【ブランド別春夏新作】格上のターフ映えを狙うなら、お茶目な色柄アイテム選びがカギ Vol.01

 

間もなくやってくる春。そろそろ衣替えを考え始めている方もいるのでは? そんな感度の高いゴルファーに向け、新作ゴルフウェアを、ブランドごとに先取りしてご紹介。そこに浮かび上がるトレンドの共通項は、ずばり色柄アイテム。そんなお茶目なアイテムをどう選び、どう攻略して着こなすかが今季の成功のカギだ。ターフ映えする個性的なスタイルを、ぜひものにしてほしい。

INDEX目次

Callaway Apparel

f:id:bruder_yukas:20190313173055j:plain

ポロシャツ¥12,000 パンツ¥12,000 キャップ¥4,800/すべてキャロウェイアパレル グローブ¥2,400キャロウェイゴルフ ※すべて税抜、編集部調べ

リゾートのゴルフコースで着こなしてみたいのが、こんなポロシャツ。鮮やかなイエローはインパクトがあり、明るい印象を与えてくれる。さらに全体にプリントされたボタニカル柄が、リゾートな気分を高めてくれる。パンツはシャツのプリントと色をリンクさせ、ホワイトをチョイス。そうすることでシャツの柄も引き立ちつつ全体に統一感が生まれる。キャップもホワイトでつないで。

Rosasen

f:id:bruder_yukas:20190313174201j:plain

左:ベスト¥16,000 ポロシャツ¥14,000 パンツ¥15,000 キャップ¥5,500/すべてロサーセン
右:ポロシャツ¥14,000 パンツ¥13,000 ハット¥8,000/すべてロサーセン キャップ¥5,500/ヒールクリーク ※すべて税抜、編集部調べ

サーフTシャツを思わせるマルチボーダーと、ざっくりした編地が特徴の鹿の子半袖ポロシャツが主役。通気性に優れているので快適にゴルフが楽しめる。兄貴分と色違いのお揃いというのも一興。弟分は清涼感のあるネイビーを選択し、全体をブルー系でまとめれば若々しい印象に。左肩に大きく「Rosasen Surf」と刺しゅうが入っており、サーフな気分を柄とともに盛り上げる。ビーチでも着てみたい。

弟分がブルー系コーディネートで清潔感のある方向にもっていくなら、兄貴分は同じマルチボーダー柄でもベージュをチョイスし、落ち着いた貫禄あるエルダーな配色とテクで見せる。パンツはネイビー無地でトーンを抑え、ポロシャツはインしてベルトできちんとウエストマークすれば端正なイメージに。ハットで大人感を加えて完成。

Pearly Gates

f:id:bruder_yukas:20190313174324j:plain

ポロシャツ¥19,000 カーディガン¥42,000 パンツ¥25,000 キャップ¥6,400 ポーチ¥8,000 グローブ¥5,400/すべてパーリーゲイツ  ※すべて税抜、編集部調べ

2019年で30周年を迎えたパーリーゲイツ。ポロシャツの波打って見えるプリント柄は、じつは創業年である「1989」をモチーフにデザインされたもの。それを中心にピンクのパンツと、ターコイズブルーのキャップをプラスし、リゾートらしい雰囲気でまとめてみたい。カーディガンの腰巻きや、カラフルなポーチづけで大人の遊び感覚を表現すれば、格段にこなれた印象に。

 

COOPERATION協力

大原・御宿ゴルフコース

アクセス:圏央自動車道/市原鶴舞IC 30 km
予約はこちら

STAFFスタッフ
Model
Laurent Takigawa & Akira Hibino
Photo
Yoshiaki Tsutsui
Styling
Kaz(Balance)
Hair & Make up
Megumi Matsumoto
Text
Gotaro Hosomura
Direction
Kenji Koga
Edit
Yuka Sato

お問い合わせ先

パーリーゲイツ TEL.03-6748-0092

https://www.beams.co.jp/beamsgolf/
閉じる