70周年を記念した「LaFerrari Aperta」、830万ユーロ(約11億円)で落札

イタリア・フィオラノで開催されたRMサザビーズ・オークションにおいて、フェラーリ70周年を記念した「LaFerrari Aperta」が、830万ユーロ(約11億円)で落札された。

このチャリティオークションのために、フェラーリは70周年記念限定モデル「LaFerrari Aperta」に、特別なカラーリングを施したスペシャルバージョンを持ち込んだ。ベースカラーは鮮やかなロッソ・フォーコ(メタリックレッド)でペイント。ボンネットとリヤセクションには、ビアンコ・イタリア(メタリックホワイト)のダブルレーシングストライプが描かれた。また、インテリアはブラックのアルカンターラに、シャイニーブラックのカーボンファイバーを組み合わせ、レッドのレザーインサートとステッチがアクセントを与えている。

今回のオークションは、フェラーリの70周年を祝うイベント「Leggenda e Passione」内で行われた。会場となったフィオラノ・サーキットには、特別に招待されたカスタマーのみが参加。また、「LaFerrari Aperta」以外にも、様々なヒストリーを持った貴重なクラシック・フェラーリが何台も競売にかけられており、単独ブランドのコレクターズカーを扱うオークションとしては、前代未聞の規模になったという。「LaFerrari Aperta」のオークションの収益金は、子供達の教育プログラムを推進する慈善事業団体「セーブ・ザ・チルドレン」に全額寄付される。

 
閉じる