時計の王道デザインは丸型。丸い歯車が回転運動するムーブメントは、丸型ケースに収めるのが最も効率的だ。無駄なスペースを生まないだけでなく、どの方向にも針がきっちりと届くため視認性を犠牲にしていないからだ。 そんな丸型時計の対抗馬として、確固たる地位を築いているのが「角形時計」。効率よりもデザインを重視することで到達した美しい角形時計は、そのスタイルを変える事なく現代まで受け継がれている。

機械式時計の原点である塔時計や柱時計、そして懐中時計の時代までは、“時計=丸形”というのが常識だった。しかし20世紀初頭から始まる腕時計の時代になると、それまでポケットの中に隠れていた時計は、人々の目に触れるようになってくる。つまり“ケースデザイン”というものが、強く意識されるようになった。そうは言っても、腕時計のケースデザインも丸型が主流であることに変化はなかったが、時代の変化が「角形時計」を生み出すことになる。
この20世紀初頭は大量生産時代の幕開けでもあった。大量に製品を作るなら、形状はシンプルな方が好ましいのは当然だ。しかしそこに反発したのが、フランスのデザイナーや芸術家たちだ。日用品ならいざ知らず、腕時計のような贅沢品に対してまで効率を求めるというのは正しいのだろうか?機能性と芸術性の狭間で時計デザインは大きく揺れ動き、その中で生まれたのが、優美な「角形時計」であった。
“角形”といっても、構成される線は直線的ではなく、角を丸めたり斜面を作ったりと、どこかに芸術的なエッセンスを残している。こういったデザイン様式は、後に「アールデコ」と呼ばれるようになり、時計のような贅沢品に施される代表的なデザイン様式となった。つまり角形時計というのは、工業デザインの原点の一つということ。そのため角形時計には、誰もが心を奪われる美しさがあるのだ。
ちなみに某ブランドの調べによると、角形時計の人気が特に高いのはフランスと日本とのこと。美意識の高い人々ほど角形時計を好む……。それは決して言い過ぎではないだろう。

01 Selected byToru Kamine

関西時計業界代表が自信をもってオススメする 名作角型時計

ジャガー・ルクルト「レベルソ・クラシック・ミディアム・ デュオ・ スモールセコンド Ref.2458420」

「熟成を重ね、さらに便利に進化しています」上根 亨

ケースを反転させて風防ガラスを守るという特殊構造を生み出すために1931年に考案された角形時計。ラグ周りのカーブや横縞模様など、細部の優雅な仕上げは、まさにアールデコ様式のお手本である。「誕生から90年近い時を経ており、完全に熟成されたシリーズですね。反転ケースの利点を活用し、両面に時計機構を組み込む“デュオ”は、いまだに人々を魅了しています。裏面の時針操作を、ケース上部のスライドスイッチで行うように変更されたため、誤操作も少なくなったというのも素晴らしい熟成です」と上根氏も太鼓判を押す。

[左]裏面の第二時間帯表示の針を動かすためのスライドスイッチ。ケースを反転させる際に現れるベース部分には、ペルラージュと呼ばれる円模様の仕上げを施しており、細部まで丁寧に作っていることが分かる。[右]反転式のため、ケースは二層式。しかし時計本体やムーブメントを薄く設計しているため、装着感は犠牲にならない。

SPECスペック
  • ケース径:42.9㎜×25.5㎜
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ムーブメント:Cal.854A/2(手巻き)
  • パワーリザーブ:42時間以上
  • 防水性:3気圧防水
  • 価格:¥930,000(税抜)

02Selected byToru Kamine

パテックフィリップ「ゴンドーロ 5124G-011」

「まさに究極の角型時計といえる存在です」上根 亨

両サイドに段差のついたレクタングラー型ケースの「ゴンドーロ」は、不朽の名作。アップデートされた最新作は、ホワイトゴールドモデルにブルー・ソレイユ文字盤を備える。「アールデコの精神を現代に受け継ぐゴンドーロモデル。中でもこの左右に張り出しを持つケースは、ゴンドーロコレクションを代表するデザインです。搭載される手巻きムーブメントも角型用に設計されています。ケースは緩やかに湾曲しているので腕へのフィット感も抜群。究極の角型時計です」と上根氏も絶賛。

美しくカーブしたサファイヤクリスタル・バックを通して、オリジナルなアーキテクチャーと精緻な仕上がりを誇るレクタングラー型の手巻きムーブメントを鑑賞することができる。

SPECスペック
  • ケース径:33.4×43㎜
  • ケース素材:ホワイトゴールド
  • ムーブメント:キヤリバー25-21 REC PS(手巻き)
  • パワーリザーブ:44時間
  • 防水性:3気圧防水
  • 価格:¥2,970,000(税抜)

03Selected byToru Kamine

カルティエ「タンク MC」

「100年以上もぶれないコンセプトがある」上根 亨

可憐なイメージが強いが、メンズウォッチの名門でもあるカルティエ。1914年に誕生した「タンク」は、当時の最新テクノロジーであった戦車をイメージした角形ケースをモチーフにしつつ、角を丸くしたり、リュウズにカボションを加えたりするなど、しっかりと優美さを加えている。「誕生から100余年。一貫したデザインコンセプトをもつタンクシリーズですが、象徴的なデザインに自社ムーブメントを搭載したメンズモデルはマッシブながらエレガント。ビジネスシーンにもぴったりです」と上根氏も納得の仕上りに。

SPECスペック
  • ケース径:44㎜
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ムーブメント:自動巻き1904-PS MC
  • パワーリザーブ:47時間
  • 防水性:日常生活防水
  • 価格:¥725,000(税抜)

上根 亨  Toru Kamine

カミネ代表取締役社長
神戸に5店舗を展開する正規輸入時計宝飾専門店カミネの4代目社長。時計全般のアドバイザーとして世代を超えた顧客の信頼を得る。富裕層の好みを把握した、適切でわかりやすい時計の解説に定評あり。カミネ社長ブログは公式サイト内の人気コンテンツ。新商品入荷情報や海外レポート、機械式時計の魅力などを定期的に更新中。

www.kamine.co.jp

01 Selected byTakanori Demizu

真価を見極める和歌山の雄が自信をもってオススメする 名作角型時計

カルティエ「サントス ドゥ カルティエ」

「ユーザー目線で現代的にアップデートしています」出水 孝典

パリ社交界の名物男アルベルト・サントスデュモンのために、ルイ・カルティエが1904年に開発した角形時計こそ、世界初の実用的な男性用腕時計である。その後「サントス」として発売されたこの時計は、ビスをデザインの一つとして取り入れるという前衛的なスタイルで評判に。今年はそのアップデート版が誕生した。「一回り小さめのMMサイズが今の気分。スーツ、カジュアル、何にでも合う普遍のデザインですね」と出水氏。ストラップを簡単に着脱・交換できる「クィックスイッチ」システムや、工具無しでコマ調整ができる「スマートリンク」に対しても高評価。

SPECスペック
  • ケース径:35.1㎜×41.90mm
  • ケース素材:ステンレススチール & YG
  • ムーブメント:自動巻き1847MC
  • パワーリザーブ:40時間
  • 防水性:100m防水
  • 価格:¥980,000(税抜)

02 Selected byTakanori Demizu

タグ・ホイヤー「ホイヤー モナコ キャリバー11 クロノグルフ ガルフ エディション」

「伝統モデルですが、カラーリングが良い」出水 孝典

時計界初の角形防水スポーツウォッチであり、しかも世界初の自動巻き式クロノグラフムーブメントを搭載したというアヴァンギャルドな時計「モナコ」は、1969年に誕生。そのスタイルは現代まで継承されており、ファンも多い。「このモデルは、有名なレーシングカラーであるオレンジとブルーのガルフストライプとロゴで目を惹きます。スティーブ・マックイーンが着用したモデルと同じく、ケース左側にリュウズを配置しているのもポイントですね」と出水氏も納得の仕上がり。

サファイヤクリスタル製のケースバックからは、名機キャリバー11を鑑賞できる。プッシュボタンは右側、リュウズが左側というオリジナルモデルの特殊な構造に合わせて設計されている。

SPECスペック
  • ケース径:39㎜
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ムーブメント:キャリバー11
  • 防水性:100m防水
  • 価格:¥630,000(税抜)

出水 孝典  Takanori Demizu

オオミヤ代表取締役
関西に6店舗、2015年には鹿児島に新店舗をオープン。オフィシャルサイトやブログ、SNSが充実。長年の経験を武器に富裕層に刺さる時計を厳選。

www.jw-oomiya.co.jp/

01 Selected bySeiichiro Furuichi

ライフスタイルを交えた時計の提案に定評ある時計店トミヤが
自信をもってオススメする名作角型時計

タグ・ホイヤー「ホイヤー モナコ バンフォード」

「これぞ、アヴァンギャルドの極み」古市 聖一郎

オールブラックのロレックスなど、ハイセンスなカスタムウォッチを作っているイギリスのバンフォード ウォッチ デパートメントとタグ・ホイヤーがタッグを組んだ話題作。特徴的なモナコのケースデザインやサイズはそのままだが、素材はなんとカーボンを採用している。「既に完売状態で、入手した人は超ラッキーですね。カスタムウォッチのプロとタッグを組むなんて、さすがはアヴァンギャルドを地でいくタグ・ホイヤーですね」と古市氏も驚きを隠せない。

防水に弱いとされる角形時計だが、モナコではケースバックをガッチリとネジ止めすることで、シースルーバックながら、100mもの防水性能を確保。アヴァンギャルドなカーボンウォッチだが、通常モデルと同じように日常使いできるスペックを持っているのも見事だ。

SPECスペック
  • ケース径:39㎜
  • ケース素材:ステンレススチール
  • ムーブメント:キャリバー11
  • 防水性:100m防水
  • 価格:¥870,000(税抜)

古市 聖一郎  Seiichiro Furuichi

トミヤ代表取締役社長
岡山を中心に、広島・福岡と西日本に広く店舗を展開するトミヤ時計店。フランク ミュラーの店舗を初めて立ち上げるだけでなく、セレクトショップをオープンするなど時計店の枠に収まらない活動を続ける仕掛け人。トミヤ タイムアート店にて9/17〜9/30ウブロフェア開催。

www.tomiya.co.jp

01 Selected byTetsuo Shinoda

時計に関してオールジャンルの知識を持つジャーナリストが
自信をもってオススメする 名作角型時計

グラスヒュッテ・オリジナル「セブンティーズ・パノラマデイト」

「歴史を楽しみ、デザインを愛でる」 篠田 哲生

かつての国営時計企業の資産を受け継いだ、ドイツ時計の正統派ブランドが、国営時代に作っていたクラシカルな角形時計を現代的にアレンジ。70年代に流行したテレビ型の角形フォルムを受け継ぎつつも、6時位置に大型カレンダーを搭載することで、タイムレスな魅力と実用性を両立している。「クラシックさとモダンさが融合しており、どこか懐かしい雰囲気がありますね。同社は過去のアーカイブをたくさん持っているので、歴史をひも解いた時計を作るのが上手い。これもその一つですね」と篠田氏も納得の仕上がり。

SPECスペック
  • ケース径:40mm×40mm
  • ケース素材:SS
  • ムーブメント:自社製キャリバー39-47(自動巻き)
  • パワーリザーブ:約40時間
  • 防水性:10気圧
  • 価格:¥1,030,000(税抜)

篠田 哲生  Tetsuo Shinoda

時計ジャーナリスト
ラグジュアリーウォッチに関する特化した知識を有するジャーナリスト数多くの媒体で時計記事を担当。時計学校を修了した実践派で、複雑機構を備えた高級機械式時計を熟知した敏腕ライター。ラグジュアリーとは、なんたるかを日々探求中。

01 Selected byToga Hirokuni

スーパーバイザー戸賀が自信をもってオススメする 名作角型時計

コルム「ゴールデンブリッジ レクタングル」

「これ以上の構造美は考えられません」 戸賀 敬城

本来、円形であるべき機械式時計のムーブメントをブリッジ型に設計し、香箱(動力ゼンマイ)や歯車などをその上にセットするという奇跡的な時計「ゴールデンブリッジ」。「このビジュアルは圧巻ですね。繊細なメカニズムをこれだけ細いブリッジの上にセットするだけでも驚異的ですが、それを生かすようなスマートな角形ケースがとても綺麗。このプロポーションを生かすためにリュウズを6時位置にしたのも見事です」と戸賀も驚嘆。ちなみにムーブメントの左右のブリッジには、ローマ数字を取り入れてインデックスの代わりとしており、浮遊感のあるデザインを作り上げている。

SPECスペック
  • ケース径:29.5㎜×42.2㎜
  • ケース素材:18Kローズゴールド
  • ムーブメント:CO113(手巻き)
  • パワーリザーブ:40時間
  • 防水性:3気圧
  • 価格:¥5,600,000(税抜)

戸賀 敬城  Toga Hirokuni

ブルーダー スーパーバイザー
数々の媒体で編集長を歴任し、現在はハースト・メンズ・メディア・ブランド・アンバサダー、ナノ・ユニバース メンズディレクターなどさまざまな肩書をもつ。ファッション界を超えた幅広いネットワークとこれまでに培った上質で豊富な知識をもって「BRUDER(ブルーダー)」全体を監修するスーパーバイザーとして携わる。

  • Text : Tetsuo Shinoda
  • Photographer : Katsunori Kishida
  • Direction : Keiichi Moritani

お問い合わせ先

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる