新型ポルシェ マカン、様々なドライブ支援装置を標準装備しさらに魅力を増した

  • f:id:graphishio:20190131101301j:plain

ポルシェ ジャパンは、新型マカンを2019年夏から日本全国のポルシェ正規販売店にて発売する。2013年に誕生したマカンは、ポルシェのDNAを凝縮させたミドルクラスSUV。

その最大の魅力は洗練されたスポーツカーを思わせるドライビングダイナミクスで、意のままに操れるハンドリングとプレミアムセダンを彷彿とする快適性を両立させた。マカンはSUVの世界に新たなスタンダードを打ち立てており、2017年末までの累計販売台数は31万8000台を越えてる。

  • f:id:graphishio:20190131101257j:plain

第2世代目マカンのエクステリアデザインは、ポルシェの伝統的なスタイリングを現代流に再解釈。LEDヘッドライトを標準装備したほか、リヤには他のモデルと同じく「LEDライトストリップ」を採用している。

各部に3次元的なデザインが施されたことで、ポルシェのDNAをこれまで以上に色濃く反映し、よりスポーツカー然とした流麗なフォルムに生まれ変わったと言えるだろう。

  • f:id:graphishio:20190131101314j:plain

ドライビングダイナミクスに目を移すと、フロントサスペンションの一部をアルミ化して1.5kgの軽量化を達成。合わせてアンチロールバー、スプリング、ダンパーなどの設定を見直すことで、さらにシャープなハンドリングを実現した。バネ下荷重の低減により、乗り心地は大幅に改善したという。

マカンはデビュー当初より前後で異なるサイズのタイヤを採用していたが、この特徴は新型にも引き継がれ、標準でフロントが235/60R18、リヤが255/55R18を装備。また、オプションで19〜21インチのタイヤを装着することも可能となっている。

  • f:id:graphishio:20190131101306j:plain

2リッター直列4気筒ターボエンジンは焼室形状を見直すなどの最適化を図ることで、252psの最高出力と370Nmの最大トルクを達成。7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)と電子制御式多板クラッチを介して、4輪を駆動する。

ドライブ支援装置は、高性能センサーを採用するとともに、画像処理性能を向上させることで新機能を追加。標準装備の「アダプティブ・クルーズ・コントロール」にはブレーキアシスト機能、歩行者検知機能が含まれる。また、渋滞時に停止と発進を自動的に繰り返す「トラフィックジャム・アシスト」もオプションで選択可能だ。

車線変更時に斜め後方の車両の存在を知らせる「レーンチェンジアシスト」には、車庫入れ時に画像と警告音で車両の前後の様子を伝える「サラウンドビュー付きパークアシスト」が標準装備された。また、レーダーとカメラで車線を認識してステアリング操作を補助する「レーンキープアシスト」(65km/h以上で作動)もオプションで選ぶことができる。

  • f:id:graphishio:20190131101253j:plain

インターネットと常時接続された新世代の「ポルシェ・コミュニケーションマネージメント」(PCM)は、標準装備。ダッシュボード上のタッチスクリーンディスプレイは、7.2インチから10.9インチへと拡大。また「Porsche Connect」に、「お腹がすいた」「ガソリンスタンドに行きたい」などと、話しかけるだけでナビゲーションの目的地が設定される音声認識機能も装備されている。

  • f:id:graphishio:20190131101249j:plain

数々の装備が追加されながら、価格は699万円(税込み)〜に据え置かれた。最初にデリバリーされるのは装備内容を充実させた「ファーストエディション(889万円〜)」と「シュポルトエディション(916万4000円〜)」となる。

日本でも使いやすいサイズはそのままに、走行性能は大幅に向上。さらに様々なドライブ支援装備が標準で搭載された新型マカン。多くのゴルファーにとっても、さらに魅力的な存在となったと言えるだろう。気になるラゲッジスペースの使い勝手をチェックすべく、日本導入後に恒例の「キャディバッグ搭載企画」を行う予定だ。

お問い合わせ先

閉じる