レトロモダンなカラーを蘇らせた、ミニ 「ICE BLUE」

60年代に高い人気を誇った色、「アイスブルー」を復刻し、日本限定で特別な内装を施した「MINI ICE BLUE(アイス・ブルー)」が、400台限定で登場した。

「MINI ICE BLUE」は、9月8日の「MINIク(9)ーパ(8)ーデイ」を記念した限定モデル。個性的なカラーリングやデザインを内外装に採用することで、MINIらしさがギュッと凝縮された1台と言えそうだ。今回復刻されたアイスブルーは、1960年代のファッション界において大流行したカラー。現代ではノスタルジックな印象が強いが、最新のMINIに採用することで、MINIの伝統的なレトロ感と新鮮さを同時に表現した”レトロモダン”なデザインを実現した。

インテリアには日本限定となるオフホワイトのダッシュボードを採用。表面にはレーザー技術を用いた繊細なパターンが掘り込まれ、光の当たり方によって表情を変える上品なデザインが施されている。これは18世紀に英国で生まれた、光沢のある乳白色の陶磁器「ボーン・チャイナ」からインスパイアされており、英国らしい伝統的で上品なスタイルとなった。

装備面ではLEDヘッドライト、ナビゲーション・パッケージ、コンフォート・アクセスなどが、標準で与えられている。価格(税込)は「MINI Cooper 3 Door」が335万3000円、「MINI Cooper 5 Door」が353万3000円、「MINI Cooper D 5 Door」が373万3000円。

閉じる