ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ スパイダーを発表。オープンエア最強のパフォーマンスを実現

ジュネーブ・モータショーで、ウラカン スパイダーを発表

ランボルギーニは、現在スイスで開催中のジュネーブ・モータショーにおいて、ウラカン・スパイダーのハイパフォーマンス仕様「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」を公開した。

今回、ランボルギーニが特許を取得し、複雑な形状が可能なフォージドカーボンコンポジットを導入したことで、ノーマルのウラカン スパイダーに比べ35kgの軽量化。また、このフォージドコンポジットは、 アクティブ・エアロダイナミクス・システムALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)にも採用されている。

空力負荷を最適化する「ALA」

「ALA」は、高ダウンフォースや低ドラッグを必要とする場面で空力負荷を最適化するだけでなく、高速コーナリング中にはエアロ・ベクタリングを発動させ、強大なダウンフォースを発生させる。サーキットでも公道でも、状況を選ばず優れたドライビングダイナミクスを提供するシステムだ。

最高速度325km/h、640hpを発揮するエンジン

すでに発売されている「ウラカン ペルフォルマンテ クーペ」と同様、サスペンション強化、ESC(横滑り防止装置)の再調整、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)の応答性の向上など、ベースモデルから大幅にパフォーマンスを向上。

640hpを発揮する5.2リッターV型10気筒自然吸気エンジンに、フルタイム4WDを組み合わせたことで、0→100km/h加速3.1秒、最高速度325km/hという性能を発揮する。また、100km/hから完全停止までに要する距離はわずか31.5mとなる。

わずか17秒で、オープンエアーを感じられる

軽量電動油圧式ルーフは50km/h走行中でも、わずか17秒で開閉することができる。リヤウィンドウも電動で開閉が可能となっており、閉じた場合には風よけとしても機能する。

ルーフを格納すると、ふたつの可動フィンは格納スペースから突き出た状態になり、シートバックからリヤセクションにかけてラインを描き、スパイダー独自の特徴的なシルエットを描き出している。

また、フィン内部に組み込まれたダクトにより、オープントップ走行時の風の巻き込みを抑える効果もある。

 ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーのデリバリーは、2018年夏以降を予定。日本での価格は3561万3532円(税抜)となっている。

閉じる