ハッチバック

パナメーラ&スポーツツーリスモに「GTS」が登場。パワフルな4リッターツインターボを搭載

RELATED ARTICLE関連記事 【特集 新型車】2018-2019年 話題の新型車 3代目ポルシェ カイエンの独走は続く ポルシェ70周年を記念した 、911スピードスターコンセプトを発表 レポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める ポルシェは、パナメーラの…

伝統に裏打ちされたスピードと個性、アバルト595 ツーリズモ

【関連記事】 【特集 スモールカー】“スモールカーでも妥協したくない貴方へ、スマート・フォーフォー・ブラバス・エクスクルーシブ 【特集 スモールカー】“クールスモール”キーワードは意外性 新型コンパクトSUV、ボルボ XC40。日本での予約オーダーがスタ…

スモールカーでも妥協したくない貴方へ、スマート・フォーフォー・ブラバス・エクスクルーシブ

【関連記事】 【特集 スモールカー】“クールスモール”キーワードは意外性 新型コンパクトSUV、ボルボ XC40。日本での予約オーダーがスタート コンパクトSUVのフィアット500Xにクールなデニムカラーを採用した限定車 レトロモダンなカラーを蘇らせた、ミニ 「…

テスラ、発展し続けるEVの旗手

それはアメリカという枠を飛び越え、広くEV(電気自動車)の代名詞として理解されている。シリコンバレー発の新興メーカーでありながら、すっかり自動車の新世代を指南する存在として認知されつつあるピュアEVメーカーのテスラ。同社のフラッグシップである…

”距離アップ”つながり(!?)で、女子プロゴルファー葭葉ルミが新型リーフを試乗

世界初の本格量産EV(電気自動車)として2010年に発売され、これまでに世界各国で30万台以上を販売した日産リーフが、昨秋フルモデルチェンジした。新型は先進的な高度運転支援装備や安全装備を備えるほか、大幅な航続距離性能の向上を果たした。距離の向上…

フェラーリ×ゴルフという線はアリ。フェラーリGTC4ルッソ

フェラーリとゴルフはともに特別なウィークエンドを演出する存在でありながら、交わり合うことがないように思われる。だがフェラーリには伝統的にGTモデルをラインナップしており、現行モデルのGTC4ルッソはフェラーリの傑出した個性に高い実用性をプラスし…

フォルクスワーゲン・ゴルフに 電気自動車とPHEVが追加

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、電気自動車(EV)の「e-ゴルフ」とプラグインハイブリッド(PHEV)の「ゴルフGTE」、ふたつの電動モデルのオーダーをスタートした。フォルクスワーゲンはすでにハイブリッド車両の「パサートGTE」と「パサーとGTEヴ…

コンパクトSUVのフィアット500Xにクールなデニムカラーを採用した限定車

鮮やかなデニムカラーのボディを纏ったフィアット500Xの限定モデル「500X Jeans(ジーンズ)」が、90台限定で登場した。500Xで最も人気の「Pop Star Plus」をベースに、初採用となるジーンズブルーのボディカラーと、アクセントとなるクローム仕上げのサイド…

ポルシェ パナメーラ・スポーツツーリスモに、抜群の燃費を誇るプラグインハイブリッドが登場

パナメーラのスポーツワゴンモデル、スポーツツーリスモにプラグインハイブリッドが追加された。「パナメーラ・ターボS E-ハイブリッド・スポーツツーリスモ」は、4リッターV8エンジンに電気モーターを組み合わせ、システム最高出力500kW/680ps、最大トルク8…

レトロモダンなカラーを蘇らせた、ミニ 「ICE BLUE」

60年代に高い人気を誇った色、「アイスブルー」を復刻し、日本限定で特別な内装を施した「MINI ICE BLUE(アイス・ブルー)」が、400台限定で登場した。 「MINI ICE BLUE」は、9月8日の「MINIク(9)ーパ(8)ーデイ」を記念した限定モデル。個性的なカラーリン…

ドイツ・ニュルブルクリンク7分38秒、新型ポルシェ パナメーラターボの実力

速さ自慢のクルマがタイムを競うドイツ・ニュルブルクリンク北コース。一般的に1周8分を切れば相当なハイパフォーマンスカーの部類に入るなか、新型ポルシェ・パナメーラターボは7分38秒という記録を打ち立てた。ノーマルの911よりも速いタイムだ。一級の速…

やることすべてが新しい、テスラ「モデルS」

テスラ・モーターズは2016年2月に社名から「モーターズ」を取ってテスラとした。EV(電気自動車)メーカーとして設立された同社だが、現在はEVのみならず、バッテリーやソーラーパネルなども製造する総合テック企業へと変化したからだ。化石燃料への依存から脱…

閉じる