ポルシェ「パナメーラ」と過ごすONとOFF ティーチングプロ堀尾研仁の選択

f:id:natsuko_toma:20201026095510j:plain

f:id:risako_okano:20210409172546j:plain

パナメーラで行く!堀尾プロとのラウンドレッスンや、選べるドライバーが当たるキャンペーン実施中!

昨今はセダンやSUVといったボディ形式やサイズのみならず、パワートレーンもガソリンやディーゼル、ハイブリッドなどを当たり前のように選ぶ時代。けれども、自分にとっての必要な条件をひとつずつ検証していくと、選択が唯一無二の一台に限られることだって珍しくないのである。前向きに「これしかない!」と思える幸せな瞬間だ。ポルシェの4ドアスポーツカー「パナメーラ」を所有するティーチングプロ堀尾研仁は、そんな経験をした一人。なぜこのクルマを選択したのか。パナメーラのステアリングを握ってアクティブに活動する彼のONとOFFに迫った。

なぜパナメーラなのか、指名買いの理由

夜のとばりが下りた東京・有楽町。その路地裏でひとりの男がラゲッジスペースにキャディバッグを積んでいる。明日のラウンドレッスンに向けた準備をする彼の名は堀尾研仁(50歳)。「ケンホリオゴルフアカデミー」を主宰するティーチングプロである。堀尾プロの愛車はポルシェ パナメーラ。これまで様々なクルマを乗り継ぎ、時にはツアープロの帯同コーチとして日本中を走り回ってきた彼がたどり着いたひとつの結論でもある。

f:id:risako_okano:20210409183519j:plain

「クルマ好きなので、単なる移動手段というだけでは満足できません。できればスポーツカーのステアリングを握って、移動の時間も充実させたい。以前はドイツ製のセダンを気に入って乗っていましたが、ドライバビリティの部分までは満たせていなかった。クロスオーバーSUVに乗ったこともありますが、僕の場合はどうもしっくりきませんでした」ポルシェのスポーツカーの代表格といえば、伝統的な2ドアクーペのポルシェ911である。だが今回のクルマ選びでは、唯一パナメーラだけが堀尾プロが求める理想をすべて満たしていたのだという。

  • f:id:risako_okano:20210409172516j:plain

  • f:id:risako_okano:20210409172524j:plain

「2台持ちできるならポルシェ911のようなスポーツカーと、あと一台はお客さんを乗せられる大きめのクルマという組み合わせがベストだと思いました。でも僕の場合、駐車場や諸々の条件を考えると2台持ちは難しい。スポーツドライビングを楽しめて、でもお客さんをエスコートするときや、4人家族で旅行するような場合でも快適に過ごせる。あと名門コースのエントランスに停めた時の存在感も、ゴルファーの愛車に求められる重要な素質だと思っています。もちろん人数分のキャディバッグも積めなければいけません。

f:id:risako_okano:20210409172519j:plain

そんな我がままを一台で全部カバーしてくれるクルマをずっと探していましたが、実際はほとんどないに等しい。条件を一つひとつ考察していったとき、最後に残った一台がパナメーラだったのです。僕には昔からポルシェを手に入れたいという夢もあったので、じゃあ今叶えてしまおうと思ったんです」

f:id:risako_okano:20210409172528j:plain

4枚のドアを持ちながら、ポルシェのスポーツカーらしい低くてシャープなスタイリングを与えられたパナメーラ。現代のカテゴライズとしては4ドアクーペに分類され、ボディは5ドアのハッチバックとスポーツワゴンスタイル(パナメーラ スポーツ ツーリズモ)の2タイプがラインアップされている。今回、堀尾プロには自身のパナメーラではなく、最高出力630psを誇る最新モデル「パナメーラ ターボS」のステアリングを握ってもらった。

f:id:risako_okano:20210409172612j:plain

2020年のマイナーチェンジと同時にデビューしたターボSは、スポーツカーの格付けを決めるとされるドイツのニュルブルクリンク サーキットにおいて驚愕のラップタイムを記録し、エグゼクティブカーカテゴリーの世界最速モデルとして認定された。0-100km/hの加速をわずか3.1秒でこなし、最高速は315km/hに達する驚速のポルシェでありながら、ゴルファーズエクスプレスとしての素質もしっかりと備えている。

そのシャープなリアスタイリングからは想像がつきにくいが、パナメーラのラゲッジスペースは実に巧妙に設計されている。スペース後端の左右が大きくえぐられているので、スタンド式や軽量のキャディバッグなら横方向に2本並べて積むことができるし、その上に斜め方向に追加すれば3本積みとなる。トノカバーを外して斜め方向にクロスさせれば4本まで積むことも可能だ。リアのシートバックが分割可倒式になっているので、2~3名乗車でゴルフコースに向かう場合は、片側のシートバックを倒すことでゆったりと使うことができる。

  • f:id:risako_okano:20210409172700j:plain

  • f:id:risako_okano:20210409172642j:plain

パナメーラは4ドアのスタイリングから想像するよりもはるかに機敏な上に、伝統的なポルシェのスポーツイメージからすると意外なほどデイリーユースやゴルフとの相性がいいのである。

f:id:risako_okano:20210409172624j:plain

スポーツカー専業メーカーのアプローチが違いを生む

平日は有楽町にあるゴルフスタジオでレッスンを行い、週末はラウンドレッスンのために郊外のゴルフコースに向かうことが多いという。堀尾プロはほとんどの日々をアスリート的に過ごすONの人なのだ。

f:id:risako_okano:20210409172616j:plain

この日、堀尾プロがラウンドレッスンのために向かうのは、静岡県にある太平洋クラブ御殿場コース。「職業柄、友達とラウンドするような場合でも完全なOFFというのはありません。アドバイスを求められることもあるし、自分のゴルフに関しても“もっと上手くできないだろうか”といつでも探求してしまいます。だから今日はON、明日はOFFというのではなく、一日の中に両方が混じっている感じでしょうか。パナメーラはONとOFFに上手くフィットするクルマというイメージです。お客さんを乗せてゆったりと移動するときも、自分ひとりで楽しみながらゴルフコースを目指すときも、ポルシェでドライブしていることをひしひしと感じる。ベースがスポーツカーだからでしょうね」

  • f:id:risako_okano:20210409172539j:plain

  • f:id:risako_okano:20210409172703j:plain

現代のスポーツサルーンは、ベースとなる乗用車にスポーティなエンジンや足回りを追加したもの。しかしスポーツカー専業メーカーであるポルシェのアプローチは異なる。長年培ってきたスポーツカーのDNAに、クロスオーバーSUVのスタイルを与えたモデルがカイエンであり、4ドアの実用性を追加したモデルがパナメーラなのだ。ドライブフィールが他のブランドと違っているのは当然。「スポーツ」と「スポーティ」の差は、歴然と大きいのである。

「人を乗せている時のドライビングモードはNORMALが最適です。乗り心地はとてもいいけれど、クルマ全体の印象は引き締まっている。スポーツカーメーカーが提唱するNORMALは、一般的な“ノーマル”とは違うんです。完全に力を抜いてしまう感じではなく、アスリート的な緊張感が根底にある。そのせいか、ゴルフコースに向かう間もお客さんとの会話で、これからラウンドレッスンを真剣に楽しむための空気感を作っていきやすいんです」パナメーラの走行モードはNORMALのほか、SPORT、SPORT PLUS、そして各部の設定をカスタマイズするINDIVIDUALを指定することができる。

f:id:risako_okano:20210409172713j:plain

「走行モードを選択して、その時の気分に合わせ込んでいける感覚は、ゴルフのギアを調整するのと似ていますね。排気音の切り替えも気に入っています。室内を静かに保って音楽を聴きたい時もあれば、心地よい排気音とともにドライビングを楽しみたい時もある。パナメーラはどちらの“音”も感性に響きます」

  • f:id:risako_okano:20210409172721j:plain

  • f:id:risako_okano:20210409172718j:plain

行きの車内ではゴルフ以外の話題なども含めつつ、笑顔が絶えない堀尾プロだったが、ウェアに着替えてコースに出ると、その表情は引き締まり、ティーチングプロとしてのモードに切り替わる。聞けば、ラウンドレッスンで大事にしているのは、実際にラウンドしている時間だけではないという。

  • f:id:risako_okano:20210409172710j:plain

  • f:id:risako_okano:20210409172707j:plain

「僕は振り返りを大切にしています。スコアが良かったときはパーッと喜んで、ダメだったときは早く忘れたい、という人がいますけど、それではゴルフは上達しません。ゲストを乗せている時でもひとりの時でも、帰りの車内は今日のプレーを振り返るための貴重な時間なんです。自分のコーチングに関しても毎回反省しています。もっと上手くできたんじゃないか。次はこうすればもっとパフォーマンスを発揮できるんじゃないか。そういう心の準備やイメージができていれば、次に似たようなシーンに出会ったときに速やかに上手に対処できるはずです」

f:id:risako_okano:20210409172532j:plain

少し混み始めてきた帰りの東名高速道路。往路よりもいくぶんゆったりと、一日を振り返るようなシチュエーションでは、アダプティブクルーズコントロールがリラックスした移動を可能にしてくれる。速さにこだわるスポーツカーでありながら、パナメーラは普段使いの領域も完全にカバーしているのである。

f:id:risako_okano:20210409174625j:plain

OFFの走りに垣間見る、ポルシェの真価

愛車パナメーラのステアリングを握るのは、基本的にはON=ゴルフに関わる時が多いという堀尾プロだが、OFF=プライベートではファミリーカーとしても活用している。

f:id:risako_okano:20210409175553j:plain

「家族4人でパナメーラに乗って旅行に行ったりするのが大好きです。本当の意味でリラックスできる時間ですけど、2人の子供はリアシートに乗せたら寝ちゃいますね。そんなときでも僕は、ただの『運転手』になりたくないんです。子供たちを起こさないように静かに運転するだけ、みたいな。パナメーラはドライバーの入力に対して、瞬時に正しく反応してくれるので、ゆっくり走っている時でもドライビング感覚に満足できる。家族全員がゆったりと寛げる室内空間ではあるけれど、初めにスポーツカーありきなんです」

  • f:id:risako_okano:20210409172556j:plain

  • f:id:risako_okano:20210409172629j:plain

フロントシートと同じくスポーティな形状の2名掛けのリアシートは、オプションで8wayのパワーシートを選ぶことができる。また今回のターボSの全シートには、シートベンチレーションやマッサージ機能のオプションも装備されていた。徹底的に作り込まれたリアシートからも、エグゼクティブのための上質なモデルであることがうかがえるのである。

f:id:risako_okano:20210409172601j:plain

パナメーラの想像以上の使い勝手の良さに満足する堀尾プロだが、スポーツカーの本性を試すのは、やはりひとりでドライビングに没頭する瞬間だ。伊豆半島には様々なゴルフコースが点在しており、その道中にある箱根ターンパイクや伊豆スカイラインが堀尾プロのお気に入りのドライブコースとなっている。

  • f:id:risako_okano:20210409172542j:plain

  • f:id:risako_okano:20210409172549j:plain

「エンジンパワーに余裕のあるクルマが好きなんです。ターボSは、さすがに“世界最速のエグゼクティブカー”ですね。山を駆け上がっている時でも急勾配を全く感じない。ステアリングもブレーキも自然な感じで操作するだけで、ちょうどよく反応してくれる。スピード感があまり感じられないのは、ドライバーのインプットに対するクルマのアウトプットが正確に反映されているからなんだと思っています。信頼できるギアを使ってボールを自分の思った通りにコントロールする。やっぱりゴルフのプレーとポルシェのドライビングは似ている部分があると思います」

f:id:risako_okano:20210409172536j:plain

ステアリング上に備わる走行モードのセレクターでSPORT PLUSを選ぶと、即座に排気音がたくましく響くようになり、ステアリングの手応えも増す。ターボSのパフォーマンスを公道でフルに発揮することはとてもできそうにないが、その入り口に触れただけでもポルシェがクルマ作りに込めている密度の高さがわかるはずだ。

f:id:risako_okano:20210409172552j:plain

「NORMALモードの乗り心地がいいのは当然なのかもしれませんが、最強モードのSPORT PLUSでもしなやかさがちゃんと残っている点はすごいと思いました。スポーツカーを速く走らせようと思ったら、乗り心地のような部分はある程度、犠牲にしてしまうものだと思っていましたが、パナメーラは僕の中の常識を覆してくれました。箱根のワインディングはもちろんですが、高速道路のインターチェンジのような緩やかなカーブを走っている時でも本当に気持ちがいい。ずっとコーナリングしていたいと思うくらい(笑)。基本的にはゴルフ漬けの生活なので、たまのOFFにこういった走りが楽しめると、気分転換にもなるし、明日への活力が湧きますね」

  • f:id:risako_okano:20210409172621j:plain

  • f:id:risako_okano:20210409172604j:plain

時に硬質で、時に滑らか。変化し続ける日常に柔軟に合わせていける性能的な幅を持ったポルシェ パナメーラ。ONとOFFをともにアクティブにこなしたい堀尾プロにとってこれ以上の選択肢はないだろう。

f:id:risako_okano:20210409172608j:plain

ポルシェ パナメーラ ターボS メーカー希望小売価格:¥28,820,000(税込)
  • ボディサイズ | 全長 5050 × 全幅 1935 × 全高 1425 mm
  • ホイールベース | 2950 mm
  • 車両重量 |2120 Kg
  • エンジン |V型8気筒 DOHC ツインターボ
  • エンジン排気量 | 3996 cc
  • 最高出力 | 630 ps(463 kW)/ 6000 rpm
  • 最大トルク | 820 N・m / 2300-4500 rpm
  • 最高速度 | 315 Km / h
  • 0 - 100 km/h| 3.1 秒

Porsche Golf Cup Japan 2021
国内地区予選スタート

世界各国の勝者とゴルフの腕を競いながら、ポルシェの世界観を存分に味わえる特別なコンペティション、ポルシェゴルフカップ。 その国内地区予選がいよいよ5月よりスタート。

大会への参加方法や詳細情報はこちら 
https://www.porsche.co.jp/golfcup/2021/

プレゼントキャンペーン
PRESENT CAMPAIGN

キャンペーン概要

当選内容

【A賞】

パナメーラで行く、堀尾研仁ティーチングプロとのラウンドレッスンご招待

(太平洋クラブ御殿場コース):1組2名様

【B賞】

選べるドライバー1本:3名様

※対象商品は、下記<B賞>をご参照ください。

【C賞】

ポルシェスタンドバッグ(オリジナルキャディバッグ) :1名様

応募期間

2021年4月22日(木)~2021年5月31日(月)23:59まで

同意事項

■本キャンペーンは、やむを得ない事情により予告なく中止または内容が変更となる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

■賞品は抽選でのプレゼントです。

■賞品の写真はイメージです。また賞品は、予告無く内容・仕様が変更になる場合があります。

■ポルシェ ジャパン株式会社および同業他社の社員/関係者は応募できません。

■ご応募後、事務局よりお電話にてご連絡する場合がございます。また、後日、ポルシェ正規ディーラーよりご連絡する場合がございます。

■本キャンペーンは株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインが独自に行うものであり、Apple Inc.またアップルジャパン合同会社とは一切関係がありません。

抽選と当選結果について

■ご応募は、お1人様1回限りです。重複でのご登録は無効になります。

■当選の権利はご当選者ご本人様のみ有効で、譲渡はできません。また、当選の権利を金銭その他の物品と交換することはできません。

■当選の発表は、キャンペーン終了後、ご応募時に記入いただいたメールアドレス宛にご連絡させていただきます。

■応募の際にご登録いただいたお名前・ご住所・お電話番号に誤りがある場合や、ご住所、転居先が不明等の理由により賞品を配達できない場合は、ご応募・ご当選の権利が無効になる場合がございます

■交通事情、天候等で賞品の発送が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■抽選や当選に関するご質問の受付は行っておりません。

<A賞>

■当選のご連絡は、2021年6月中旬頃を予定しております。

■ご応募は 20歳以上で、日本国内で有効な運転免許所を所有した日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。また、下記の条件を満たす方を抽選対象とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

・日本国内で有効な普通自動車運転免許を保有されている方

・運転経験が1年以上の方

・普通自動車をご自身かご家族で保有されている方

・貸出期間中、車両の保管場所を確保できる方

・モニター車両の受け渡し、返却時に弊社指定の場所にお越しいただける方

・弊社の規定事項を順守いただける方

■貸出車両はポルシェ パナメーラとなります。ボディカラー等はお選びいただけません。また、諸事情により貸出車両が変更になる可能性がございます。

■天災等によりお貸出し・ゴルフプレーが難しいと判断した場合には、事前、または当日にご連絡のうえ、延期させていただく場合がございます。

■車両の引き渡し及び返却はポルシェが指定する正規ディーラーにて営業時間内のご対応とさせていただきます。

■車両のお貸出しは最大1泊2日となります。

■賞品には、2名様分のプレーフィが含まれます。それ以外の昼食、個人的な費用、車両貸出中に発生する諸費用(交通費・高速代・ガソリン代等を含む)はご当選者様で負担頂きます。

■車両貸出期間中に適用される保険内容、その他の条件はポルシェの規定に従うことに同意いただきます。詳細につきましては車両受け渡しの際にご説明いたします。

■お客様の責による事故、車両毀損があった場合、当該損害の保障は全額お客様のご負担となります。

■当日のスタート時間のご指定、コースのご指定はできません。

■ゴルフラウンドは、最大2名様までご利用いただけます。人数を超えてのご利用はできませんのでご注意ください。

■ラウンドレッスンの日程は2021年7月30日(金)となります。ご都合に合わない場合は、別のご応募者を繰り上げ当選と致します。ご了承ください。

■車両のお貸出しはラウンドレッスン前日のご予定となります。

■ゴルフ場は太平洋クラブ御殿場コース(静岡県)となります。

■ゴルフ場手配等の為、当選者様の情報を株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)へ第三者提供させていただきます。

■車両お貸出しの詳細事項、ラウンド等の詳細につきましては当選者様へのみご連絡いたします。

■当選権利メールをお受取頂けなかった場合、期日内に返信を頂けなかった場合、当選を無効にさせて頂く場合があります。

<B賞>

■希望のドライバーに関しては当選連絡時にお伺いさせていただきます。

■当選のご連絡は、2021年6月中旬以降を予定しております。

■賞品は下記4つからお選びいただけます。

SIM2 マックス ドライバー TENSEI BLUE TM50  ロフト:10.5 フレックス:SR

G425 MAX ドライバー PING TOUR 173-55 ロフト:10.5 フレックス:S

タイトリスト TSi2 ドライバー TSP110 50 ロフト:10 フレックス:S

SIM2 マックス-D ドライバー TENSEI BLUE TM50 ロフト:10.5° フレックス:S

■スペックに関しては右利き・左利き用のどちらかお選びいただけます。

■その他のスペックの変更はいたしかねます。

■その他、商品の供給状態によりプレゼント対象外となる商品がございますので、あらかじめご了承ください。

<C賞>

■2021年6月中旬以降賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます。

注意事項

(1)抽選結果のご連絡

(2)本キャンペーンに関する問い合わせ対応

(3)本キャンペーンの運用・実態・管理

(4)ポルシェ ジャパン株式会社(守秘義務契約を取り交わしたデータベース管理会社を含む)またはポルシェ正規ディーラーによる、商品ご案内等のDM(eDM)やご連絡、訪問活動 本キャンペーンの主権は、ポルシェ ジャパン株式会社となります。

なお、取得した情報は、当選連絡以外は株式会社ゴルフダイジェスト・オンラインでは使用いたしません。

お問い合わせ先

ポルシェ・ジャパン フリーダイヤル:0120-846-911
www.porsche.com/japan/

【取材協力】

太平洋クラブ 御殿場コース

【衣装協力】

レザーブルゾン ¥704,000(ムーレー、商品詳細A )/ カットソー ¥41,800(ヤコブ コーエン、B )/ パンツ ¥53,900(ヤコブ コーエン、B )/ ドライビングシューズ ¥75,900(トッズ、C )

■お問い合わせ先

A:コロネット:TEL.03-5216-6521

B:ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店:TEL.03-3405-0852

C:トッズ・ジャパン:フリーダイヤル 0120-102-578

閉じる