FASHION

4者4様! 敏腕スタイリストが各々得意な分野でスタイリング

BRUDER SELECT - 正統派、モード、西海岸、コンサバモード この秋、ゴルフは白で勝つ!

秋深し。カラダを動かすにはもってこいの季節が到来。プレーはもちろん、着こなしもまたゴルフの醍醐味ということをよくおわかりの洒落者ブルーダーにとってみれば、レイヤードスタイルが楽しめるいい季節ともいえる。そこで、メンズファッション誌で日頃辣腕を発揮し、自身もゴルファーという人気スタイリスト4名に、秋のレイヤードスタイルを提案してもらった。

気になるキーアイテムは、トレンドでもある白をメインとした、ヒールクリーク謹製のニットベスト。ホワイトにアイスグレーを織り交ぜた正統的なチェックを大柄にデフォルメ。英国紳士的な余裕とデザインの遊び心をあわせもった秋アイテムだ。さて、これがどう料理されるのか? 4者4様の多彩なコーデを早速チェックしていこう。

STYLE 01白のポイント使いで上品に 全方位で好印象をもたらす正統派



日常感を大事にした汎用性を備えつつ、プレーのことも忘れない、信頼のおける「森岡流」

生活におけるファッションの楽しさを常に教えてくれる、森岡氏。雑誌や広告のスタイリングだけでなく、大企業での服飾講義やプロゴルファーのコーディネートなど、あらゆるシーンで活躍している大物スタイリストだ。特にトラッドを愛する大人たちからの信頼が厚い森岡氏が提案してくれたのは、落ち着いたトーンに白が効いた上品な正統派スタイル。

森岡氏:「ポイントは随所に用いたグレーです。色数とブランドロゴを最小限に抑えることで、ザ・ゴルフになり過ぎない、日常の延長線上という雰囲気を作りました。グレーはトーンにレンジがあり、グラデーションを使うと奥行きが生まれるので、『服ごころがあるな』という印象を作れます。ここに一点、白のニットベストを投入するとメリハリが生まれるわけです」

さすが、落ち着いた雰囲気の中に、柔らかさとシックさを感じるスタイリングだ。これならビジネスでも仲間内でも恋人とのラウンドでも、全方位的に好印象をもたらしてくれるはず。よく見ると、シューズはスニーカータイプのウイングチップ、ベルトはメッシュ、スラックスの裾をダブルカフで仕上げている……、随所に注目の英国テイストも盛り込まれて、トレンド的にも抜かりなし! 脱帽だ。

「一方でプレーのことも考慮しました。プロゴルファーのスタイリングをするときに、選手がよく口にするのが、『アウターはあまり着たくない』ということ。それを念頭に、今回もベストを上着として最小限のレイヤードにまとめました。ポロシャツとスラックスは、ストレッチや保温性の機能性もありますので、プレーも問題なしですね」

ニットベスト ¥27,000/以上ヒールクリーク ストレッチ長袖ヒートジェネレーションポロシャツ オープン価格 フォールキャップ ¥3,600/以上フットジョイ メランジメッシュベルト ¥17,000 パンツ/以上マスターバニーエディション リバーシブル ネックウォーマー ¥3,000/以上タイトリスト グローブ ¥5,500/以上ジーフォア シューズ ¥58,000/以上ロイヤルアルバトロス ※すべて税抜

■PROFILE : グローブ代表取締役 ファッションディレクター/スタイリスト 森岡弘(もりおか・ひろし)

婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社後、『メンズクラブ』の編集部に。1996年に独立後、グローブを設立。メンズだけでなくレディスを含む、雑誌や広告、著名人のスタイリング、企業とのコラボレーションなど活躍の幅は広い。ゴルフ暦は8年。年間ラウンドは20回ほどで、「なんとか月2回は行きたい!」と多忙ななかでやりくり中。

STYLE 02ゴルフ場だからこそできる、全身白のモテコーデ!

清潔ななかにモードが薫る、“黒田力”全開のオールホワイト

言わずと知れたモテ雑誌『LEON』で活躍中の黒田氏。モードからクラシカルまでを多彩にスタイリングする彼が提案してくれたのは、オールホワイトのコーデ。薄芝となるこれからのシーズン、グリーン上で映えること……いや、モテること間違いなしだ。ただ、やっぱり全身白って、難度高めでは?

黒田氏:「使う色がひとつ、と考えれば簡単です。あとは素材を変えればOK。ここでは、ウールのタートルネックニット、コットンピケのスラックスを選んだことで、わずかな表情の変化をつけられます。ベストの白がグレイッシュなので、アクセントになりやすい。力強くて清潔な色の力を借りながら、素材を変えて、同じ白でも奥行きをつけるのがいいでしょうね」

ウエアだけじゃない、グローブ、シューズ、ベルトまで白! しかも小物類は、ウエアがオフホワイトだとしたら、漂白系のブライトカラー。細かな技が光るさすがのスタイリングだ。

「タートルネックは、ファッションにおける今季のトレンドですし、ゴルフの定番ですから逃したくないスタイル。これは英国の名門ニッター、ジョン スメドレーですからエレガンス十分です。さらに、テーパードが美しい細身のパンツは、ビジネスでもおなじみのイタリア発インコテックス。ともに、あえてゴルフ専業のブランドではないものを合わせることで、コースでは新鮮味が醸せますよ」

おまけに、パンツはストレッチが効いているし、ニットにしてもウールは天然の機能素材で、ともに運動性も文句なし。それでいて、この白の目立ち度たるや。普段は着なくても、ゴルフ場だからできる白コーデ。思い切ってトライしてみたくなる。

ニットベスト ¥27,000/以上ヒールクリーク タートルネックニット ¥31,000/以上ジョン スメドレー パンツ ¥33,000/以上インコテックス ニットキャップ ¥4,900/以上カシラ FERRARA ゴルフシューズ ¥50,000/以上ラムダ ピュアタッチ グローブ ¥2,500/以上フットジョイ 距離測定器 ピンシーカースロープツアーZ6ジョルト ¥55,000/以上ブッシュネル ※すべて税抜

■PROFILE : スタイリスト 黒田領(くろだ・りょう)

モードとクラシックを縦横無尽に行き来するセンスで『LEON』創刊時より一躍人気に。現在、『SENSE』や『MADURO』などの男性誌や広告を中心に、ミュージシャンや俳優のスタイリングを手がける。ゴルフ歴は7年。ゴルフテック by GDOでレッスン受講中とのこと。「悪癖が治らないのが悩み(涙)」と外苑の練習場でストレスも発散!

STYLE 03西海岸の風を感じて装いも気分も爽やかに

サーフ&ターフなリラックススタイルで カジュアルにプレーを楽しむ

西海岸セレブスタイルで人気を博す雑誌『SAFARI』で活躍中のKim-Chang氏。サーフでは日常だが、ゴルフシーンでは難しいリラックス感の出し方を、ベストな塩梅で持ち込むところがさすがだ。ポイントカラーのレッドが効いていて、明るく楽しげな雰囲気がプレー中のテンションを盛り上げてくれること間違いなし。オーソドックスなニットベストが、ここまで表情を変えてしまうとは。

Kim-Chang氏:「コースは、ハレの場。赤を差し込むことでコーデがグッと引き立ちます。メキシカン調のエスニックなボーダーのパーカーは、まさにサーフ&ターフ感を醸すのにピッタリのアイテムです。ボトムスにはスウェットのリブ裾パンツをセレクトしました。西海岸でも定着したアスレジャースタイルですね」

ウエアだけじゃない、グローブ、シューズ、ベルトまで白! しかも小物類は、ウエアがオフホワイトだとしたら、漂白系のブライトカラー。細かな技が光るさすがのスタイリングだ。

いかにも、西海岸セレブが自宅近くの海沿いコースで軽やかにプレーしているのが想像できる。ちなみに、こんなに色を使っているのに、まとまりがあるのは何故?

サーフのリラックス感もあるし、コースで映える華やかさもある。スコアが良くても悪くても、終日楽しくプレーができそうなポジティブコーデだ。

ニットベスト ¥27,000/以上ヒールクリーク セーター ¥22,000 タートルネック \12,000/以上ロサーセン パンツ シューズ ¥17,900/以上ニューバランスゴルフ ニットキャップ/以上J.リンドバーグ ※すべて税抜

■PROFILE : Kim-Chang(きむ・ちゃんぐ)

メンズファッション誌『SAFARI』のスタイリングを創刊から担う同誌の看板スタイリスト。アメカジに精通し、LAを中心とした西海岸スタイルやハリウッドセレブのスタイルに造詣が深い。ゴルフは40歳を過ぎてからスタート。撮影の合間を縫ってのラウンドはほぼ月イチ。夢はそれを週イチにすること。「平均スコアは……まだ秘密(笑)」。

STYLE 04きれいなのに主張する コンサバモードスタイル

チェック・オン・チェックに、さらにチェックをもうひと押し!

アイテムだけを見ると、スイングトップにボタンダウンシャツ、スラックス、そしてキーアイテムのニットベストときれいにまとまっていて、確かに栃木氏らしいコンサバスタイルだ。それなのにどこか漂うモード感。これは一体何故?

栃木氏:「今季のトレンドとして、じわじわと注目を集めているチェックを全体に使ったからでしょう。ニットベストが、よく見ると大柄のチェック柄ですので、それを上下に拾いました。まず、ボタンダウンシャツに細かなオーバープレイド。パンツには、ベストよりは小さいながらやや大柄のチェック。チェックのピッチを3点使い分けてメリハリをつけているのです」

チェックの大きさを変えるとは、常人には思いつかないテクニックだ。確かにこのチェック・オン・チェック・オン・チェック(長い?)で、コーデにメリハリがついているのだから不思議だ。

いかにも、西海岸セレブが自宅近くの海沿いコースで軽やかにプレーしているのが想像できる。ちなみに、こんなに色を使っているのに、まとまりがあるのは何故?

結果的に、モードな感性をしっかりと抑えながら、コンサバなアイテムで丸く収める。これで、スコアも丸く収まるといいのだが。

ニットベスト ¥27,000 ベルト/以上ヒールクリーク ブルゾン モックネックシャツ/以上J.リンドバーグ ポロシャツ サンバイザー/以上マスターバニーエディション ピュアタッチ グローブ ¥2,500 17 プロドライ スポーツソックス ¥800 シューズ/以上フットジョイ ※すべて税抜

■PROFILE : 栃木雅広(とちぎ・まさひろ)

『メンズクラブ』などの男性ファッション誌や広告、ゴルフ媒体のファッション企画などでも活躍。特に好印象を与えるコンサバに独自の感性をミックスしたスタイリングに定評あり。ゴルフ歴は、学生時代から空白期間をおいて足掛け15年。スコアを気にせず、楽しさ重視で撮影スタッフやアパレル関係と回るエンジョイゴルファー。

  • Model by Laurent Takigawa
  • Model Shooting by Yoshiaki Tsutsui
  • Model Styling by Kim-Chang
  • Hair & make up by TOYO
  • Direction by Kenji Koga
  • Still Shooting by Hiroyuki Suzuki
  • Text by Masashi Takamura
  • Still Styling by Hiroshi Morioka, Ryo Kuroda, Kim-Chang, Masahiro Tochigi
  • Edit by Keiichi Moritani

問い合わせ先

ヒールクリーク グリップインターナショナル Tel:03-6408-8686 http://healcreek.com/

ロサーセン グリップインターナショナル Tel:03-6408-8686 http://rosasen-jp.com/

J.リンドバーグ グリップインターナショナル Tel:03-6408-8686
J.リンドバーグ新丸の内店 Tel:03-5222-3540 http://jlindeberg-jp.com/

フットジョイ アクシネット ジャパン インク Tel:0120-935-325 https://www.footjoy.jp/

マスターバニーエディション マスターバニーエディション 広尾店 Tel:03-6721-7063 http://masterbunnyedition.net/

ジャックバニー!! バイ パーリーゲイツ TSI グルーヴアンドスポーツ Tel:03-6748-0096http://jack-bunny.net/

ジーフォア ニーディープ Tel:03-5422-6421 http://www.kneedeep.jp

ロイヤルアルバトロス ニーディープ Tel:03-5422-6421 http://www.kneedeep.jp

ラムダ ニーディープ Tel:03-5422-6421 http://www.kneedeep.jp

インコテックス スローウエアジャパン Tel:03-5467-5358

カシラ カシラ ショールーム Tel:03-5775-3433 http://www.ca4la.com/

ニューバランスゴルフ(ウエア) 株式会社TSIグルーヴアンドスポーツ Tel:03-6408-8686 http://www.newbalance-golf.com/

ニューバランス(シューズ) ニューバランス ジャパンお客様相談室 Tel:0120-577-235 http://www.newbalance.co.jp/golf/

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
検索する検索する メニュー
閉じる