CAR

プジョー 508 GTライン、 生活にフレンチの風をとり込む

薄いアメリカンのコーヒーばかり飲んでいると、たまにはフレンチプレスで淹れた深みのあるコーヒーが飲みたくなる。それはお堅いドイツ車ばかり乗っていると、たまにはシートの柔らかい軽快なフランス車に乗りたくなる気持ちと似ている。フランス車で旬なク…

ジャガーI-ペイス。近郊のゴルフ場をロックオン

アメリカのテスラが主導してきたピュアEVシーンだが、ここへきてヨーロッパの伝統的な自動車メーカーが次々にEVモデルをリリースしはじめたことで活気づいている。その先陣を切ったのはイギリスのジャガーだ。同社初のピュアEVであるI-ペイスはその完成度の…

メルセデス・ベンツ Bクラスが7年ぶりにフルモデルチェンジ 。大人4人がくつろげる抜群のユーティリティがさらに進化

メルセデス・ベンツ日本は、7年ぶりにフルモデルチェンジを果たした新型「Bクラス」を発表。日本での販売をスタートした。今回、先代モデルの広い室内空間と、優れたユーティリティーをさらに強化。よりスポーティかつラグジュアリーなエクステリアデザインと…

中里光之介プロ、 フォルクスワーゲン アルテオンとともに加速する日常、そして挑戦

​_ お好きなドライバ―、中里プロサイン入りキャップや太平洋クラブグループ 平日プレーペア招待券が総勢10名に当たるプレゼントキャンペーン実施中! 深い森に囲まれた石岡ゴルフ倶楽部の広々としたエントランスに、赤いフォルクスワーゲン・アルテオンRラ…

メルセデスのミディアムSUV、GLCにスポーツを通して社会貢献を続ける「ローレウス」特別仕様車登場

メルセデス・ベンツは、ミドルサイズSUVの「GLC」に特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Laureus Edition」を設定。全国限定360台を販売する。「GLC」は、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備え、SUVならではの高いアイポ…

BMW M850i xDrive、今日はクーペで行きたい気分

複数のクルマを所有するのであれば、そのうちの1台はクーペにしたい。2ドアのスタイリングはそれだけで優雅であり、日常っぽさとは無縁という特徴がある。その気になればすこぶる速いクーペで、早朝の高速道路をゆったりと流しながら今日のプレーに思いを馳…

7代目、BMW3シリーズがラインナップを拡充。ディーゼルエンジン、プラグインハイブリッド、直6モデルを追加

BMWは新型「3シリーズ」に、クリーンディーゼルエンジンを搭載した「320d xDrive」の日本導入をスタート。また、プラグインハイブリッドモデルの「330e M Sport」、直列6気筒をエンジン搭載した「M340i xDrive」の、プレオーダーの受付を開始し、こちらは9月…

レンジローバー イヴォーク、ジャガー・ランドローバー初のマイルドハイブリッド搭載車の日本導入がスタート!

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーコンパクトSUV、新型「レンジローバー・イヴォーク」の日本仕様を発表。同時に受注オーダーをスタートした。「イヴォーク」は2012年の初代モデル発売以降、世界中で累計80万台以上を販売。ラグジュアリ…

ジープ史上最強のパフォーマンスを誇る グランドチェロキー、トラックホークがさらに進化

FCAジャパンは、ジープ史上最強の性能を誇る高性能SUV「グランドチェロキー・トラックホーク」に一部改良を施し、日本における発売をスタートした。 「グランドチェロキー・トラックホーク」は、0-96km/h加速が3.5秒、最高速度290km/hという圧倒的な性能を誇…

ジャガー発のフルバッテリー自動車、I-PACEにシビれまくる

なにを持ち、なにを身に着けるかによって、その人の価値は測られる。クルマ選びはまさにその最たるもので、自分の分身的存在といっても過言ではない。ラグジュアリーカー、スーパースポーツ、コンパクトカー。いずれも魅力的だが、その選択肢に新たに加わる…

レクサス RC F、軽量化・エアロダイナミクスを中心に改良 高性能バージョン「Performance package」も登場

レクサスはスポーツクーペ「RC F」をマイナーチェンジした。「F」は2007年の「IS F」発売とともに、「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という開発テーマの下、レクサスの高性能仕様として誕生。レクサスのスポーツイメージを強力に牽引し…

アウディ TT クーペ&ロードスターがエクステリアを変更、エントリーモデルのドライビングパフォーマンスも大幅アップ

アウディ ジャパンは、プレミアムコンパクトスポーツ、TTシリーズに改良を施し日本への導入をスタートした。「TT」は、1998年に初代がデビュー以来3世代に渡って進化を続けるプレミアムコンパクトスポーツ。初代「TTシリーズ」の国内導入が開始されてから20…

ジュネーブ・モーターショー、今年のトレンドはやはりEV(電気自動車)

毎年3月に開催されたジュネーブ・モーターショー(SalonInternationaldel'Auto)は、自国に大手自動車メーカーを持たないスイスで開催されるにも関わらず、世界中から多くのメーカーが参加する。会場自体の規模はけして大きくないが、今、最も重要な自動車シ…

アストンマーティン ラピードE、初のフルEVモデルで最高速250km/hオーバー。最大航続距離322kmを実現

アストンマーティン・ラゴンダは、同社初の電気自動車アストンマーティン ラピードEの最終的な生産バージョンを、上海モーターショーで世界初公開した。 アストンマーティンの電動化拠点となるセント・アサン工場で初めて生産される「ラピードE」は、世界初…

ボルボ V40に限定仕様の「T5 R-Design Final Edition」が登場、パノラマガラスルーフやリヤシートヒーターを標準装備

ボルボ カー ジャパンは、プレミアムショートワゴン、ボルボ V40の特別限定車「T5 R-Design Final Edition」を50台限定で発売する。今回の特別仕様車はスポーティグレード「V40 T5 R-Design」をベースに「パノラマガラスルーフ」や「リヤシートヒーター」と…

ランボルギーニ ウルス。唯一無二のラウンド、そこに不可欠な宿とクルマ

> 唯一無二の人生を送りたいのであれば、些細な事でも妥協はできない。極上のゴルフコースをラウンドするためには、最良のパートナーとゆったり過ごせる宿が欠かせないし、そこに至る移動手段も唯一無二である必要がある。その選択肢にランボルギーニ ウルス…

新型ポルシェ911カレラ、アイデンティティを守りながら想像を超えた進化に脱帽

昨年11月にL.A.で開催された、ワールドプレミア。そこで発表となった、新型ポルシェ911カレラS / カレラ4Sを、スペイン・ヴァレンシアの一般道、そしてサーキットで、遂に試すことができた。Type 992というコードネームが与えられた新型は、911のアイデンテ…

BMW Z4、2年ぶりに復活。直4と直6、2種類のエンジンをラインナップ

​_ BMW Z4が2年ぶりに復活、日本への導入がスタートした。今回、伸びやかなスタイリングを実現すべく、先代モデルと比較して全長が85mm、全幅は75mm拡大。逆にホイールベースは25mm短縮、重心を下げたソフトルーフトップを採用したことで、高い俊敏性・操作…

ラグジュアリーと安全性能の饗宴。メルセデス・ベンツ 新型Cクラスで巡る伊豆、川奈の旅

// 新型Cクラスで行く極上ゴルフ旅やお好きなドライバー、メルセデス・ベンツ コレクションが当たるキャンペーン! ゴルファーなら誰でも“川奈”でプレーしてみたいと憧れるもの。伊豆半島の海辺に位置する名門コースを夫婦で訪ねるようなシチュエーションな…

ポルシェ カイエンクーペ、より低くワイドになってデビュー

​_ ポルシェは、カイエンのモデルレンジを拡大。2018年から登場した第3世代のカイエンに、スポーティなクーペモデル「カイエンクーペ」を追加した。ベースとなったオリジナルのカイエンと比較すると、低いフロントウィンドウや大きく傾斜したリヤウィンドウ…

プジョー 508 。大きなハッチゲートを持つ4ドアファストバックを採用し、日本導入スタート

​_ プジョーのフラッグシップサルーン「508」の日本導入がスタートした。プジョー 508は、2011年にそれまでの「407」と「607」を統合する形で登場、2018年のジュネーブショーにおいて2代目がデビュー。日本市場にはディーゼルとガソリン、2種類のパワーユニ…

イタリアンSUVが変えるライフスタイル アルファ ロメオ ステルヴィオ

ステルヴィオで行くゴルフラウンドやお好きなドライバー、 アルファ ロメオ キャディバックプレゼントキャンペーン! スポーティなイタリアン・ブランドであるアルファ ロメオが初のSUVモデルであるステルヴィオをデビューさせ話題を呼んでいる。イタリア屈…

マクラーレン 570GT、紳士なスーパースポーツカー

ゴルファーが、一度は名門セントアンドリュースでプレーしてみたいと願うように、クルマ好きなら、一度は“ドアが上方向に開く”スーパースポーツカーを、所有してみたいと思うものではないだろうか。しかし、長距離走行の多いゴルファーにとって、同乗者の快…

トヨタ クラウンが愛され続ける理由。 進化し続け、そして伝統を築いた64年間

トヨタ クラウンといえば、ゴルファーはもとより、日本人の誰もがその名を認知し実際に触れたことのある日本を代表するクルマである。 今から64年前の1955年に産声を上げ、昨年15代目へと進化を果たしたクラウン。その最新モデルは、スポーティないでたちと…

ジャガー初の電動SUVモデルI-ペイスが、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

​_​_ ジャガー初のフルバッテリー電気自動車(BEV)I-ペイスが、「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019」に選出された。ジャガー・ブランドにとっては、初の「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞となる。 「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー…

ランボルギーニ ウラカンEVOデビュー、オープンスポーツの空力とパワーユニットが大幅進化

​_ アウトモビリ・ランボルギーニが、ウラカンEVOスパイダーを初公開した。今年初めに発表されたクーペのウラカンEVOに続く、V10スーパースポーツのオープントップ仕様となる。 今回のウラカンEVO用に開発された次世代ビークルダイナミクスコントロールやエ…

フェラーリ史上最強のV8オマージュモデル 488GTBの後継「F8トリビュート」デビュー!

​_ フェラーリが、新型「F8トリビュート(Tributo)」の公式画像を初公開した。フェラーリの中核をなすV8ベルリネッタ「488GTB」の後継モデルとなり、そのネーミングにはオリジナルモデルの妥協なきエンジンレイアウト、そしてパワーへのオマージュが込めら…

BMW 8シリーズに美しい4シーターカブリオレが登場、スポーツカーをも凌ぐ運動性能も魅力

BMWは、最上級ラグジュアリークーペ「8シリーズ」のオープンモデル、「BMW8シリーズ・カブリオレ」の日本導入をスタートした。2018年末に発表された8シリーズ・クーペは、低く伸びやかなシルエットに美しいルーフライン、艶麗なリヤフェンダーなど、優雅さと…

マセラティ レヴァンテが叶える、ワンランク上のライフスタイル

リッチな男といえども、高級店でばかり食事をしているわけではないし、金のかかる遊びばかりしているわけでもない。家で海外ドラマを見ながら宅配ピザをかじったり、練習場で時間を潰す週末だってあるのだ。そんな気取らない時間を充実させられるか否かは、…

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ日本導入がスタート。AMG GTのパフォーマンスと使い勝手を両立

< メルセデスAMG GT 4ドアクーペの日本導入がスタートした。メルセデスAMG社の独自開発による究極のハイパフォーマンスを持ちながら、広い室内空間および4ドアの利便性を兼ね備えたモデル。 パフォーマンスやデザイン性を求めながらも、日常生活での使い勝手…

ワールドプレミアでお馴染みのデトロイトモーターショー

アメリカ、ビッグ3のお膝元デトロイトで年明け早々に開催される「ノースアメリカン・インターナショナル・オートショー」、通称「デトロイト・ショー」。新たなシーズンの幕開けを告げるモーターショーとして、ビッグ3による華々しいワールドプレミアでお馴…

BMW i3「 EV専用モデル」に新型バッテリー搭載、最大航続距離は466kmに

BMWは、新型のバッテリーを搭載し、最大航続距離466kmを実現した電気自動車「BMW i3新型バッテリー(120Ah)」の販売をスタートした。 BMW i3は「大都市における持続可能なモビリティ」を提供するBMWのサブブランド「BMW i」の電気自動車(EV)として、2014…

アウディQ5に抜群の燃費性能と環境性能を誇るクリーンターボディーゼルモデルを追加

アウディ ジャパンはミッドサイズSUV「Q5」に、最新のクリーンターボディーゼル(TDI)を搭載した「Q5 40 TDI quattro」を追加した。さらにTDIモデルの発売を記念し、内外装と安全装備を充実させた「Q5 TDI 1st edition black styling」を、限定250台で販売…

ベントレーが誇る高級SUV、ベンテイガに寄木細工を取り入れた日本限定10台の特別仕様車登場

ベントレーモーターズジャパンは、高級SUV「ベンテイガ」に日本限定特別仕様車の「A Limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan」を設定。このベンテイガは、本国ベントレーモーターズリミテッドのパーソナルコミッショニング部門「マリナ―」におい…

新型ポルシェ マカン、様々なドライブ支援装置を標準装備しさらに魅力を増した

ポルシェ ジャパンは、新型マカンを2019年夏から日本全国のポルシェ正規販売店にて発売する。2013年に誕生したマカンは、ポルシェのDNAを凝縮させたミドルクラスSUV。 その最大の魅力は洗練されたスポーツカーを思わせるドライビングダイナミクスで、意のま…

ジャガー I-ペイスによるワンメイクシリーズ、フォーミュラEのサポートレースとして開催

世界初の市販車ベース・フルバッテリー電気自動車(BEV)によるワンメイクレースシリーズ「ジャガーI-ペイス eトロフィー」が、サウジアラビアのディルイーヤで開催された。このレースはサウジアラビアで初めて開催された、男女混合のモータースポーツイベン…

新型メルセデス・ベンツGクラス、タフ&ワイルドがラグジュアリーを纏った

タフなクルマはいくつか存在するし、ラグジュアリーを標榜するクルマも珍しくない。だがそれらの相反する特性を兼ね備えたモデルは稀有といえる。メルセデス・ベンツGクラスは、ゴルファーはもちろんのこと、ライフスタイルにこだわりを持った大人が指名買い…

ゴルフ場へ向かう車内でトーナメントに参加?アウディ、リヤシートのVR体験システムを発表

アウディが、ラスベガスで開催された「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」において、新しい車載エンターテイメントを発表した。 公開されたシステムは、バーチャルリアリティ(VR)コンテンツをリアルタイムで同期させるテクノロジー。「ア…

ランボルギーニ ウルスST-Xコンセプトを公開。SUVによるワンメイクシリーズもスタート

ランボルギーニ初のスーパーSUVレース仕様モデル「ウルスST-Xコンセプト」が、イタリア・ヴァレルンガで行われた「ランボルギーニ・スーパートロフェオ・ワールドファイナル2018」において発表された。 ランボルギーニのモータースポーツ部門である「スクア…

2代目ランドローバー イヴォークがデビュー、待望のマイルドハイブリッドモデルも追加

ランドローバーは、ラグジュアリーコンパクトSUVの新型「レンジローバー イヴォーク(EVOQUE)」を、ロンドンのイーストエンドで世界初披露した。 大画面のディスプレイに世界各地の都市が映しだされるなか、新型「イヴォーク」がダイナミックな走行を見せな…

ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ、 ジェイミー クラークソン選出のアワードを受賞

ジェレミー・クラークソンが選ぶ2018年の「カー・オブ・ザ・イヤー」に、ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテが選出された。 クラークソンはBBCの人気自動車番組「トップ・ギア」の司会者として名を馳せたモータージャーナリスト。現在はAmazon Prime …

新型ベントレー・コンチネンタルGT 世界各国で、様々なアワードを総なめ

ベントレー・コンチネンタルGTが、世界中の数々のアワード(賞)を受賞した。英国でデザイン・製作され、手作業で仕上げられた第3世代のコンチネンタルGTは、中国、ドイツ、ロシア、そして生誕の地である英国を含めた各国の市場で、19ものアワードを獲得して…

アストンマーティン初のSUV「DBX」 ウェールズのグラベルコースで初テストを実施

アストンマーティンは、ブランド初のSUVモデルの正式名称を「DBX」に決定した。DBXの開発は順調に進行中で、最初のプロトタイプが製作され、アストンマーティンのチーフエンジニアであるマット・ベッカーがステアリングを握り、英国・ウェールズの過酷なラリ…

「BMW ALPINA B4S BITURBO EDITION 99」世界限定99台の特別モデル、日本導入へ

アルピナ社による製造台数を抑えた世界限定99台の特別モデル、「BMW ALPINA B4S BITURBO EDITION 99」の日本導入が決まった。こちらのモデルにはクーペとカブリオレのふたつのバージョンが用意されている。 製造台数を大幅に抑えたアルピナの特別なリミテッ…

ポルシェ911が8世代目に進化 ボクサー6ターボは、最高出力450psに到達

ポルシェは、第8世代(タイプ922)へと進化した新型「911」を発表した。これまでも常にスポーツカーのベンチマークとなってきた911。最新仕様もしっかりとポルシェのDNAを継承しており、力感あふれるエクステリア、10.9インチタッチスクリーンモニターを装備…

3代目ポルシェ カイエンを良き相棒に、冬のゴルフ旅へ

足をのばして、遠方の名門ゴルフ場、そして温泉宿を訪れる。そんなときは、もちろんクルマ選びにもこだわりたい。3代目となるポルシェ カイエンなら、充足したドライブが楽しめる。ひと目でカイエンだとわかる象徴的なスタイリング、説明不要のブランド力と…

自由に組み合わせて自分だけの"色"を愉しむフォルクスワーゲン アルテオン エレガンス

お好きなドライバ―またはGPS内蔵のGARMIN距離測定器が総勢5名に当たるプレゼントキャンペーン実施中! スタイリングの美しさで選べば荷物の積載量は減り、スポーティなハンドリングを求めれば乗り心地は損なわれる。クルマ選びにおいて、望みの全てを叶える…

BRUDER CAR OF THE YEAR 2018

​_ RELATED ARTICLE関連記事 【特集 新型車】2018-2019年 話題の新型車 【特集 コンパクトSUV】コンパクトSUVこそ今、旬の賢い選択肢 【特集 スポーツカー】究極のスポーツカーが加速させる人生 【特集 コンパクトカー】“クールスモール”キーワードは意外性…

ジャガー初の電動SUV、I-ペイス。日本市場における受注がスタート

RELATED ARTICLE関連記事 【試乗レポート】BMW X4、クロスオーバークーペの最新版 BMW X2、低姿勢でアンフォローを貫く レンジローバー・ヴェラール、2018年の最も美しいモデルに選出 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー初のフルバッテリー電気…

パナメーラ&スポーツツーリスモに「GTS」が登場。パワフルな4リッターツインターボを搭載

RELATED ARTICLE関連記事 【特集 新型車】2018-2019年 話題の新型車 3代目ポルシェ カイエンの独走は続く ポルシェ70周年を記念した 、911スピードスターコンセプトを発表 レポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める ポルシェは、パナメーラの…

閉じる