CAR

Information

マセラティ ギブリ、18年モデル登場。2種類のトリムラインも加わる

マセラティ ジャパンは、ギブリの2018年モデルを発表した。2013年の登場以来、現行ギブリは全世界で7万台以上というマセラティ史上最高の販売実績を達成。今回の変更では独創的でエレガントなエクステリアに加え、新たに「グランルッソ」と「グランスポーツ」という2種類のトリムラインが登場した。

エクステリアではグレアフリーハイビーム搭載の「アダプティブフルLEDヘッドライト」を採用。フロントとリヤバンパーのデザインを大幅に見直すことで、Cd値は0.31から0.29に改善、空力性能は7%も向上した。トップレンジの「ギブリS」と「ギブリS Q4」に搭載される3.0リッターV6ツインターボユニットは最高出力430ps、最大トルク580Nmを発揮。従来モデルと比較して最高出力で20ps、最大トルクで30Nmの性能アップを果たした。この結果、最高速度は286km/h、0-100km/h加速も「ギブリS」では4.9秒、「ギブリS Q4」では4.7秒という数値を達成している。

新たに開発された車両統合制御システム(IVC)と先進運転支援システム(ADAS)の採用により、パフィーマンスと安全面も強化された。マセラティとして初めて電動パワーステアリング(EPS)を導入しており、レーンキーピングなどのアクティブ機能を備えた最新の先進運転支援システムも採用している。EPSはクアトロポルテとレヴァンテの2018年モデルにも搭載されており、このシステムによりシャープなハンドリングを維持しながら、操作性と快適性が大幅に向上した。

2017年に発表されたクワトロポルテから採用された“トリム戦略”を、ギブリでも展開し、「グランルッソ」と「グランスポーツ」というオプションラインが登場した。「グランルッソ」はエクステリアの完成度を高めるだけでなく、エルメネジルド・ゼニア製のシルク&レザーコンビネーションインテリアを採用し、ラグジュリーさを追求。一方「グランスポーツ」には、精悍さ極めたエクステリアデザインを施し、ピアノブラックトリムやスポーツシートなどの魅力的なインテリアが与えらえた。

価格(すべて税別)は「ギブリ ディーゼル」が953万円、「ギブリ」が935万円、「ギブリS」が1093万円、「ギブリS Q4」が1176万円。すべてのモデルで「グランロッソ」と「グランスポーツ」をチョイスすることが可能だ。

 

このクルマでゴルフ場に向かうなら行き帰りのウェアにも気を使いたいものだ。白のパンツに靴はダークブラウンのスエードモカシンを素足で。ジャケットはピークドラペルのキャメルカラーに厚手の白いニットを肩に巻いてはいかがか。少しぐらいキザに決めてもマセラティなら大人な存在感を演出してくれるはず。

【関連記事】Information

マセラティ レヴァンテ トロフェオがデビュー、史上最強・最速のラグジュアリーSUV

マセラティが、ニューヨーク国際オートショーにおいて「レヴァンテ トロフェオ・ローンチ・エディション」を公開した。このレヴァンテ トロフェオには、最高出力590ps、最大トルク730Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンが搭載されており、専用のカーボンファイバー製エクステリアが与えられている。

関連記事はこちら

【関連記事】Information

漆黒のボディカラーを纏った8台限定のマセラティ クワトロポルテ

マセラティジャパンは、フラッグシップセダンの「クアトロポルテGTS」をベースとした特別限定仕様車「クアトロポルテGTSネリッシモ・カーボン・エディション」を追加した。「ネリッシモ」はイタリア語の「Nero(黒)」からの造語で「漆黒」を意味する。すべてを飲み込む“黒”という色が持つ底知れぬパワーと都会的な夜を体現した。

関連記事はこちら

問い合わせ先

マセラティ コールセンター:0120-965-120 www.maserati.co.jp

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる