時計シーズンは1月のジュネーブから始まる。メインはカルティエを中心に、リシャール・ミルやオーデマ ピゲなどのハイエンドウォッチブランドが揃うS.I.H.H.(Salon International de la Haute Horlogerie)。これは、毎年ジュネーブで開催される高級時計の見本市のことで、ジュネーブサロンの愛称でも知られる。もう一方は、1998年からフランク・ミュラーウォッチランドが独自に主催するWPHH(World Presentation of Haute Horlogerie)で、 ジュネーブ市郊外にある高級住宅街、レマン湖のほとりで年1回開催されるもの。この2つの高級時計見本市で、世界中から集まったリテーラーやジャーナリストに対して多くの新作時計が披露された。

今年のジュネーブは拍子抜けするほど暖かな日が続いたからか、二つの時計フェア会場を巡る時計関係者の足取りも軽かった。

規模を拡大し続けるS.I.H.H.は、新たにエルメスが参加して華やかさを増した。一方WPHHは、バーゼルワールド(3月に開催される時計の展示会)に出展していたクストスが戻ってきた。ブランドが増えれば新作も増える。それが盛り上がりに一役買ったのだろう。

「目を見張る新作は少なかったのですが、細かいディテールの高品質化や新型ムーブメントの開発などが目立ちましたね。リシャール・ミル『RM53-01』では、ハードなポロ競技にも耐える超タフで超精密で美しいトゥールビヨンに仕上げました。IWCの創業150周年を祝うジュビリーコレクションは、優れたムーブメントと極めて上質な文字盤に惹かれました」と語るのは、神戸の名店カミネの上根 亨氏。

一方、和歌山を中心に7店舗を展開するオオミヤの出水 孝典氏は、コラボレーションに注目。

「自動車と時計は近しい関係にありますが、ロジェ・デュブイとランボルギーニのコラボレーションには驚きましたね。意外性という点では、クストスがインテリアデザイナーのエリック クスターと組んだのも面白い。いずれも既存モデルにはなかった新しい提案があったので、話題になるでしょう」と満足の様子だった。

そして時計ライターの篠田氏は、徹底的に顧客目線にこだわった。

「例年"次に買う時計を探しに行く"というスタンスなのですが、今年は価格を意識したモデルが多かったですね。グループ生産のムーブメントを使う事例も増えましたし、巧みな生産管理とパッケージングでコストを抑えている印象ですね。価格だけ抜き出せば"安い"とはいえないモデルであっても、納得できるだけの手間やこだわりがある。僕が欲しいと思ったのはドレッシーなクロノグラフかな」。

今や高級時計は"嗜好品"。スペックや価格も大切だが、最も重要視すべきは、欲しい!という衝撃。自分のインスピレーションと正直に向き合い、最愛の一本との出会いを楽しんで欲しい。

関西時計業界の首領が選んだ最新作はこの3本 | Selected by Toru Kamine |

01A.ランゲ&ゾーネ「トリプルスプリット」

「世界初機械式のスプリットセコンドクロノグラフ、 これは時計史に残る技術的快挙です」上根亨

2004年にA.ランゲ&ゾーネが製作した「ダブルスプリット」の進化版。秒、分、時の3つのタイム計測が可能になり、トライアスロンやF1レース、マラソンなど長時間のスポーツであっても、異なる対象の同時計測が可能になった。

「1秒から12時間までの積算及び2つのラップタイム計測に対応する世界初の機械式「トリプルスプリットクロノグラフ」は、時計史に残る快挙でしょう。革新技術の導入によって、高級時計産業をさらに活気づけようというランゲの意気込みを反映した時計ですね」。と上根氏。

搭載するムーブメントは専用設計の「Cal.L132.1」。567個のパーツを使っており、複雑に積み上がるムーブメントとその精密な動きには、息をのむほどの美しさ。

  • SPEC
  • Ref.424.038F
  • 18KWG(43.2mm)
  • 手巻き
  • 55時間パワーリザーブ
  • トリプルラトラパント機能搭載フライバック・クロノグラフ
  • プレシジョン・ジャンピング・クロノグラフ・ラトラパント・ミニッツカウンター付き
  • タキメータースケール
  • 世界限定100本
  • 139,000 ユーロ (ドイツ国内VAT含む) / 参考予価
  • 9月以降発売予定

02カルティエ「サントス ドゥ カルティエ スケルトン ウォッチ」

「税込み300万円以下!SSモデルの投入が嬉しい」上根亨

飛行機と気球を愛した大富豪アルベルト・サントス=デュモンのために、ルイ・カルティエが1904年に製作した「サントス」は、実用的な腕時計の原点とされ、その傑作に現代的なエッセンスを加えた新作が登場。

「通常モデルも話題ですが、私が注目したのはスケルトン仕様のサントス・スケルトンモデル。パラジウム製のサントス100や、WGやチタン製のサントスデュモンなど500万円以上のモデルしか存在しなかったが、SSモデルのリリースで税込 300万円以下と一気に現実的なものとなった。ヒットが予想されるニューサントスシリーズの中でも、個性を際立つ独自性があります」。

スケルトン加工したローマンインデックスにパーツを組み込んでおり、カルティエの高い技術力を堪能できる。なおブレスレットは、新開発の「クィックスイッチ」システムによって、簡単に付属の革ベルトに交換可能となっている。

  • SPEC
  • Ref.WHSA0007
  • SSケース(横39.8×47.5㎜)
  • 手巻き
  • 72時間パワーリザーブ
  • 100m防水
  • スティール製ブレスレットに「スマートリンク」サイズ調整システム
  • 「クィックスイッチ」交換可能システム
  • ¥2,750,000(税抜予価)

03IWC「IWC トリビュート・トゥ ・パルウェーバー "150 イヤーズ" 」

「腕時計でデジタル表示は IWC 初。非常に手の込んだ時計です」上根亨

創業150周年を迎えたIWCは、アニバーサリーを記念したジュビリーコレクションを発表。

特徴は最大で12層も塗り重ねたブルーとホワイトのラッカー文字盤。計14モデルが出揃うという派手な門出となったが、中でもオリジナリティが高いのが、1884年に発表された懐中時計のデザインを受け継いだ機械式デジタルウォッチ。

「スモールセコンドを持ち、しかも合計3枚の時分ディスクにより、瞬転式で時を刻む機構は極めて製造が難しい。しかも文字盤も美しく、雰囲気に魅了されますね」。

過去の傑作をアップデイトして現代的にまとめる手法は、エンジニアリングにこだわるIWCらしいアプローチだ。

  • SPEC
  • Ref : IW505002
  • RGケース(45.0mm)
  • 手巻き
  • 60時間パワーリザーブ
  • 3気圧防水
  • ホワイトラッカー文字盤
  • サントーニ社製アリゲーターストラップ
  • 250本限定
  • ¥3,950,000 (税抜予価)

上根 亨  Toru Kamine

カミネ代表取締役社長

神戸に5店舗を展開する正規輸入時計宝飾専門店カミネの4代目社長。時計アドバイザーとして世代を超えた顧客の信頼を得る。富裕層の好みを把握した、適切でわかりやすい時計の解説に定評あり。3月16日~4月1日、カミネ 旧居留地店では、ウブロフェアを開催。注目の日本限定モデルを中心に、人気の定番モデルなど豊富なコレクションを取り揃える。フェア特典あり。

www.kamine.co.jp

価格を超えた価値をもつラグジュアリーウォッチを厳選 | Selected by Takanori Demizu |

01A.ランゲ&ゾーネ「サクソニア・アウトサイズデイト」

「ランゲならではの知的さを楽しむ」出水孝典

すらりと伸びた時分針に、大きなアウトサイズデイトとスモールセコンドを組み合わせて端正にまとめた。カレンダーディスクは黒地に白文字を組み合わせており、黒い文字盤を引き締める。

「A.ランゲ&ゾーネらしい正統派デザインですし、小振りなケースのおかげで知的で引き締まった印象がありますね。デイトの操作を10時位置のプッシュボタンで行うなど、使い勝手がきちんと考慮されている点も好感が持てます」と上根氏。

ケース径は38.5㎜で、ムーブメントは、自動巻き式の「Cal.L086.8」ながら厚みは9.6㎜とコンパクトにまとめているので、シャツの袖口とも干渉しない。これなら知的なビジネスウォッチとして効果は絶大である。

  • SPEC
  • Ref.381.029
  • 18KWGケース(38.50mm)
  • 自動巻き
  • 72時間パワーリザーブ
  • 3気圧防水
  • ¥2,780,000(税抜予価)
  • 6月以降発売予定

02ロジェ・デュブイ「エクスカリバー アヴェンタドール S」

「コラボだからこそ実現した時計」出水孝典

優れた時計技術を武器に、機構と構造の両面で他にはない個性を追求するロジェ・デュブイが、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセとのコラボレーションをスタート。

ランボルギーニのデザイナーや開発担当者と対話を重ね、ランボルギーニのデザインコードを軸に時計を作るという新しい試みだ。

「大胆なカラーリングとスーパーカーの世界を連想させるスケルトン文字盤が強烈な個性を放っている。ランボルギーニの車体に使用しているC-SMCカーボンをケース素材に採用したのも、コラボならではの面白さですね」。

どちらも業界を代表する"過激"で"前衛的"な魅力があるだけに、名に恥じない仕上がりとなった。

  • SPEC
  • Ref.RDDBEX0686
  • C-SMCカーボンケース(45.0mm)
  • 手巻き
  • 40時間パワーリザーブ
  • 5気圧防水
  • スケルトン
  • デュオトール機構(ダブルバランスホイール)
  • アルカンターラ製ストラップ
  • 88本限定
  • ¥23,328,000(税込予価)

03クストス「チャレンジ クロノ II  エリック クスター」

「天才×天才が導き出した新生ミリタリーウォッチ」出水孝典

若きCEOサスーン シルマケス率いる「クストス」は、いつでも前衛的な時計を目指している。

今年の注目作はヨットやホテル、居住空間プロジェクトなどのインテリアデザインを手掛けるエリック クスターとのコラボレーション。

カラーリングや素材の組み合わせだけで高級時計の方程式から逃れ、ラグジュアリーの楽しみ方を提案する時計に仕上がった。

「グリーンとオレンジの色彩が鮮烈なカモフラージュ柄が唯一無二で独創的。スポーティで力強さも感じる特別な限定モデルですね」。

腕元のアクセントとして高級時計を選びたい人にとっては見逃せない、強烈なインパクトがある。

  • SPEC
  • Ref.CVT-CHR2-「ERIC GALUBKTT」
  • ブラックチタン×エルガケース(53.7×41mm)
  • 自動巻き
  • 約42時間パワーリザーブ
  • 100m防水
  • クロノグラフ
  • パワーリザーブインジケーター
  • 日付表示
  • ファブリック×アルカンターラストラップ
  • 限定モデル
  • ¥1,950,000円(税抜)

出水 孝典  Takanori Demizu

オオミヤ代表取締役

関西に6店舗、2015年には鹿児島に新店舗をオープン。複雑機構を備えたラグジュアリーウォッチを豊富に揃えた時計店。長年の経験を武器に富裕層に刺さる時計を厳選。

www.jw-oomiya.co.jp/

ラグジュアリーウォッチを熟知したジャーナリストが選ぶ最新作 | Selected by Tetsuo Shinoda |

01ジラール・ペルゴ「ロレアート 38㎜ クロノグラフ」

「絶妙なサイズ感は、トレンドど真ん中」篠田哲生

パーツ点数が多く、スポーティなイメージもあるクロノグラフは、設計的にもデザイン的にも、ケースは大きくなる傾向にある。そんな常識を覆したのがこのクロノグラフだ。

「時計業界は徐々に小ぶりな時計へと回帰していますが、それはドレスウォッチがメイン。小径の機械式クロノグラフというのは本当に希少価値があるんです。しかもロレアートの完成されたプロポーションのおかげで、腕馴染みはいいけど存在感もあるのも好感がもてます」。

自動巻き式ながらケースの厚みを11.08㎜に抑えているのも見事。レザーストラップ仕様も用意されているので、ビジネスウォッチとしても十分に使える。

  • SPEC
  • Ref.81040-11-431-11A
  • SSケース(38.0mm)
  • 自動巻き
  • 46時間パワーリザーブ
  • 10気圧防水
  • ブルー文字盤
  • ¥1,470,000(税抜)

02A.ランゲ&ゾーネ「1815 クロノグラフ」

「時計師の手仕事を間近に見られる」篠田哲生

数ある複雑機構の中で"機械を愛でる"という為だけに存在しているのが、手巻き式クロノグラフである。

多くの小さなパーツを丁寧に仕上げ、動きと輝きで愛好家を喜ばせる時計界の古典は、あまりにも手間がかかるため限られたブランドでしか作られていない。

「時計界におけるシーラカンスのような存在ですが、ランゲはその価値を理解し、いつまでも作り続けています。パーツの角を落としたり、一部に彫金を施したりと、とにかく細かいところまで作り込んでいる。その姿勢は、ムーブメントを見ただけでわかります」。

艶っぽいブラック×ピンクゴールドの配色も、時計の魅力を高めている。

  • SPEC
  • Ref.414.031
  • 18KPGケース(39.5mm)
  • 手巻き
  • 60時間パワーリザーブ
  • 3圧防水
  • ブラック文字盤
  • アリゲーターストラップ
  • ¥5,430,000(税抜き予価)
  • 4月以降発売予定

03IWC「ポルトギーゼ ・クロノグラフ"150イヤーズ"」

「人気の定番モデルと艶ダイヤルの組み合わせはズルい!」篠田哲生

創業150周年を祝うジュビリーコレクションに入った人気クロノグラフの熟成版で、カレンダーもない端正な顔はそのままだが、ムーブメントを自社製のCal.69355へと変更し、さらに艶の美しいラッカー文字盤を採用する。

「"時を操る"ことができる唯一無二の機構であるクロノグラフは、かつては知的階層のアイコンであり、ドレスアップした場でも使われる格上の時計でした。そんな古き良きクロノグラフの価値を残した時計ですね。しかも創業記念ということで、さらに格が上がっています」。

圧倒的人気モデルだからこそ、特別仕様の限定モデルという"違い"を楽しむ。それが時計好きなのだ。

  • SPEC
  • Ref.IW371602
  • SS ケース(41.0mm)
    自動巻き
    46時間パワーリザーブ
    3気圧防水
    ホワイトラッカー文字盤
    サントーニ社製アリゲーターストラップ
    2000 本限定
    ¥785,000(税抜予価)

篠田 哲生  Tetsuo Shinoda

時計ジャーナリスト

ラグジュアリーウォッチに関する特化した知識を有するジャーナリスト 数多くの媒体で時計記事を担当。時計学校を修了した実践派で、 複雑機構を備えた高級機械式時計を熟知した敏腕ライター。 ラグジュアリーとは、なんたるかを日々探求中。

BRUDER編集部&スーパーバイザー戸賀が選んだ一本 | Selected by Hirokuni Toga |

ウブロ「ビッグ・バン ウニコ ゴルフ」

「軽くて実用的。しかもゴルフフリークといった個性も主張できる」戸賀 敬城

世界ナンバーワンゴルファーのダスティン・ジョンソンもアンバサダーを務めるウブロ初のゴルフウォッチ。2時位置ボタンを押すと3時位置の打数がカウントされ、4時位置ボタンを押すとリセットされて、次のホールへ。総ストローク数は6時位置にカウントされる仕組み。

「ゴルフに出かける時の高揚感を掻き立て、カンバセーションアイテムとしても重宝しそう」と戸賀も絶賛。

「衝撃に強くて、100g以下という超軽量。スポーティでユニークな外見を持っている点も魅力ですね」と時計界の重鎮である上根氏も思わず唸る仕上がりに。

カーフ×ラバーストラップはグローブ風のデザイン。さらに装着感の高いベルクロストラップも付属するので、プレー前に変更することができる。

  • SPEC
  • Ref.416.YS.1120.VR
  • カーボンファイバー&グレーテキサリウムケース(45.0mm)
  • 自動巻(Cal.HUB1580)
  • 約72時間パワーリザーブ
  • 10気圧防水
  • カーボンファイバー&グレーテキサリウム&サファイアクリスタル(ケースバック)
  • ホワイトカーフ×ブラックラバーストラップ(ブラックベルクロストラップ付属)
  • ¥3,340,000(税抜予価)
  • 4月発売予定
  • Text : Tetsuo Shinoda
  • Direction : Keiichi Moritani

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる