「旅する写心」〜Can’t Help Falling In Love

この時期が来ると思い出すことがある。
作家の伊集院静さんと4年にもわたる
世界のゴルフコースを巡る旅を終えたのが
5月のロイヤル・ドーノックであった。
ちょうどコースには
ハリエニシダの黄色い花が咲き誇っていた。

ペブルビーチから始まった旅は、
読者の人にも夢叶うよう
パブリックアクセスが可能なコースを選んだ。
そしてなぜ最後がドーノックであったのか。
スコットランドの北の果ての
ひなびた町にポツンとあるコース。

1887年にオールド・トムモリスが設計し
その時に手伝ったのが
地元出身で当時15歳のドナルド・ロスだった。
彼はその後アメリカに渡り
素晴らしいコースを造り続けた。
人から人へ。

今でも残るロスの生家を訪ねたあと
街の小さなバーに立ち寄った。
知らず知らずのうちにグラスを合わせた。

「旅も終わりだな」

伊集院さんが寂しそうにつぶやいた。

「人生は哀しいものだから。
その哀しいものをゴルフは救ってくれているのかも」

今年もドーノックは黄色い花に包まれているのだろうか。

宮本 卓Taku Miyamoto

1957年、和歌山県生まれ。神奈川大学を経てアサヒゴルフ写真部入社。84年に独立し、フリーのゴルフカメラマンになる。87年より海外に活動の拠点を移し、メジャー大会取材だけでも100試合を数える。世界のゴルフ場の撮影にも力を入れており、2002年からPebble Beach Golf Links、2010年よりRiviera Country Club、2013年より我孫子ゴルフ倶楽部でそれぞれライセンス・フォトグラファーを務める。また、写真集に「美しきゴルフコースへの旅」「Dream of Riviera」、作家・伊集院静氏との共著で「夢のゴルフコースへ」シリーズ(小学館文庫)などがある。全米ゴルフ記者協会会員、世界ゴルフ殿堂選考委員。

閉じる