CAR

試乗レポート

BMW アルピナ B5 ビターボ 、全てを叶える全能のセダン

BMWのプロダクションカーをベースとしながら、その性能を全方位的に引き上げることで独自のモデルとして完成させている自動車メーカー、アルピナ。同社が送り出している4ドア・セダンは世界最高レベルの動力性能と、セダン特有の優れた使い勝手が融合した1台として、いつの時代もファンの熱い視線を一身に受けている。完成された製品をさらに研ぎ澄ませるという手の込んだ試みによって、アルピナB5ビターボは全能のセダンとしての幅広いポテンシャルを獲得している。

極めて頭の切れるビジネスパーソンだが、日ごろからエクササイズを欠かさず、ゴルフの腕前は当然のようにシングル。だが家族との時間を何より大事にしていることには敢えて言及しない。

そんなオトナの男には同性であっても憧れを抱くが、現実にそれらの要件を満たすことは容易ではない。

クルマの世界で言えばそれは、スーパースポーツカーのような飛び切りのスピードを秘めながら、リアにも極めてラグジュアリーなシートを湛えたセダンであり、ラゲッジスペースにはゴルフバッグ2本を余裕で搭載することができる。

一流ホテルのエントランスにつければ、特別な扱いを受けるだけの品格、華やかさも兼ね備えた1台といった具合だろう。

知る人ぞ知るハイエンドなカーメーカー

そんな才色兼備なセダンは広く世界を見渡したとしても何台もない。すぐに思いつくのはアルピナだろう。フロントのチンスポイラーに掲げられた象徴的なALPINAの文字と、ボディサイドに入れられた伝統のストライプ。

ドイツ、ブッフローエの地で1965年に創業して以来、連綿とエクスクルーシブなモデルを製造し続けているアルピナは、独立した自動車メーカーとして固有の車体番号を持つ、知る人ぞ知るハイエンド・カーメーカーである。

全てを叶える全能のセダン、BMW アルピナ B5 ビターボ。その名の通りアルピナ社が送り出す全てのモデルは、BMW車をベースとしている。

B5 ビターボは、現行のBMW 5シリーズ・セダンをベースとして、アルピナ社が独自にチューニングを施したパワートレインとサスペンション・システム、そしてエアロダイナミクスの追求によって設計された前後のスポイラーを装着することで卓越した走行性能を獲得する。

もちろんアルピナのスポーティで上質な仕立ては室内にも及んでおり、豪奢な世界観を具現化している。

現在では自動車メーカーとして認識されているアルピナだが、その原点はエンジン・チューニングにあった。

アルピナによってチューニングされたBMWの4気筒エンジンは驚くほどの高性能と高い信頼性の確保に成功し、同社は'70年代に入るとBMWのレースカー製作を任されるほどの信用を得て、完成車メーカーへと上り詰めていく。

マスプロダクションの製品にスペシャリストが手を加え、より高いレベルに引き上げる試みは珍しいことではない。例えばゴルフの世界でもツアープロのためクラブにバランス調整やチューニングを施す工房が数多あるのと同じことである。

アルピナはエンジンのチューニング技術が認められた結果、クルマ1台を自らの感性によってトータルプロデュースするほどの技を確立したのである。

驚くべきは、BMW車をベースとしてハイエンドモデルを生産するというアルピナのビジネスに対し、BMW社が全面的に協力している点であり、それはBMWの車両保証がアルピナ車に対しても付与されていることでも証明されているのである。

アルピナ固有のボディカラーとして有名なアルピナ・ブルー・メタリックを纏ったB5ビターボは、微かに前下がりの攻撃的なスタンスと相まってすぐに特別なクルマであることを理解できる。

ファッションと同じように、クルマの世界にも流行の色や形状は存在する。だが特徴的なサイドストライプや精緻なスポーク形状のアルピナ・クラシック・ホイールなど、アルピナ車の意匠は時代を越えて継承され、愛されているのである。

リアのラゲッジスペースの容量は、ベース車であるBMW5シリーズと同じであり、ゴルフバッグは横方向に2本搭載することができる。

もちろんシートバックは分割可倒式なので、片側を倒せば3本目を載せることも可能である。また2本搭載の場合は、ラゲッジスペースの奥に十分な余裕が残されている点もBMW5シリーズに通じる美点といえるだろう。

上質なナッパレザーが奢られたコクピットに収まると、アルピナを象徴するブルーの色で染め上げられたメーターパネル、そしてステアリングセンターのアルピナ・エンブレムが主張してくる。

B5ビターボのエンジンは最高出力608psを誇る4.4リッターガソリンのビターボ(ツインスクロール・ターボ)だが、アイドリング時は思いのほか静かである。

B5ビターボのパワートレインはオールラッド(AWD)となっているが、街中を静々と走らせる限りその特殊性を看破することは難しい。

足元にはピレリとアルピナが共同で開発した20インチのピレリPゼロタイヤが奢られているのだが、乗り心地は極めて優しく上質なセダンを直感させる。

昔からアルピナのサスペンションは、時代の最先端を行くようなスポーティなタイヤをやさしく履きこなすことで有名だったが、現在は電子制御式の可変ダンパーが、コンフォートからスポーツまで幅のあるサスペンション性能を担保している。

高速道路のETCゲートを通過すると同時に、サスペンションをコンフォートからスポーツに切り替え、ペースを上げる。アルピナ B5 ビターボは低回転から湧き上がる圧倒的なパワーによって安定した姿勢のままグングンとスピードを上げていく。

ステアリングが微かに重くなってリニアリティが増し、サスペンションからもフワフワとした浮遊感が払拭され、アルピナ B5 ビターボはスポーティに変貌する。

右足のアクションで炸裂する608psは、周囲のクルマが止まって見えるほど圧倒的だが、そんな暴力的ともいえるエンジンパワーをピタリと抑え込むサスペンション・セッティングこそアルピナの伝統芸なのである。

ダイレクト感の高いドライブフィールを誇るアルピナB5ビターボだが、エンジンパワーだけが先行するような怖さは微塵もない。330km/hという最高速を誇るアルピナ製の高性能セダンは、快適なロングドライブに焦点を当てて煮詰められているのである。

スポーツカーの性能を兼ね備えた上質なサルーンこそ、究極のセダン

B5ビターボのドライブフィールはあらゆるスピード域で高い質感が保たれ、しかしリニアなハンドリングは一線級のスポーツカーをも凌駕するほど。

インフォテイメントやアクティブクルーズコントロールといった使い勝手に直結する部分はBMWのシステムをそのまま受け継いでいるため、少量生産メーカーのクルマにありがちな不器用さもない。

BMWとの半世紀を越える友好関係に裏打ちされた奇跡の自動車ブランド、アルピナ。完成度の高いBMW5シリーズをさらに研ぎ澄ませることで生まれる全能のセダンは、スピード感を大切にするゴルファーのライフスタイルにぴったりと合致する1台である。

BMW ALPINA B5 Bi-Turbo LIMOUSINE
メーカー希望小売価格:18,860,000円~(税込)

  • ボディサイズ | 全長4,960 × 全幅1,870 × 全高1,485 mm
  • ホイールベース | 2,975 mm
  • エンジン |V型8気筒 DOHC ツインターボ
  • 排気量|4,394 cc
  • 最高出力 |608ps(447kW) / 5,750-6,250 rpm
  • 最大トルク | 800N・m / 3,300-5,000 rpm
  • Text : Takuo Yoshida
  • Photographer : Koichi Shinohara
  • Golf Course : Tomisato Golf Club

【関連記事】Information

BRUDER が考える究極のセダンとは?

メルセデスのGやポルシェ・カイエン、レンジローバー、ベントレー・ベンテイガ等々……カントリークラブの駐車場で圧倒的な存在感を放つ頂上SUVたち。そんな彼らと異なるスタンスで洒脱をアピールしたい向きが乗るべきは、究極のセダンに他ならない。SUV躍進の陰でフォーマルな立ち位置をより一層強固なものとし、ハイパフォーマンスを身に着けたセダンは、新たな輝きを放ちはじめている。

関連記事はこちら

【関連記事】試乗レポート

ボルボ S90、高い安全性はセダンの絶対条件

エステートモデルのイメージが強いボルボだが、高い安全性と実用性の高さはセダンモデルでも引けは取らないし、ことフォーマルという部分においてはセダンに明確なアドバンテージがある。昨今“新世代”と表現されることが多いボルボのフラッグシップ・セダンは、ゴルファーにどのようなベネフィットをもたらしてくれるのか。

関連記事はこちら

問い合わせ先

アルピナ http://alpina.co.jp/

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる