旅する写心

「旅する写心」〜New World Symphony

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

「旅する写心」〜Flowers Will Bloom

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

「旅する写心」〜Can’t Help Falling In Love

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

「旅する写心」〜Almost Paradise

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

「旅する写心」〜White Sand Beach

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

「旅する写心」〜Follow The Sun

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

「旅する写心」〜Spring has come

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

旅する写心 〜Con Te Partirò

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

旅する写心 〜Bei Mir Bist Du Schön

先日カメラ雑誌の編集長と話をした。その中で風景写真を撮るときにアマとプロで大きな違いがあるそうだ。 それは何かというとアマは雑誌やネットで撮影ポジションを調べる。プロはとにかく歩く。なるほどナ…。僕も写真展を開いているとカメラが好きな人は必…

旅する写心 〜I Didn't Know What Time It Was

文化が交わった街ではジャズやレゲエが生まれビートルズのようなバンドも育った。品種の違うワインをブレンドすると驚くような深みのある味わいとなる。 LAにあるリビエラCCの地域はサンタモニカがある太平洋の海は寒流で冷たい空気が漂い、山からの砂漠性気…

旅する写心 ~In Between Dreams

ゴルフ場に行って幸せを感じる瞬間。それは自然の景色はもちろん都会では普段味わえない空気感と自然が作り出す音かもしれない。今週のPGAツアーの開催場所は南カリフォルニアのトーレーパイン。海岸沿いにはトーレーパインのコースが広がる。波の音が聞こえ…

旅する写心 〜I Miss You My Hawaii

年が明けてPGAツアーのハワイシリーズが始まった。映像でハワイのゴルフを観ていると心がざわつく。旅ができない我慢の日々、心はすでに潮風に吹かれています。

旅する写心 〜Magnolia Lane

先日発表された今年最後の男子世界ランキングで金谷拓実が50位にランクインし来春のマスターズ出場を決めた。 11月のアジアパシフィックアマチュア選手権の優勝で中島啓太はすでに権利をつかんでおり、ディフェンディングチャンピオンの松山英樹に続き若手の…

旅する写心 〜Follow the Dream

プロゴルファーは子どもがゴルフがわかるようになった時、かつての自身の栄光の瞬間をもう一度見せられないかと考える。 しかしそれは簡単なことではない。若い選手がどんどん力をつけ自身の今の立ち位置を考えるとぼんやりとした夢に終わってしまうことがほ…

旅する写心 〜A Place In The Sun

ゴルフ場のメンバーにとって加入の決め手はコースレイアウト、クラブライフ、そして練習場かもしれない。しかし日本では練習場の存在にあまりウェートが置かれていない。 なぜコースを造るときに練習場ありきで設計しないのか不思議だ。もちろん敷地の問題だ…

旅する写心 〜Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

地球温暖化対策を話し合うCOP26がグラスゴーで始まった。地球温暖化はゴルフ場にとっても影響が大きい問題。グラスゴーで開催されたのはすごく重要なことだと思える。 18世紀半ばに起きた石炭利用によるエネルギー革命はここグラスゴーを中心に始まった。そ…

旅する写心 〜STARDUST

あれは遠い日の想い出。必死に記憶の糸を手繰る。日本のゴルフファン念願のPGA tourがやってきた日。その記念すべき日にタイガーは82勝目という金字塔で祝ってくれた。 あれからたった2年の間に色々なことがあった。タイガーは生死をさまようような事故に遭…

旅する写心 〜Hundred Miles

米プリンストン大の真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞した。プリンストン大というのは日本人にとっては馴染み薄い名前かもしれないがゴルフ界にとってはとても重要な役割を果たしていた。 赤星六郎はプリンストン大留学中にゴルフを覚え同大ゴルフ部のキ…

旅する写心 〜Orpheus in the Underworld

今週1年延期になっていたライダーカップが開催される。場所はあのウィスリングストレイツ。何度かメジャーの舞台になったそれはそれは恐ろしいコースだ。 私が初めて行ったライダーカップは1991年のキアワアイランド。ピート・ダイのコースで初開催の大会は…

旅する写心 〜Black & White

今回僕は東京を離れ少し田舎に居を構えた。確かに都心に住んでいるととにかく便利で満たされるものも多い。しかし何かが足りないと感じるひと時を愉しみたいと思うようになった。 それはカメラも同じだ。今の機能は全てが満たされていて、携帯電話でも素晴ら…

旅する写心 〜I Got Rhythm

今年の全英女子オープンはスウェーデンのアンナ・ノルドクビストが優勝でメジャー3勝目を飾った。スウェーデン出身の女子プロといえばリサロッテ・ノイマンとアニカ・ソレンスタム。 ノイマンは1988年にルーキーながら全米女子オープンで優勝。僕にとって2…

旅する写心 〜NO GOLF, NO LIFE

オリンピックが終了し、僕には多様性という言葉が心に残った。“ゴルフの多様性”とはなんだろう。ゴルフにはルールとともにマナーの存在がある。それはゴルフというそのものの大事なエッセンスになっている。 そのエッセンスを壊してしまうとゴルフという土台…

旅する写心 〜Aim for the top

オリンピックが始まった。少し霞ヶ関CCの歴史を遡ってみよう。1929年、米国でゴルフを学び帰国した藤田欽哉がこの土地に惚れ込みまず18ホールのルートプランを考えた。そして赤星四郎、井上信、清水揚之助、石井光次郎の四人それぞれが数ホールの設計を担当…

旅する写心 〜The House of The Rising Sun

昨年中止となった全英オープンが今週Royal St.George’sで開催される。全英オープンといえばスコットランドの激しい天候をイメージするだろうがこのイングランドを代表するセントジョージズも、ひとたび風が吹くと手がつけられないほど厄介なコースだ。 この…

旅する写心 〜「コース巡礼」43.パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ

最近よく夢を見る。それは旅をする夢だ。ボクだけなのかな…我慢というものには期限があってそこまでは頑張ろうとなるのだが。 海に囲まれたゴルフ場パサージュ琴海。大村湾に浮かぶあの絶景が頭にこびりついて離れない。夢にはしっかりと船の曳き波まで映し…

旅する写心 〜My Fathers Eyes

2008年「全米オープン」最終日トップのロッコ・メディエイトは1打差ですでにホールアウトしていた。タイガー・ウッズはこの最終ホール少なくともバーディか3日目のようにイーグルを決めなければいけなかった。 タイガーはカリフォルニアで育ちジュニアの頃…

旅する写心 〜Dream a Little Dream of Me

これまで男子メジャーは随分行ったが女子メジャーにもよく行った。中でも全米女子オープンは24回。最初に行った1987年大会で岡本綾子が2位だったこともありぜひ優勝の瞬間を見たい思いからその後も小林浩美、福嶋晃子、宮里藍、宮里美香を追いかけた。 いろ…

旅する写心 〜「コース巡礼」42.キアワアイランド オーシャンコース 18番ホール

40年近くの取材歴の中で一番興奮した大会を聞かれると決まって答えるのが1991年のライダーカップ。それはマスターズでもなく全米でも全英でもない、日本人が誰も出場していない大会。その舞台となったキアワで今年のメジャー2戦目全米プロが開催される。 PGA…

旅する写心 〜I’ll Remember April

コースを語る上で設計者が誰とかホールレイアウトがどうとかよく話し合われるが、意外と少ないのが18ホールのルーティングプランだ。記憶に残るコースはこれが大きな要素を占めている。 コースを造る上で与えられた土地にどのように18ホールのルートを描くか…

旅する写心 〜You’d Be So Nice To Come Home To

最初の一歩を踏み出すには・・・僕にとってのマスターズへの最初の一歩はギャラリーとして入った1987年だった。 翌88年にPGAツアーの取材を1年通して経験。89年から正式にPRESSとして許可が下りそれ以来マスターズの取材を欠かすことなく続けてきた。 日本人…

旅する写心 〜Wonderful World

桜が咲いたコース撮影のため東へ西へと飛び回る。僕にとってはマスターズ期間と重なり開花時期で撮れたり撮れなかったり。最近では地球温暖化の影響なのかマスターズ前に撮れることが多くなってきた。 日の出前にコースに到着するため午前3時に起きて天気を…

旅する写心 〜Maiden Voyage

神戸の旧居留地にあるオリエンタルホテルの壁に一枚の地図が飾られている。落書きのような簡単なものだが不思議と吸い込まれるように見入ってしまう自分がいた。 神戸が開港した1868年に一人のイギリス人青年が神戸に上陸した。その名はアーサー・ヘスケス・…

旅する写心 〜Time After Time

記録というものはいつかひょんなことで途絶えるもの。私にはマスターズの連続取材記録の他にもう一つ密かに大事にしていたものがあった。 それはリビエラで開催される通常LAオープン(現在はジェネシス招待)と呼ばれるもの。1988年から取材を始め昨年まで33…

旅する写心 〜My Funny Valentine

科学技術の発達は今まで不可能だったものを可能にする凄い力がある。欧米ではこの時期当たり前のように目に鮮やかな緑のフェアウェイでゴルフを楽しむことができる。 秋口にオーバーシードすることによって緑鮮やかなところでゴルフができるのだからゴルファ…

旅する写心 〜I’ll Follow The Sun

米女子ツアーのコミッショナーマイク・ワン氏が年明け早々突如今年いっぱいでの辞任を表明した。低迷していた女子ツアーをグローバル化し、世界中のスポンサーを集め、放映権ビジネスを成功させた。 世界のゴルフツアーは現在では大成功を収めているように思…

旅する写心 〜First dream of the year

海外のコースに行くと練習場でよく目にするのが綺麗にピラミッド状に積み上げたられたボール。なぜこのような形式になったのかは未だに謎なのだ。 初めて目にするとまずどのようにして積み上げたのかが気になる。そうして意を決して1球目を崩す。なにか申し…

旅する写心 〜Silent Night

永らくペブルビーチの撮影を続けている。そこでよく質問されるのはペブルビーチで一番綺麗な季節は?私は迷わず12月と答える。そんなペブルビーチも今年に限っては寂しい12月を迎えた。 モントレー郡は12月13日から1月10日まで地域の外出禁止令を発行した。…

旅する写心 〜Here’s to the Earth

ナスカの地上絵には現在も多くの謎が残されている。古代のミステリーは解明されることも必要かもしれないが神秘的なままの方がロマンチックかもしれない。 ドローンの登場はゴルフ場の撮影においてもこれまでにない表現ができる。それまでもヘリやセスナで航…

旅する写心 〜As Time Goes By

コースをランキングで語るのも一つだが、四季の移ろいが美しい日本、一日プレーしながら何気なく目に飛び込んでくる一瞬を楽しませてくれるコースもまた良いものだ。 古来から季節の移り変わりを楽しむ暦に「二十四節気」(にじゅうしせっき)と「七十二候」…

旅する写心 〜「コース巡礼」41.京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース 1番ホール

京都は夏が暑く、冬は底冷えするほど寒い。だからと言って嫌いかというと大好きなのだ。 いろいろ旅をしてきて気がついたことは、寒暖差が激しいところほど食べ物は美味しいし景色が綺麗だ。 暑いの寒いのと言う人にはこのご褒美を味わうことができない。寒…

旅する写心 〜「コース巡礼」40.シャーウッド カントリークラブ

ロサンゼルスで「超」が付く名門コースといえばLA、Riviera、Bel-Air、Wilshireだ。1980年の後半もう一つ「超」の付くプライベートコースを作ろうとハリウッド俳優やスポーツ選手から声があがり出来たのがシャーウッド。 設計者は南カリフォルニア最後の設計…

旅する写心 〜To Sir, with Love

最近よく聞かれるのがカメラマンの鞄の中身。私の「旅する写心」スタイルは他の方とは多少違うかも知れない。 ゴルフコースの撮影はとにかく天気に左右されやすい。スマートフォンで天気を見ては一喜一憂する仕事。でも天気の悪い日は思い切って気分転換でゴ…

旅する写心 〜「コース巡礼」39.ザ・サイプレスGC 6番ホール

喧騒から逃れたくなる時がある。渦の中に飲み込まれていると見えないものから、少し勇気を持って離れることが時には必要だ。 そういう気分を満たしてくれるのがザ・サイプレスゴルフクラブ。人は何かを始める時にウォーミングアップはするもののなかなか上手…

旅する写心 〜「コース巡礼」38.ミッションヒルズ 6番ホール

例年だとLPGAのメジャー初戦としてマスターズの前週に行われるANAインスピレーションはコロナ禍の影響で今週開催(9月10日~)となった。 いつもの時期だとこのパームスプリングス一帯は最高の季節でパラダイスと言っていい。しかし、それがこの季節砂漠は危…

旅する写心 〜「コース巡礼」37.ウィングドフット 18番ホール

開催が危ぶまれた今年の全米オープンはニューヨーク郊外のウィングドフットで行われる。難コースで知られるウィングドフットはティリングハストの代表作であり、超名門としての風格も格別である。 僕は1997年の全米プロと2006年の全米オープンに加え、その両…

旅する写心 〜「一瞬のアダージョ」2007年 ダンロップフェニックス

石川遼がアマチュアで初優勝したのが2007年。その年のダンロップフェニックスで僕は初めて彼をファインダーに収めた。 もうすでに時の人になっていてどんなプレーをするのかロサンゼルスからワクワクした気分で帰国した。 高校1年生の遼は恐れるものは何もな…

旅する写心 〜「コース巡礼」36.TPCハーディングパーク 6番ホール

コロナ禍で日程が大きく変わった中、いよいよ今年初のメジャー全米プロゴルフ選手権がサンフランシスコのTPCハーディングパークで開催される。 全米プロはこれまで名門コースでの開催が中心だったが全米オープン同様、誰もが普段プレーしているコースで開催…

旅する写心 〜A Change Is Gonna Come

今年ウィスリングストレイツで開催予定だったライダーカップが来年に延期となった。このコースの近くには姉妹コースのブラックウルフ・ランがある。このコースで初めてビッグトーナメントが開催されたのが1998年の全米女子オープンだった。 この試合は女子ツ…

旅する写心 〜「コース巡礼」35.ロイヤル・セントジョージズ・ゴルフクラブ 4番ホール

今年の全英オープンは新型コロナの影響を受け中止となった。Royal St George’sにとっては2011年以来の開催が来年に持ち越された。1860年に始まった全英オープンでスッコットランド以外での開催は1894年の同コースが初だった。 ロンドン市内にも古くから名門…

旅する写心 〜「一瞬のアダージョ」1991年 Ryder Cup

1991年に初めて行ったライダーカップは史上最高のエキサイティングな試合となった。「キアワの決闘」として語り継がれる戦いとは。 大会直前にスティーブ・ペイトが交通事故でプレーできないアクシデントの幕開け。両チームにさらに火がついた。当時欧州チー…

閉じる