旅する写心〜Harmony In The End of Summer

西の海に沈む太陽を見ながら
私は育った。
もう帰らないといけないのに
いつまでもジーッと眺めていた。

茜色は刻々と深みを増していく。
ゴルフコースの写真を撮るようになって
そのようなシチュエーションのホールを
ずっと探していたのかもしれない。
もうコースにはプレーヤーも
メンテナンスの人もいない。
支配人には少し遅くなるかもしれないと言って
撮影用のカートを借りた。
昼間のうちに大体の目星はつけていた。

西側が海で、
ピンフラッグの向こう側は何もない
デイゴコースの2番。
今まさにドラマが始まろうとしている。

幼い頃に見た和歌山の海を想い、
春に見たRoyal Liverpoolでの風や、
秋に訪れたPebble Beachの波の音、
いろいろなことがフラッシュバックした。

やっと世の中が動き出したこの夏。
久しぶりに日焼けした自分に驚く。
夏の終わりのハーモニー。

宮本 卓Taku Miyamoto

1957年、和歌山県生まれ。神奈川大学を経てアサヒゴルフ写真部入社。84年に独立し、フリーのゴルフカメラマンになる。87年より海外に活動の拠点を移し、メジャー大会取材だけでも100試合を数える。世界のゴルフ場の撮影にも力を入れており、2002年からPebble Beach Golf Links、2010年よりRiviera Country Club、2013年より我孫子ゴルフ倶楽部でそれぞれライセンス・フォトグラファーを務める。また、写真集に「美しきゴルフコースへの旅」「Dream of Riviera」、作家・伊集院静氏との共著で「夢のゴルフコースへ」シリーズ(小学館文庫)などがある。全米ゴルフ記者協会会員、世界ゴルフ殿堂選考委員。

閉じる