CAR

Information

ジャガーXJシリーズデビュー50周年を記念 最上級のラグジュアリーを追求した「XJ50」

ジャガーはラグジュアリーサルーン「XJ」の誕生50周年を記念した特別モデル「XJ50」を北京モーターショーで発表した。

ジャガーのフラッグシップモデルであるXJは、1968年に「XJ Series I」としてデビュー。その後8世代にわたって世界中のVIPや政治家、ビジネスリーダーや王室などから、愛され続けてきたモデルだ。

今回発表された「XJ50」は、スタンダードホイールベースとロングホイールベースの2種類のボディタイプを用意。

パワーユニットはガソリンエンジン(最高出力340ps)とディーゼルエンジン(最高出力300ps)から選択することができる。エクステリアには、新たに「Autobiography」仕様のバンパー(フロント/リヤ)を採用。

50周年記念モデルとして、20インチ「Venom」ホイール、ブラックフロントグリル、リヤとサイドベントに専用バッジが配された。ボディカラーはフジホワイト、サントリーニブラック、ロワールブルー、ロゼッロレッドの4色を展開する。

インテリアはダイヤモンドカットのソフトグレインレザーシートに、ジャガーのリーパーロゴをエンボス加工したヘッドレスト、「XJ50」のロゴを施したセンターアームレストが組み合わされたた。

インタリオ技法を用いて加工した「JAGUAR」ロゴや、「XJ50」バッジを配したイルミネーション付トレッドプレート、アノダイズ加工を施したギアシフトパドルやブライトメタルペダルなどは、このモデルだけの特別装備となる。

ジャガーのデザインディレクターを務めるイアン・カラムは、歴代XJシリーズへのリスペクトを今回の「XJ50」に込めたことを明かしている。

「デビューから半世紀が経った今でも『XJ』はその伝統に忠実でありながら、美しいデザイン、秀逸なパフォーマンス、そして贅を極めたラグジュアリーさを絶妙なバランスで融合しているモデルだ。その存在は、多くのライバルの中でも、際立った存在であり続けていると言えるだろう。『XJ50』は『XJ』誕生50周年を祝うにふさわしい1台であり、世界で最もスタイリッシュなスポーティーサルーンのひとつだと自負している」

現時点で日本への導入予定や価格は明らかになっていないが、50年にも及ぶジャガー製プレミアムサルーンの“伝統”と”革新性”を極めた「XJ50」は、最高の1台を求めるBRUDER読者にとっても、魅力的な選択肢になることは間違いない。

問い合わせ先

ジャガー ランドローバー ジャパンフリーダイヤル:0120-18-5568

ランドローバー: https://www.jaguar.co.jp/index.html

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる