伊勢丹メンズ館がゴルフ売場のイメージを180度転換する

百貨店を利用することが、何となく敷居が高いと感じている人が多いのではないだろうか。それがゴルフクラブなら尚更だろう。年齢層の高い、金色に輝くクラブがガラスケースに入っているという昔ながらのイメージを持っている人は少なくない。しかし、ハイクオリティでこだわりの品揃えのクラブが並んでいたり、細かく計測できるフィッティングルームがあり、最新機器を使いこなせるフィッターがいるとしたら、百貨店のゴルフ売場の印象はガラリと変わるのではないだろうか。そんなイメージを一新する、伊勢丹メンズ館のゴルフ売場は、知る人ぞ知るゴルフ通が足繁く通う空間だった。今回は伊勢丹メンズ館のゴルフ売場の魅力に迫ってみたい。

Paragraph01 伊勢丹メンズ館ゴルフ売場とは

伊勢丹メンズ館は、2003年に伊勢丹新宿本店の別館を全面改装し、メンズ館としてオープンし15年となった。百貨店はどちらかといえば女性のお客様が多く、男性にはなかなか縁遠く、正直入りにくい。

というのも、百貨店の一階は女性化粧品やジュエリーなど、女性をターゲットにしている商品ばかりで、アウェイ感が伝わってくるからに他ならない。 しかし伊勢丹メンズ館は、名前通り1階からメンズが足を止めてしまうほどの魅力的な品揃えで、男性ファンをガッチリと掴んでいる。

ゴルフ売場は7階にあり、ズバッとエレベーターで直行したい気持ちと、1階からエスカレーターで時間を掛けて上がっていきたいという思いが交差しあう、魅力的なスペースとなっている。

伊勢丹メンズ館のゴルフ売場は、実は昔からファンが多く、どちらかといえばアスリートでマニアックなお客様が通っているという話を聞いた。

Paragraph02 一流百貨店バイヤーが厳選した品々

伊勢丹メンズ館ゴルフ売場の魅力は、いろいろあるが、まずは、国内外を問わないゴルフクラブの品揃えだろう。誰もが知る大手メーカーから、クオリティが高ければ地クラブだろうと、販路を限定するメーカーも取扱う。

流石一流百貨店のバイヤー、ゴルファーが興味を持つブランドは決して逃さない。今、話題のクラブメーカーであるPXGも、非常に早い時点で開始している。PXGは、アメリカの大富豪が様々なメーカーのクラブを購入した末に、納得行くクラブが出来上がらず、大手メーカーからクラブデザイナーを引き抜いて設立したクラブメーカー。資金と時間に一切縛らないからベストなクラブを作る。というコンセプトで開発されている。

PXGがクラブをフルラインナップさせた時には、50件に及ぶ特許を取得しているほど、様々な素材や製法をテストしたこだわりのクラブ。使用プロも多数で、米ツアーでは男女ともに優勝者を出し活躍中。

伊勢丹メンズ館は、PXGが日本市場に参入した直後から取扱を開始している。PXGの取扱については、歴史がありファンをガッチリと掴んでいる。他にも、マスダゴルフ、ムジークなど日本のこだわりメーカーも取り扱っている。金ピカのクラブも、もちろんあるがかなりのゴルフ通が通っていることを想像するのはたやすい。

Paragraph03 伊勢丹メンズ館のフィッティングとは

品揃えが素晴らしくても、それだけではゴルフクラブを買う気にならない。自分にはどんなクラブがあうのか、話題の新製品をただ販売するだけでは、なかなかお客様はやってこない。品揃が本格的になればなるほど、ただ試打するだけのお店では、お客様は納得しない。フィッティングしなければ、ゴルフ売場と言えないぐらいに競争は激化している。百貨店でフィッティング?と思う声が聞こえてきそうだが、伊勢丹メンズ館のフィッティングルームは一度チェックしたほうがいい。まず百貨店に試打室があるだけでも驚くのに、TrackManと肩を並べる最新の弾道計測器、フライトスコープX3が早々に導入されている。

フライトスコープX3は、飛距離を決めるボール初速、打ち出し角、スピン量だけでなく、クラブのヘッドの軌道や、インパクト時のフェースの打点位置、インパク時のフェース向きをわかりやすく説明するD-プレーン理論をもとに、ゴルファーにわかりやすく、表示される機能を持っている。ゴルファーがレベルアップできる、より深いフィッティングが可能だ。

Paragraph04 敏腕フィッターの存在

このフィッティングルームを観たら、敏腕フィッターが居ることを想像するのはたやすい。フィッターの田邊氏はフィッティング歴15年、より深いフィッティングができるようにアシスタントプロの資格も取得したそうだ。

今使っているクラブ、スイングを分析するのはもちろんだが、フィッティングを始めるまでのさり気ない会話から、お客様の好みやこだわりを探る。フィッティングを開始すると、スクリーンに詳しいデータが表示されるが、自身のフィッティングは3つの大切なことがあるという。

  • ・クラブに触れて、構えて、第一印象を尊重
  • ・打ってみたフィーリング
  • ・弾道計測器によるデータ

具体的な数字が出ると目で見て判る部分があるが、お客様の感じていることは、フィッターには直接わからない。しかしゴルフクラブを実際にコースで使っていく場合、第一印象やフィーリングというのは非常に大切。

さり気ない会話から、お客様が言葉に出来ない印象を引き出し、自分だったらどうしたいか?を一歩引いた立場で置き換えて、アドバイスしていくという。

百貨店のゴルフ売場らしい、クオリティの高さと高い分析力、そこからお客様の気持ちや要望に寄り添うようなクラブ選びの提案をしていくのが、田邉氏のスタイルだ。

Paragraph05 メンズ館でクラブを選ぶスタイル

伊勢丹メンズ館は、一階から独自の品揃えで男性ファンを魅了している。ゴルフ売場も、クオリティとオリジナリティに溢れる品揃えだ。それはゴルフクラブだけでなく、キャディバッグ、シューズ、アクセサリーに至るまで、伊勢丹らしいクオリティに溢れている。逆にこんなにクラブにこだわるお客様が多いのに、他のゴルフグッズにこだわらないわけがない。違いがわかり、オリジナリティを大切にするゴルファーが納得するゴルフスタイル自体を伊勢丹メンズ館ゴルフ売場は取り扱っている。

こだわりの品揃えと、納得のフィッティング、そしてハイクオリティな接客でゴルフのすべてが揃う空間。それが伊勢丹メンズ館ゴルフ売場。百貨店でゴルフクラブ?と思ったゴルファーには、是非訪れて欲しいと思う。先入観がガラリと変わること間違いないと思う。

  • Photo / Text : Motoharu Tajima

bruder.golfdigest.co.jp

お問い合わせ先

  • 伊勢丹新宿店メンズ館7階 ゴルフギアショップ TEL: 03-3225-2786 担当 筧 田邊 水野

    www.imn.jp/
  • PXG日本総代理店・株式会社JMC GOLF TEL: 03-5635-1280

    www.jmc-golf.jp
閉じる