ランドローバー

モータージャーナリスト九島辰也が提案する一歩先行く大人のゴルファーズビークル ジャガーI-PACEという選択

// ハイブリッド、EV(電気自動車)といったエコ化が進む自動車業界。その状況で、「大人のクルマ選びとしてエコカーは外せませんが、それだけじゃ満足出来ないのもある意味オ・ト・ナですよね」と語る九島辰也。そこで目をつけたのが、ジャガーI-PACE! さ…

次期ランドローバー ディフェンダーが、 アフリカで野生ライオン保護活動をサポート

ランドローバーは、新型「ディフェンダー」の最終フィールドテストを、アフリカ野生動物保護組織「Tusk Trust(タスク・トラスト)」の協力のもと、ケニアのボラナ野生保護区で実施した。アフリカのライオン保護活動を支援するという過酷なプログラムが完了…

新型イヴォーク、継承と進化がここにある

クルマの世界では変えることより変えないほうが難しいと言われる。ランドローバーの歴史を変えた傑作と言われるイヴォークの初のフルモデルチェンジは、初代の美点を引き継いでなお、中身を確実に進化させるという大仕事だったであろう。日本の道路事情に最…

レンジローバー イヴォーク、ジャガー・ランドローバー初のマイルドハイブリッド搭載車の日本導入がスタート!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーコンパクトSUV、新型「レンジローバー・イヴォーク」の日本仕様を発表。同時に受注オーダーをスタートした。「イヴォーク」は2012年の初代モデル発売以降、世界中で累計80万台以上を販売。ラグジュアリ…

2代目ランドローバー イヴォークがデビュー、待望のマイルドハイブリッドモデルも追加

ランドローバーは、ラグジュアリーコンパクトSUVの新型「レンジローバー イヴォーク(EVOQUE)」を、ロンドンのイーストエンドで世界初披露した。 大画面のディスプレイに世界各地の都市が映しだされるなか、新型「イヴォーク」がダイナミックな走行を見せな…

BRUDER CAR OF THE YEAR 2018

​_ RELATED ARTICLE関連記事 【特集 新型車】2018-2019年 話題の新型車 【特集 コンパクトSUV】コンパクトSUVこそ今、旬の賢い選択肢 【特集 スポーツカー】究極のスポーツカーが加速させる人生 【特集 コンパクトカー】“クールスモール”キーワードは意外性…

ジャガー ランドローバーにキャディバッグが何個積めるか試した

キャディバッグ積載量企画第5弾は、ジャガー ランドローバーで検証。セダンではフラグシップのXJ、XF、XE。人気のSUVではF-ペイス、イヴォークやディスカバー、レンジローバーなど計12台を紹介。今回、使用したキャディバッグはアメリカオレゴン州ポートラン…

ランドローバー4番目のモデル、ヴェラール。 長距離移動が楽しい2.0リッター直4ディーゼルが登場

ヴェラールに待望のディーゼルエンジンが追加 ジャガー・ランドローバー・ジャパンが、昨年から日本に導入したミドルサイズSUV「レンジローバー・ヴェラール」に、直列4気筒ディーゼルエンジンが新たに追加された。ランドローバーにとっては4番目のモデルと…

閉じる