ゴルフ

新型「ゴルフ」に“次代のクルマ”の期待

フォルクスワーゲン「ゴルフ」がフルモデルチェンジ、8世代目へと移行する。ゴルフは1974年に初代が登場して以来、40年近く経った現在においてもFF(前輪駆動)の実用車の基準であり続けているだけに、クルマ好きのみならず、世界中の自動車業界関係者が動向…

シャフトが紡ぐ14本のストーリー 「思い通りの一打を重ねる」

今の時代、最新の製品紹介ならばすぐにでも手に入る。ニューモデルが発表されたその当日に、試打レビューがアップされることも珍しいことではなくなった。情報を得て“このクラブならもっとうまくいきそうだ”とその気になることも十分に可能であるが、それら…

スコアアップの必需品。意外と知らないシャフトの知識

シャフトの性能や選び方に関心を持つゴルファーが増え続けている。自分のパワーや最新技術のヘッド性能を最大限に生かせるかどうかは、グリップとヘッドをつなぐ“架け橋”のシャフト性能次第なので当然だろう。シャフトの知識に自信ある? 「N.S.PRO」ブラン…

N.S.PRO MODUS³ 新たな扉を開く、プロの見識

KEY ITEMN.S.PRO MODUS³ 一流のギアはプロフェッショナルたちの見識によって創られる。 スーパーカーの分野では近年イギリスのマクラーレンが進境著しい。F1チームを母体とするプロ集団が生み出す作品には、一切の妥協や虚飾が含まれない。その純度の高さこ…

14本で描く、ゴルフの物語。

「フォーティーン」。なぜ、このようなブランド名になったのだろう?そんな風に思ったことはないだろうか。「14」という数字に込められたカリスマクラブデザイナーの熱い想い、そして今も受け継がれるブランド哲学に迫ってみたい。 ゴルフクラブ14本をつなぐ…

“温故知新”という考えの神髄から生まれた、日本のゴルフシャフト

KEY ITEMN.S.PRO Regio Formula B+/M+ "後継"ではなく、"継承"。超えてゆく存在でないと意味がない。 古きよきモノの魅力や普遍的な価値―。それらが評価をされるのは、大きな潮目は変わらずとも、その中で小さな変化は絶えず行われているからだ。ゴルファ…

フォルクスワーゲン e-ゴルフ、伝統のスタイルに身を包むファーストEV

お好きなドライバーやパターゴルフボールが当たるキャンぺーン実施中! 21世紀に入り、自動車のテクノロジーは環境性能を重要視する方向に大きく舵を切っている。様々なパワートレーン形式が提案されているが、EVによるゼロエミッションこそ究極という考え方…

フォルクスワーゲン ゴルフ R ヴァリアント、シリーズ最強のポテンシャルとクラス最大級の広さを持つ

お好きなパターまたはGDOポイント10万円分が当たるプレゼントキャンペーン実施中! 一見、普通のフォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアントにしか見えないかもしれないが、実際にはクラストップレベルの俊足の持ち主でもある。310psと7段DSG、そして4モーショ…

フォルクスワーゲン・ゴルフに 電気自動車とPHEVが追加

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、電気自動車(EV)の「e-ゴルフ」とプラグインハイブリッド(PHEV)の「ゴルフGTE」、ふたつの電動モデルのオーダーをスタートした。フォルクスワーゲンはすでにハイブリッド車両の「パサートGTE」と「パサーとGTEヴ…

閉じる