「昨日と違う!」 定番アウター着まわし3days|チェスターコート編

f:id:natsuko_toma:20210112153819j:plain

冬場のコートやジャケットを毎日とっかえひっかえできる人は、そうそういないはず。となれば悩みの種は、いつも同じような着こなしに陥ってしまうことですよね。そこで今回は、一着持っておいて損のない冬の定番アイテムによる、シーン別の着まわし術をレクチャーします。

KEY ITEM着回すのは、このチェスターコート

f:id:natsuko_toma:20210113121056j:plain

コート[参考商品](ラルディーニ、A)

Point 01合わせる服を問わないネイビーのウール生地

Point 02ラフに羽織ってもサマになる軽やかな仕立て

ビジネスからカジュアルまで幅広く着まわせる、シングルブレストのチェスターフィールドコート。深みのあるネイビーの上質なウール生地が、エレガントさはもちろん、着る人を知的に見せてくれます。ボタンの位置を高くしすぎず、前合わせを浅めに仕立てることで、重たい印象にならないのもポイント。

行きつけのカフェでテレワーク

f:id:natsuko_toma:20210113095655j:plain

ジャケット¥87,000、パンツ¥51,000(以上ヴィンス、B)ニット¥25,000(スローン、C)シューズ¥74,000(ジョセフ・チーニー、D)バッグ¥97,000(グレンロイヤル、D)

周囲の視線に配慮しつつもリラックスして仕事に臨みたいカフェでのテレワーク。そんなときに重宝するのが、上質なカシミヤ素材を用いたセットアップです。ゴム仕様によるパンツのウエスト、また深みのあるブラウンカラーがトレンド感もアピール。ネイビーのチェスターコートはスーツ姿にもそつなくマッチしてくれます。インナーの黒タートルが新しいビジネススタイルを品良く印象付けるでしょう。

彼女と街でショッピング

f:id:natsuko_toma:20210113095651j:plain

シャツ¥21,000(トラディショナル ウェザーウェア、E)パンツ¥43,000(インコテックス、F)シューズ¥65,000(パラブーツ、G)

軽やかな仕立てと膝上丈によるこのチェスターコートは、ジャケット感覚で気軽に羽織れるのも利点。たとえば、彼女とゆったり街を歩きたいとき、こんなストライプのバンドカラーシャツに軽く羽織るだけで、大人の上品カジュアルが完成します。パンツはトップスのネイビーを拾ったトラウザーズを合わせれば、全体をシックに引き締めつつ、ブルー系のグラデーションで爽やかな印象に仕上がります。

テラスで遅めの朝食を

f:id:natsuko_toma:20210113095648j:plain

パーカー¥35,000(ジャブスアルキヴィオ、H)パンツ¥27,000(ヴィンス、B)スニーカー¥80,000(ジェイエムウエストン、I)

自宅近くのカフェでブランチを。心身ともにリラックスしたい休日とはいえ、スウェットの上下ではさすがに他人の目が気になる…。そんなときにも活躍するのがネイビーチェスターで、パーカーの上に羽織るだけで大人のこなれたワンマイルスタイルに仕上がります。パーカー、そしてレザースニーカーのホワイトが、休日にふさわしいクリーンなヌケ感を演出します。

STAFFスタッフ
Model
Laurent Takigawa
Photo
Yuichi Sugita(POLYVALENT)
Styling
Takehiro Abe
Hair & Make up
Megumi Matsumoto
Edit&Text
Satoru Yanagisawa・Tsugumi Someno

お問い合わせ先

閉じる