レクサス

ワールドプレミアでお馴染みのデトロイトモーターショー

アメリカ、ビッグ3のお膝元デトロイトで年明け早々に開催される「ノースアメリカン・インターナショナル・オートショー」、通称「デトロイト・ショー」。新たなシーズンの幕開けを告げるモーターショーとして、ビッグ3による華々しいワールドプレミアでお馴…

レクサスESに世界初の装備「デジタルアウターミラー」を導入

RELATED ARTICLE関連記事 新型ESで行く1泊2日to沖縄 レクサスRXに待望の7シーター登場。多彩なシートアレンジも魅力 レクサスにキャディバッグが何個積めるか試した レクサスは日本向けの新型ESに、量産車として世界で初めて「デジタルアウターミラー」を採…

コンパクトSUVこそ今、旬の賢い選択肢

RELATED ARTICLE関連記事 “クールスモール”キーワードは意外性 キャデラック初のコンパクトSUV、XT4発表。新開発の高燃費ターボエンジン搭載 ポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める ランドローバー4番目のモデル、ヴェラール。 長距離移動が…

キャディバックが4個積めるクルマを特集

これまでメルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン、レクサスとキャディバッグ 検証を行ってきたが、「4個積めるクルマは何台あるんだ」と言う読者からの要望に答えるべく特集を組んでみた。今回、使用したキャディバッグはアメリカオレゴン…

レクサスにキャディバッグが何個積めるか試した

キャディバッグ積載量企画第4弾は、レクサスで検証。人気のSUV、LX、RX、NXや話題のセダンLSなど計7台を紹介。流石国産ブランド、ゴルファーを意識したラゲッジの作りでキャディバッグ4個を積載した車両が4台。使用したキャディバッグはアメリカオレゴン州…

人気のSUV、主役に躍り出た

かつてバンタイプの乗用車や、いかついクロカン4駆は商用車として括られたり、局地的に重宝されるニッチな存在だった。だがファッションと同じくらい、クルマ世界のトレンドも変化する。昨今話題となる新型車の多くが背の高いクロスオーバーSUVであり、ハイ…

レクサスRXに待望の7シーター登場。多彩なシートアレンジも魅力

レクサスはラグジュアリーSUVの「RX」を一部改良し、新たに3列シートのロングバージョンの「RX450hL」を追加した。これまで2列シートのみのラインナップだったRXだが、今回のロングボディの追加により、さらに幅広い選択肢を用意したことになる。 RX450hLは…

完全刷新で存在感を増したレクサス新型「LS」

スタートホールのティグラウンドへと歩みを進めるように、1台のサルーンが静寂を纏ってクラブハウスのエントランスに到着する。そのボディは伸びやかではあるが、金属的なグレーの塗色が筋肉質なプレスラインを浮き上がらせ、全体の印象を引き締めている。そ…

レクサス NX、凝縮されたプレミアム

セダンやスポーツカー、そしてクロカン4駆やワゴンといったボディ形状の垣根を越え、性能的な“良いとこ取り”をすることで、パーソナル感の高いSUVはシーンの最前線に躍り出ている。ミドルクラスのプレミアムSUV、その代表的な1台であるレクサスNXはマイナー…

レクサス LC500、美しさと走りの魅力が融合

プレミアムブランドにはそのブランドの象徴となるラグジュアリークーペが必要だ。レクサスのコンセプトカー、LF-LCは2012年の発表以来、市販を期待する声が高まり続けていたが、ついにLC500として発売された。LC500には5リッターV8と3.5リッターV6+ハイブリ…

レクサス GS F、最強ハイパフォーマンスセダン

国内最強のプレミアムセダン、レクサス「GS F」。477psの5リッターV8エンジンを搭載するこのクルマは、レクサススポーツの頂点に位置するモデルで「RC F」と並ぶ、レクサス最強モデルといえる。国内のセダンとしては走行性能が高く、高価なハイパフォーマス…

閉じる