プジョー 508 。大きなハッチゲートを持つ4ドアファストバックを採用し、日本導入スタート

f:id:graphishio:20190401114143j:plain

  • f:id:graphishio:20190401114138j:plain

プジョーのフラッグシップサルーン「508」の日本導入がスタートした。プジョー 508は、2011年にそれまでの「407」と「607」を統合する形で登場、2018年のジュネーブショーにおいて2代目がデビュー。日本市場にはディーゼルとガソリン、2種類のパワーユニットが用意されている。

  • f:id:graphishio:20190401114100j:plain

これまでプジョー 508には4ドアセダンとワゴンがラインナップされていたが、今回からハッチゲートを持つ4ドアファストバックスタイルを採用。この印象的なスタイルは、2014年に北京モーターショーで発表されたコンセプトカー「EXALT(イグザルト)」の流れをむものだ。エクステリアだけでなく、インテリア、先進運転支援システム、安全性、ドライビング性能、乗り心地など、すべてが刷新された。

  • f:id:graphishio:20190401114056j:plain
  • f:id:graphishio:20190401114117j:plain

インテリアはプジョーの最新コクピットシステム「i-Cockpit」を進化させた次世代仕様を採用。「レーンポジショニングアシスト」「アクティブクルーズコントロール」「ナイトビジョン」「第2世代アクティブセーフティブレーキ」など、先進ドライブアシスト機能も含まれている。

  • f:id:graphishio:20190401114851j:plain

ステアリングホイールの上に配置されたヘッドアップディスプレイは6種類の表示モードが用意されており、ドライバーの好みに応じてカスタマイズも可能。センターコンソールにはタッチスクリーンを配し、その下にピアノの鍵盤のような7つのトグルスイッチを置いた。このトグルスイッチでナビゲーション、空調、ラジオなどに直接アクセスできるようになっている。

  • f:id:graphishio:20190401114121j:plain

パワーユニットは、低いCO2排出量と太いトルクで定評のある2.0リッター直列4気筒クリーンターボディーゼル「Blue HDi」と、ダウンサイジング1.6リッター直列4気筒ガソリンターボ「PureTech」をラインナップ。トランスミッションは全車に、最新世代電子制御8速オートマチック「EAT8」が搭載されている。

  • f:id:graphishio:20190401114125j:plain

シャシーはグループPSAの主力プラットフォーム「EMP2」に、電子制御アクティブサスペンションが組み合わせられた。しなやかな乗り心地とダイナミックなハンドリング、静粛性を兼ね備えたと、プジョーは胸を張る。アルミや複合素材などの採用で、同装備の先代モデルと比較して、平均70kgの軽量化を実現。さらに新しい溶接技術の導入と計24mの構造用接着剤の併用により、高い剛性と耐久性も確保した。

  • f:id:graphishio:20190401114129j:plain

車両価格は417万〜492万円。クーペのように低く流麗なフォルムを持ちながらも、大きな開口部を持つハッチゲートは、ゴルフバッグの出し入れにも重宝しそうだ。今後、さらにラッゲッジ容量を拡大した、ワゴンモデルの導入も予定されている。

お問い合わせ先

閉じる