CAR

Information

レンジローバー・ヴェラール、2018年の最も美しいモデルに選出。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンから、ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「レンジローバー・ヴェラール」としては初となる特別仕様車「ヴェラール BASIC」、「ヴェラール PLUS」、「ヴェラール DYNAMIC」が登場した。

ヴェラールはレンジローバー・ファミリーとしては4番目にあたる、イヴォーグとスポーツの中間に位置するミドルサイズSUVとなる。

ヴェラールは今年「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー 2018」に選出されており、世界で最も美しいクルマと評価された。

この受賞を記念し、ヴェラールの世界観や先進性、デザイン性の高さを体感してもらうべく、人気の高いオプション(約70万円〜90万円相当)を標準装備した特別仕様車が企画された。

特別仕様車に用意されたパワーユニットは、ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボディーゼル(最高出力180ps・最大トルク430Nm)と、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリンターボ(最高出力250ps・最大トルク365Nm)の2種類。

車間距離を維持しながら走行をサポートする「アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」などのドライバー支援システムをはじめ、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態の確認ができる「リモート」機能や、同時に8台までWi-Fi接続可能な「コネクトプロパック」を標準装備する。

もっともリーズナブルな「BASIC」は、特別装備を追加しながらも、エントリーグレードとして車両本体価格は据え置きにされた。「PLUS」は18インチ「スタイル1022アロイホイール」を装備し、エンジンタイプとシートの選択肢を2種類用意。

より個性を際出たせた「DYNAMIC」は「ヴェラールR-DYNAMIC」をベースに、7種類のメタリックペイントをはじめ、パーフォレイテッド・グレインレザーシートや20インチ「スタイル7014アロイホイール」などの装備が与えられている。

価格は税込みで「BASIC」が699万円、「PLUS(ディーゼル)」が749万円、「PLUS(ガソリン)」が765万円、「DYNAMIC」が856万円。

英国流のシンプルで美しいスタイリングに加え、キャディバッグを易々と飲み込む673リットルものラゲッジルームも備えるヴェラール。今回、充実の装備を備えた特別仕様車が3種類も登場したことで、ゴルファーにとっても、さらに魅力的な選択肢になっと言えそうだ。

問い合わせ先

ジャガー ランドローバー ジャパンフリーダイヤル:0120-18-5568

ランドローバー: https://www.jaguar.co.jp/index.html

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
検索する検索する メニュー
閉じる