【春夏最新】オーラ漂いまくりのこなれスポーティを作る3つのテクニック Vol.1

f:id:bruder_yukas:20200407163825j:plain

腕前はよく見せつつも、ストイック過ぎない余裕を感じさせるのが、嫉妬されてしまうオトコのカッコよさ。スポーティで爽やかなのはいいことですが、ただのスポ根野郎になってはいけません。トレンド感の漂う、ちょいストイックぐらいのこなれ感がちょうどいい。一目置かれる、オーラむんむんのスタイリングに必要な、3つのテクニックをご覧にいれましょう。

 

オーラ漂いまくりのこなれスポーティを作る3つのテクニックとは?

Technique01 モックネックで都会的かつ艶っぽく

ポロシャツの襟をピンと立てるのは、じつは女子たちの間で賛否両論あるのはご存知ですか?そこで赤丸急上昇中なのが、モックシャツ。1枚でも画になるし、同じポロシャツでも、インナーにモックを合わせるだけで、新鮮で都会的な雰囲気に。ゴルフの腕前もよさそうに見えるし、大人のちょい色気を醸すのに絶好です。

Technique02 街着の要素をプラスして、ガチスポーティを回避

まんまスポーティはもう過去のもの。お洒落賢者は“こなれ感”を演出するもんです。それを実現するのが街着ライクなアイテム。それってゴルフウェアなの? なーんて聞かれるぐらいでちょうどいい。逆にいえば街着でも通用するくらいのスタイルがいいんです。

Technique03 色数を抑えてスマートさを加速

色数を抑えるって、じつは簡単なようで難しい。同系色コーデは、色の濃淡で表情をつくるのがキモ。こなれ感を演出する近道です。

 

Callaway Apparel

シンプルなのに存在感あり、最新アイテムオンパレード

モックシャツに重ねるのは、パーカなのにハイネック。これじつは“スウェッター”と呼ばれる、セーターとスウェットの中間をいく最新アイテム。着心地最高で、程良いスポーティ感がこなれたオーラを演出してくれます。トレンドをいち早く掴んで、「それ、どこの?」と聞かれることも、妬まれオトコのステータス。パンツはデジタルカモ柄でアクセントをつけ、さらにキャップと腕時計を白にして清潔感をプラス。

f:id:bruder_yukas:20200407163846j:plain

パーカ¥15,000、モックシャツ¥6,400、パンツ¥12,000、キャップ¥4,600(すべてキャロウェイアパレル/キャロウェイアパレル☎0120-738-884)、腕時計¥2,040,000(ウブロ/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン☎03-5635-7055)、サングラスはスタイリスト私物

 

TOMMY HILFIGER GOLF

シンプルなセットアップも、モック挿しでちょいクールに

練習場にいくなら、こんなスタイルで。シンプルにジャケット&ショーツ、キャップはネイビーで統一。そして白モックシャツで胸元にメリハリを出します。フード部分に入ったピンクのラインもアクセントに。ショーツは撥水性、吸水速乾性、伸縮性など機能性も万全です。

f:id:bruder_yukas:20200407163905j:plain

パーカ¥14,500、モックシャツ¥9,000、ショーツ¥13,000、キャップ¥4,500、ベルト¥5,000、クラブケース¥8,500(すべてトミー ヒルフィガー ゴルフ/ヤマニ☎03-5806-8055)、バイク¥190,000(ブロンプトン/ミズタニ自動車☎03-3840-2151)、シューズ 参考商品(アディダスゴルフ/アディダスジャパン☎0570-033-033)

 

MARK & LONA

セレブなゴルフスタイルは街着感とグラフィックで!

お目立ち間違いナシ!の色数を抑えた黒×白モノトーンスタイル。ラグジュアリー感に溢れた装いです。なんたって、パンツはゴルフウェアなのに、膝の切り替えしがライダー風。腿ファスナーは開くとメッシュが覗くベンチレーション構造。さらにモックインナーのラグランスリーブがグラフィカルで男前。一枚でサラリと、鍛えた身体を見せつけてやりましょう。LAを拠点にするアーティスト、トミー・リムとのコラボデザインです。

f:id:bruder_yukas:20200407163932j:plain

モックインナー¥22,000、パンツ¥38,000、キャップ¥11,000、ベルト¥22,000、グローブ¥5,500、ドライバー¥175,000~(すべてマーク & ロナ/マーク & ロナ表参道ヒルズ店☎03-5771-0967)

STAFFスタッフ
Model
Laurent Takigawa
Photo
Yoshiaki Tsutsui
Styling
Kim-Chang
Hair & Make up
Megumi Matsumoto
Text
Gotaro Hosomura
Direction
Kenji Koga
Edit
Yuka Sato ・ Tsugumi Someno

お問い合わせ先

閉じる