BMW 8シリーズに美しい4シーターカブリオレが登場、スポーツカーをも凌ぐ運動性能も魅力

f:id:graphishio:20190304112158j:plain

  • f:id:graphishio:20190304112238j:plain

BMWは、最上級ラグジュアリークーペ「8シリーズ」のオープンモデル、「BMW8シリーズ・カブリオレ」の日本導入をスタートした。2018年末に発表された8シリーズ・クーペは、低く伸びやかなシルエットに、美しいルーフライン、艶麗なリヤフェンダーなど、優雅さと強烈な存在感を持つモデル。

ラグジュアリークーペながらもスポーツカーを凌ぐ運動性能を誇っており、ロングドライブから、サーキットでのスポーツ走行までも楽しむことができる。

  • f:id:graphishio:20190304112223j:plain

今回、新たに加わった「8シリーズ・カブリオレ」は、クーペの美しさや運動性能を確保しつつ、オープンモデルならではの解放感を備えた1台。

キドニーグリルやデッキを取り囲むモールディングなどにクローム加飾をアクセントとして採用し、さらに繊細なデザインの「20インチ・マルチスポークホイール」が専用で与えられたともあり、カブリオレらしい洗練されたラグジュアリー感が演出されている。

  • f:id:graphishio:20190304112200j:plain
  • f:id:graphishio:20190304112206j:plain
  • f:id:graphishio:20190304112152j:plain

ソフトループトップは、ベースとなったクーペの美しい造形を崩すことなく、なめらかな流線形を描くようにデザインされた。50km/h以下の走行時でも、約15秒でフルオープンにすることが可能。

さらにオープン状態でもトランク容量は280リットルを確保した。ゴルファーにとっては無視できない、必要にして十分な実用性も兼ね備えていると言えるだろう。

  • f:id:graphishio:20190304112227j:plain

  • f:id:graphishio:20190304112215j:plain

室内はエクステリアと調和した高級感をまといながら、前後方向への意識を強調するようにデザイン。乗員の視線が自然と前方へと向かい、高い走行性能への期待感を煽るようにレイアウトされている。

注目は透明度が非常に高いクリスタルで作られたシフトノブ。クラフテッド・クリスタル・フィニッシュを採用し、その中には数字の「8」が浮かび上がる仕様となっている。

  • f:id:graphishio:20190304112234j:plain

8シリーズ・クーペにも採用されている、新開発4.4リッターV型8気筒エンジンを搭載。最高出力530ps・最大トルク750Nmを発揮し、0-100km/h加速は3.9秒を実現した。

また、足回りは従来のアクティブサスペンションに加え、新たに電子制御アクティブ・スタビライザーを装着した「アダプティブMサスペンション・プロフェッショナル」、「Mアクティブ・ディファレンシャル」を装着。

コーナリング時の安定性と俊敏性を大幅に向上させている。

  • f:id:graphishio:20190304112156j:plain

ボディは内部構造部材にカーボン素材、ボディパネルにアルミ素材を効果的に使用することで、オープンボディながらも車両重量を2120kgに抑えることに成功。

エクステリアの優雅さからは想像できないほどの、スポーティーな走行性能に寄与している。

19年ぶりに復活した「8シリーズ」に加わった待望のカブリオレモデル、その価格は1838万円(税込)。このクラスのオープンモデルとしては貴重な4シーターとなる。さらにメタルトップでなくソフトトップを採用したことで、幌を畳んだ状態でもある程度のトランク容量を確保しているのは、ゴルファーとしても嬉しいポイントだろう。

お問い合わせ先

  • BMW ジャパンフリーダイヤル:0120-269-437

    www.bmw.co.jp
閉じる