ルノー

コンパクトSUVを侮るな! ルノー キャプチャーが「大きく」進化

ヨーロッパの自動車市場で一番の激戦区とされるのが、Bセグメントと呼ばれるコンパクトカー(フォルクスワーゲン ポロやトヨタ ヤリスが該当)のカテゴリーだ。国によっては販売台数の3〜4割を占める大きな市場となっている。今回紹介するルノー「キャプチャ…

ジュネーブ・モーターショー、今年のトレンドはやはりEV(電気自動車)

毎年3月に開催されたジュネーブ・モーターショー(SalonInternationaldel'Auto)は、自国に大手自動車メーカーを持たないスイスで開催されるにも関わらず、世界中から多くのメーカーが参加する。会場自体の規模はけして大きくないが、今、最も重要な自動車シ…

コンパクトSUVこそ今、旬の賢い選択肢

RELATED ARTICLE関連記事 “クールスモール”キーワードは意外性 キャデラック初のコンパクトSUV、XT4発表。新開発の高燃費ターボエンジン搭載 ポルシェ マカン ターボ パフォーマンス、精度を極める ランドローバー4番目のモデル、ヴェラール。 長距離移動が…

“クールスモール”キーワードは意外性

【関連記事】 新型コンパクトSUV、ボルボ XC40。日本での予約オーダーがスタート コンパクトSUVのフィアット500Xにクールなデニムカラーを採用した限定車 レトロモダンなカラーを蘇らせた、ミニ 「ICE BLUE」 ゴルファーの愛車は4ドアセダン、とはいつ誰が決…

蘇る伝説、新型アルピーヌ「A110」

一度途絶えてしまったスポーツカーの血統が復活することなど、滅多にあるものではない。だが、22年という空白の時間を経て、今年フランスの名門スポーツカー・ブランドが蘇る。2シーター、ミッドシップレイアウトの新型アルピーヌは、由緒正しく、純粋なスポ…

閉じる