日本市場に新風を マセラティSUV「グレカーレ」が秘める野心と可能性

2022年5月に、いよいよマセラティ「グレカーレ」の日本受注がスタートした。グレカーレとは、マセラティにとって「レヴァンテ」に続く第2のSUV。“いよいよ”と記したのは、世界的な半導体不足の影響により生産スケジュールが遅れていたからで、首を長くして待っていたファンは多かったに違いない。 日本での発売は2023年以降を予定。試乗できる機会はまだ先になるが、事前情報を見る限り、間違いなく日本で売れるだろうと思える2つの理由を示したい。

そのひとつは絶妙なサイズ感だ。世界的なヒット作となったレヴァンテは、全長が5000mmを超える威風堂々としたサイズで、ホイールベースも3000mm超だった。一方のグレカーレは、ベーシックグレードである「GT」の全長が4846mmで、ホイールベースが2901mm。レヴァンテとグレカーレの関係をざっくりと例えるなら、ポルシェにおける「カイエン」と「マカン」に近い。 トヨタ「ハリアー」よりもひと回りほど大きいサイズだから、日本の道路事情でも扱いやすいはず。ホイールベースがレヴァンテより100mm以上も短いことから小回りも利くはずで、日本の駐車場環境でも取り回しに困ることはないだろう。

しかも、少しコンパクトなサイズながら、きれいな弧を描くルーフラインなどの伸びやかなデザインは失われていない。また、リアのブーメラン型のテールランプは、イタリアを代表するデザイン界の巨匠、ジョルジェット・ジウジアーロが手がけたマセラティ「3200GT」のテールランプをモチーフにしたもの。こんな遊び心も、イタリア車好きやマセラティのファンに刺さるだろう。さらに後席の広さはこのクラスのSUVでトップレベルだというから、ただの“ええカッコしぃ”ではなく、実用面にも期待できる。

もうひとつの理由は、ベース仕様のGTが862万円からという戦略的な価格設定。名門マセラティのエンブレムが付いたSUVにこの価格で乗れるとは、かなりお値打ち感がある。 グレカーレには3つのグレードが用意され、GTは2.0リッター直列4気筒ターボエンジンを軸としたマイルドハイブリッド仕様。ベーシックなグレードとはいえ、最高出力は300psと十分以上だ。その上にはパワートレーンを330psに強化した「モデナ」があり、価格は1046万円からとなる。 最高性能の「トロフェオ」は、最高出力530psの3.0リッターV型6気筒ツインターボエンジンを搭載する。0-100km/h加速3.8秒を誇るスーパーSUVで、価格は1395万円から。ちなみにこのエンジンは、マセラティのフラグシップであるスーパースポーツ「MC20」が積むものをデチューンしたもの。MC20が軽く2500万円を超えることを思えば、この価格はバーゲンプライスといえる。

コンパクトでお値打ち価格だからといって、決して安っぽくしていないあたりは名門のプライドだろう。色艶のいいレザー、美しいステッチなどの豪奢なインテリアは、いかにもイタリアらしい華やかさに満ちているし、クラフトマンシップも感じさせる。 そして伝統のイタリアンラグジュアリーに、2つの液晶パネルを組み合わせたセンターコンソールの近未来感が組み合わされて、ハッとするような新しさがある。ラグジュアリーなブランドにとって、視覚的に驚きを与えることも大切なのだ。 グレカーレという車名は、地中海に吹く北東の風に由来する。風の名前を与えることはマセラティの伝統で、たとえば「ギブリ」はサハラ砂漠に吹く熱風、レヴァンテはスペインから地中海に吹き下ろす風。また、かつて存在した「ボーラ」はアドリア海に吹く風にちなんだものだった。

グレカーレもその名の通り、高級SUV市場に風を吹き込むだろう。ここ数年、日本市場におけるマセラティの販売台数は年間で約1000台と好調に推移している。グレカーレは年間1000台の販売を見込んでいるというから、計画通りに進めば、日本におけるマセラティの販売台数は倍になる計算。グレカーレの戦略的な値付けには、こうした期待と野心が込められているのだ。

マセラティ グレカーレ GT  車両本体価格: 862万円(税込)

  • ボディサイズ | 全長 4846 X 全幅 1948 X 全高 1670 mm
  • ホイールベース | 2901 mm
  • 車両重量 | 未発表
  • エンジン | 直列4気筒 ターボ MHEV BSG付
  • 排気量 | 1995 cc
  • 変速機 | 8速 AT
  • 最高出力 | 300 ps(221 kW) / 5750 rpm
  • 最大トルク | 450 N・m / 2000 - 4000 rpm
  • 最高速度 | 240 km/h
  • 0-100 km/h | 5.6 秒

 

    • Text : Takeshi Sato

お問い合わせ先

  • マセラティ コールセンター フリーダイヤル:0120-965-120 (9時~18時半/年末年始を除き無休)

    maserati.com/jp
閉じる