V6エンジン

3代目ポルシェ カイエンを良き相棒に、冬のゴルフ旅へ

足をのばして、遠方の名門ゴルフ場、そして温泉宿を訪れる。そんなときは、もちろんクルマ選びにもこだわりたい。3代目となるポルシェ カイエンなら、充足したドライブが楽しめる。ひと目でカイエンだとわかる象徴的なスタイリング、説明不要のブランド力と…

3代目ポルシェ カイエンの独走は続く

RELATED ARTICLE関連記事 【特集 新型車】2018-2019年 話題の新型車 マセラティ史上最もパワフルなSUV 「レヴァンテ トロフェオ」日本限定の先行モデル ポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める ランドローバー4番目のモデル、ヴェラール。 長…

アルファ ロメオ ジュリア クアドリフォリオ、心を揺さぶるスポーツセダン

【関連記事】 【特集 スポーツカー】ランボルギーニ ペルフォルマンテ、空気を味方にスーパースポーツの世界を一変 【特集 スポーツカー】究極のスポーツカーが加速させる人生 伝統に裏打ちされたスピードと個性、アバルト595 ツーリズモ 2枚ドアのクーペボ…

ポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める

【関連記事】 【SUV特集】レンジローバー SV オートバイオグラフィー、クロスオーバーSUVの頂点 【SUV特集】人気のSUV、主役に躍り出た キャデラック初のコンパクトSUV、XT4発表。新開発の高燃費ターボエンジン搭載 ランボルギーニ第3のモデル、ウルスいよい…

日産GT-R、自然と「飛ばし」を意識させられるスポーツカー

ニッサンGT-Rといえば、古くからのファンはスカイラインの最上級グレードを想像するかも知れない。だが現行のGT-Rは独立した立ち位置のスーパースポーツであり、最上級のポルシェに真っ向勝負を挑めるほどのポテンシャルを証明したことで、世界にその名を轟…

ホンダ NSX、まるでタイトリスト718CBアイアンの様な高い精度と許容性

我が国を代表する最新のスーパースポーツと言えば、ホンダNSXをおいて他にない。それはクルマ好きの憧れであると同時に、スポーツカーの未来を予感させるようなハイテクの塊でもある。セダン一辺倒の車歴を経て、最近乗りたいと思うクルマが見当たらないとい…

マセラティ ギブリ、18年モデル登場。2種類のトリムラインも加わる

マセラティ ジャパンは、ギブリの2018年モデルを発表した。2013年の登場以来、現行ギブリは全世界で7万台以上というマセラティ史上最高の販売実績を達成。今回の変更では独創的でエレガントなエクステリアに加え、新たに「グランルッソ」と「グランスポーツ…

完全刷新で存在感を増したレクサス新型「LS」

スタートホールのティグラウンドへと歩みを進めるように、1台のサルーンが静寂を纏ってクラブハウスのエントランスに到着する。そのボディは、伸びやかではあるが金属的なグレーの塗色が筋肉質なプレスラインを浮き上がらせ、全体の印象を引き締めている。そ…

レンジローバー ヴェラール、ビューティ&ヘビーデューティ

エレガントなデザインと本格的な性能の組み合わせで話題になっているニューモデルが、レンジローバー・ヴェラール。美しい佇まいだけでなく、快適な走行性能やフルサイズのゴルフバッグを横置きできる実用性など、ゴルファーにふさわしい性能を備えたSUVの試…

伝統のネーミングが復活、アルファロメオ「ジュリア」

伝統的な自動車メーカーは、伝統的なモデルネームを抱えているものだ。ジュリアという女性名詞は、'60年代のアルファロメオを象徴するネーミングである。今年、アルファロメオは久方ぶりにジュリアの名前を冠した4ドアセダンをデビューさせる。色気のあるボ…

レンジローバー ヴェラール、色気が薫る

初代レンジローバーが成功しSUVというカテゴリーを創出した鍵は、武骨一辺倒だった オフローダーの世界観の中に、都市部でも通用するインテリジェンスを盛り込んだことだった。 初代から半世紀余りの時を経た今、ランドローバー社は品格を超越し色気すら漂わ…

ジャガー Fペイス、SUVとは思えないほどのスポーティな走り

今回紹介するクルマはジャガー「Fペイス」。見た目はSUVだが、挙動はSUVとは思えないほどスポーティで、ステアリングはクイック。足まわりは明らかにオンロード優先。コーナーでは外側のサスペンションがしっかりと踏ん張り、安定した姿勢のままワインディン…

閉じる