日産

究極のスポーツカーが加速させる人生

RELATED ARTICLE関連記事 戸賀敬城、スーパースポーツマクラーレン570S Spiderを普段使いする メルセデスAMG GTロードスター。二兎を追って、どちらも得たいあなたへ 伝統のネーミングが復活、アルファロメオ「ジュリア」 和製スーパースポーツを再認識する …

セレナと瀬令奈 日産セレナe-POWERを女子プロゴルファー青木瀬令奈が語る

「静かで快適。運転もしやすいですね」と日産セレナe-POWERの運転席で語るのは、LPGAツアーを戦う青木瀬令奈プロ。群馬県出身の25歳。昨シーズン、念願のツアー初勝利を飾った。青木瀬令奈と日産セレナ。彼女の名前は音楽に携わる仕事をする両親によって、音…

ゴルファーが牽引するEV(電気自動車)の時代

一貫してガソリン車に乗り続けてきたベテラン・ドライバーにとって、電気自動車はまだ現実的な選択肢と言えないのかもしれない。だが昨今、自動車世界の魅力的な話題には必ずと言っていいほどハイブリッドやEV(電気自動車)と言ったキーワードが絡んでくる…

日産GT-R、自然と「飛ばし」を意識させられるスポーツカー

ニッサンGT-Rといえば古くからのファンはスカイラインの最上級グレードを想像するかも知れない。だが現行のGT-Rは独立した立ち位置のスーパースポーツであり、最上級のポルシェに真っ向勝負を挑めるほどのポテンシャルを証明したことで世界にその名を轟かせ…

”距離アップ”つながり(!?)で、女子プロゴルファー葭葉ルミが新型リーフを試乗

世界初の本格量産EV(電気自動車)として2010年に発売され、これまでに世界各国で30万台以上を販売した日産リーフが、昨秋フルモデルチェンジした。新型は先進的な高度運転支援装備や安全装備を備えるほか、大幅な航続距離性能の向上を果たした。距離の向上…

和製スーパースポーツを再認識する

70年代半ばのスーパーカーブーム ’70年代半ば、我が国の自動車シーンにおいてスーパーカーが大ブームを起こしたことを覚えている人もいるだろう。ではスーパーカーとは何だったのか? 現代の視点に立ち穿った見方をするならば、それはスポーツカーの中でも特…

熟成された日産新型「エクストレイル」、飛ばし屋女子プロ渡邉彩香が選ぶタフギア

革新的な同一車線自動運転技術“プロパイロット”を装備した最新の日産エクストレイル。街中における普段使いから、高速道路をクルーズして向かう週末のゴルフまで、守備範囲の広さに定評があるSUVである。我が国を代表するタフギアに、自らもクルマ好きを公言…

閉じる