ジャガーXE、2018年モデルが登場。世界販売台数300台の600psを誇る「XE SV PROJECT 8」も

ジャガーのスポーツサルーン「XE」の2018年モデルが登場した。今回、設計から生産までジャガーによって手がけられた3種類の2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンを新たに導入。さらに最高出力を380psを誇る3.0リッターV型6気筒スーパーチャージドガソリンを搭載するハイパフォーマンスモデル「S」、2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンモデルなど、幅広いラインナップは健在だ。

安全性はさらに高められており、歩行者検知機能が付いた自動緊急ブレーキ(AEB)、クルマの周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示するサラウンドカメラシステムを強化した「フォワード・トラフィック・ディテクション」、車線変更時の衝突回避をサポートする「ブラインド・スポット・アシスト」などの、最新セイフティデバイスが新たに採用された。

インテリアに目を移すと、10.2インチ静電式タッチスクリーンを装備する「InControl Touch Pro」が進化。運転席と助手席の乗員が同時に異なるコンテンツを見ることが可能なデュアルビュー機能を新たに搭載した。オプションで通信機能を導入し、スマートフォンのアプリを介することで離れた場所でもドアロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認、緊急時にはSOS緊急コールに繋ぐことも可能になった。

また、ジャガー「F-TYPE Project 7」に続くコレクターズエディションの第2弾として「XE SV PROJECT 8」が登場。最高出力600ps・最大トルク700Nmを発揮する5.0リッターV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンを搭載し、最高速度は約322km/h、0-100km/hは3.3秒の圧倒的な性能を誇る。

ボンネット、バンパー、フェンダー、サイドスカート、フロントスプリッター、リヤウィングにはカーボンファイバーを使用。ジャガーが誇る軽量アルミニウム構造もあり、車両重量を最小限に抑えることに成功した。車高は公道仕様に加えて、15mmも低いサーキット仕様の2種類を用意。リヤシートを潰した2シーターのサーキット仕様では、カーボンファイバーレーシングシートをオプションで選択できる。公道仕様はオイスターコントラストステッチを施したエボニーレザーシートを装備し、フロントは軽量マグネシウムフレームを採用したパフォーマンスシートが採用されている。

このスペシャルなXE SV PROJECT 8の世界販売台数は300台。早期受注をスタートした日本への割り当て分は、すでに完売しているが、今後も世界受注が300台に達するまでは、優先的に英国本社から取り寄せることが可能だ。張り出したフェンダーと大きなウイングがスパルタンな雰囲気を醸し出す「XE SV PROJECT 8」の価格は2181万円(税込)。スタンダードモデルはエンジンや駆動方式の違いで14車種、451万円〜839万円と幅広い選択肢が用意されている。

コンパクトなスポーツサルーンながらも、4人が快適に移動できるユーティリティ性を持つXE。ゴルフクラブへの快適な“足”としてベーシックグレードを選ぶか、スポーツカーをも圧倒する380psのV6モデルで高速走行もワインディングも楽しむか。 サーキット専用の2シーターモンスターで徹底的に「飛ばし」にこだわるか、豊富なラインナップゆえ、1台に絞り込むのに頭を悩まされそうだ。

閉じる