができる。 世界チャンピオンのコ…

「駆けぬける歓び」は健在 FFに生まれ変わったBMW 1シリーズ

​_ BMW 1シリーズは、2019年のフルモデルチェンジによって、それまでこだわってきたFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)へと、駆動方式を変えた。1シリーズといえばVWゴルフやトヨタ カローラと同じ、激戦区のCセグメントに属するモデル。BMW 1シリーズはCセ…

新型Q3に見た万能型SUVのカタチ

​_ これは日本における万能車ではないか──。アウディの新型Q3の試乗を終えて、思わずそうつぶやいた。このクルマが1台あれば、納得のクルマ生活を送ることができる。そう感じた理由を記す前に、2020年7月に導入された新型Q3の日本におけるラインアップを整…

価格以上のプレミアム感を味わう新型ディフェンダー110を試乗

​_ 1948年のデビュー以来、基本的な構造を変えないまま2016年まで販売された長寿モデル、ランドローバー ディフェンダーがついにモデルチェンジをした。世界的な人気で品薄状態が続き、いまオーダーしても納車まで1年近くかかる見込みという新型ディフェン…

I-PACE試乗が当たる! CHARGE & PLAY キャンペーン

本キャンペーンは終了いたしました。ご応募ありがとうございました。ゴルフ場までの往復も楽しむ、贅沢な一日を過ごしませんか?ジャガー初のEVであるI-PACEと、ラグジュアリーな乗り味が上質さを増したレンジローバー PHEVは、どちらもゴルファー注目のクル…

ドライバーを挑発するアルピーヌ A110Sの淡麗辛口な味わい

​_ アルピーヌはルノーのモータースポーツ活動を担うとともに、そこで得たノウハウをもとにスポーティモデルを開発する組織だ。メルセデス・ベンツにおけるAMGやBMWにおけるM社のような立ち位置。ルノーF1チームは2021年よりアルピーヌF1チームに名称を変更…

ゴルフ場への往復がエキサイティングな体験になる!感性を刺激するSUV、マセラティ レヴァンテ

自動車の黎明期から高性能GTや高級スポーツカーで名を馳せた名門マセラティがはじめて手掛けたSUVがレヴァンテ。このクルマは官能性でドライバーの心を魅了する。 強さと美しさを兼ね備えたデザイン マセラティのショールームを訪ねてみようと思ったのは、ゴ…

SUVクーペに求めるものとは? メルセデス・ベンツ GLE Coupe

​_ メルセデス・ベンツ GLE Coupe。この車名からモデルの立ち位置を説明すると、「GL」はメルセデス・ベンツのSUVであることを示し、それに続く「E」はEクラス相当であることを表す。最後の「Coupe(クーペ)」は、オーセンティックなSUVであるGLEに対して…

ウルトララグジュアリーなSUV 新型ベンテイガを試乗

​_ アメリカで生まれたSUVはドイツメーカーが火付け役となって世界的な流行を生み、英国のベントレーがさらに上を行くウルトララグジュアリーSUVのパイオニアとなりました。2015年11月に、注目の中でワールドプレミアされたベンテイガ。翌年夏に導入された…

理想のスポーツセダンとは何か? BMW M340i xDrive

​_ BMWの特徴が、切れ味の鋭いスポーティな走行性能にあることはみなさんご存知だろう。なかでも、“M”の肩書が与えられたモデルは特別だ。今回はBMW M340i xDriveを題材に、“M”の世界を取り上げたい。 BMW M社はモータースポーツ活動を行いながら、極限のバ…

「クルマと一体になれる感覚」アバルト 595 ピスタ

​_ アバルトのステアリングを握る--その機会は自動車ジャーナリストであっても決して多くありません。大衆車メーカーとは異なり、新型車を発表するのは年に1回あるかないか。今回アバルト 595 ピスタを走らせたことはとても貴重な体験でした。しかも天気…

閉じる