ポルシェ パナメーラ・スポーツツーリスモに、抜群の燃費を誇るプラグインハイブリッドが登場

パナメーラのスポーツワゴンモデル、スポーツツーリスモにプラグインハイブリッドが追加された。「パナメーラ・ターボS E-ハイブリッド・スポーツツーリスモ」は、4リッターV8エンジンに電気モーターを組み合わせ、システム最高出力500kW/680ps、最大トルク850Nmを発揮。0-100km/h加速は3.4秒、最高速度は310km/hを誇りながら、平均燃料消費量(新欧州ドライビングサイクル:NEDC)は3.0リッター/100kmと、抜群の燃費性能を実現している。

今回、採用されたハイブリッド機構は、スーパースポーツのポルシェ918で磨かれたシステム。搭載された容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリーは充電器と電源に応じて2.4から6時間で充電される。電気モーターのみでのゼロエミッション走行も可能となっており、最高速度140km/h、最大49kmの航続距離を実現した。

今回、最大50kgのダウンフォースをリヤアクスルに伝えるルーフスポイラーも装備した。速度が170km/h以下の時は「-7度」の格納ポジションにキープ、ルーフラインに沿って後方に傾斜。速度が170km/hを超えると、自動的に「+1度」のパフォーマンスポジションにセットされ、直進走行安定性とコーナリング時のスタビリティを確保する。また、90km/h以上で走行時にスライディングルーフを開くと、ルーフスポイラーが+26度の角度に調節され、乱気流を低減する。

ワゴン風のリヤエンドとなったスポーツツーリスモは、ベースのスポーツサルーンと比較すると高くなったルーフラインにより、後席の乗降性が向上し、ヘッドルームも拡大。リヤシートは3座となり、両サイドが分かれた「2+1シート」も採用された。可倒式のリヤシートを倒すと、荷室スペースは最大約1294リットルに拡大する。また、オプションで独立した2席の電動リヤシートをオーダーすることも可能だ。

欧州・北米でのデリバリーは2018年春からを予定しており、現時点で日本市場への導入時期は発表されていない。

【関連記事】:ゴルファーが牽引するEV(電気自動車)の時代

一貫してガソリン車に乗り続けてきたベテラン・ドライバーにとって、電気自動車はまだ現実的な選択肢と言えないのかもしれない。だが昨今、自動車世界の魅力的な話題には必ずと言っていいほどハイブリッドやEV(電気自動車)と言ったキーワードが絡んでくる。EVの現状を今一度整理し、ゴルファーにとっての選択肢を挙げてみよう。

詳細はこちら
閉じる