フェラーリ史上最強のV8オマージュモデル 488GTBの後継「F8トリビュート」デビュー!

f:id:graphishio:20190312101314j:plain

  • f:id:graphishio:20190312101248j:plain

フェラーリが、新型「F8トリビュート(Tributo)」の公式画像を初公開した。フェラーリの中核をなすV8ベルリネッタ「488GTB」の後継モデルとなり、そのネーミングにはオリジナルモデルの妥協なきエンジンレイアウト、そしてパワーへのオマージュが込められているという。

搭載される排気量3902ccV型8気筒ターボエンジンは、720psという圧倒的な出力を発揮。F40などのスペシャルシリーズを除くフェラーリ史上、最もパワフルなV8エンジンとなる。また、このV8ターボは2016年、2017年、2018年と、3年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」の「最優秀エンジン」を獲得。2018年には過去20年にわたる歴代の「最優秀エンジン」の中で最も優秀なエンジンを選出する特別賞「ベスト・オブ・ベスト」も受賞している。

  • f:id:graphishio:20190312101252j:plain

大成功を収めた「488GTB」の後継モデルとして、各セクションで徹底的に見直しが図られ、限界領域でのドライビング性能だけでなく、快適性も大幅に向上した。

「488GTB」と比較すると、最高出力は50ps高められ、40kgもの軽量化を達成。さらに空力効率が10%も上回っているほか、最新スペックの「サイドスリップ・アングル・コントロール・システム」を搭載し、ドライビングダイナミクスも大きな進化を果たした。

この結果、多くのドライバーが限界域でのパフォーマンスを簡単に引き出し、コントロールできるようになったと、フェラーリは胸を張る。さらにステアリングホイールの小径化によって、グリップ感覚も強化。細かなステアリング操作に反応する車輌の挙動が、より明確につかめるようになっている。

  • f:id:graphishio:20190312101256j:plain

フロントセクションには「488 Pista」で初めて導入された「Sダクト」を装備。このエリアの再設計によって、フロントマスクのデザインが刷新されただけでなく、総ダウンフォース量が大幅に増加した。

よりコンパクトになったフラットタイプの新型LEDヘッドランプの採用で、ブレーキ冷却用インテークをバンパー外側のインテークと一体化させることにも成功した。これはさらなる高速化に向けた対応策で、ホイールアーチ全体のエアフロー改善を目指しての措置だ。

  • f:id:graphishio:20190312101306j:plain

レキサン製リヤウインドウを透してエンジンルームを楽しむことができるのも「F8トリビュート」の特徴のひとつ。これはフェラーリ「F40」のデザイン要素を現代的にアレンジしたもの。

また、リヤウインドウルーバーは、リヤのダウンフォースを増加させるだけでなく、エンジンルーム内の熱排出を効率的に促してくれる。

  • f:id:graphishio:20190312101309j:plain

リヤスポイラーがテールライトを包むことで、視覚的に車輌の重心位置を下げ、ツインライトクラスターとボディカラーのテールパネルという、かつてのフェラーリの特徴であるクラッシックなテール構成を蘇らせた。

これはV8シリーズ最初のモデル1975年製「308 GTB」をはじめとする、初期の8気筒ベルリネッタのシンボルのひとつだ。

  • f:id:graphishio:20190312101302j:plain

スーパーカー世代にとって、フェラーリの「V8ベルリネッタ」は今も昔も憧れの存在。かつてのV8スーパースポーツのエッセンスを、いくつも現代に蘇られた「F8トリビュート」は、BRUDERの読者にとって見逃せない1台になるはずだ。

現時点で日本導入のタイミングは発表されていないが、詳細なレポートを楽しみにしていてほしい。

お問い合わせ先

閉じる