リラックスを演出する“くすみカラー”の正攻法とは

f:id:gdogdo:20210422175244j:plain

まだまだ続くコロナ禍で、落ち込みがちな気分を少しでも明るくしたい!そんな時は、パッと気持ちを高めてくれる暖色を、やわらかな“くすみカラー”として取り入れるのが正解です。リラックス気分に寄り添ってくれる、上手なコーディネート例をご紹介します。

メローイエローは陽気に取り入れるのが気分

f:id:gdogdo:20210422175227j:plain

ポロシャツ¥22,000(マンシングウェア、商品詳細A)、サングラス¥36,300(オリバーピープルズ、B) パーカー¥22,000、ハット¥6,600、パンツ¥19,800(キャロウェイ レッド レーベル、C)シューズ¥20,900(キャロウェイアパレル、C)その他スタイリスト私物/全て税込

タイダイ柄のポロシャツと、淡いピンクのパンツを合わせた、70年代を感じさせるヒッピースタイル。全体のトーンを淡く、やわらかい色味でまとめることで、春らしい軽やかな着こなしに仕上がります。多幸感のある暖色を、大胆に全身で取り入れれば、エネルギッシュで親しみやすい印象に。

ベージュは“ワントーン”で魅せるのが上級者

f:id:gdogdo:20210422175235j:plain

Tシャツ¥9,900、ポロシャツ¥17,600、キャップ¥6,820、ショーツ¥24,200、キャディバッグ¥63,800、シューズ¥35,200(パーリーゲイツ、D)サングラス¥53,900(アイヴァン 7285、E)/全て税込

肌馴染みの良いベージュは、ワントーンでまとめるのが◎。色にインパクトが少ないので、Tシャツの中にポロシャツを合わせ、レイヤードを楽しんでも重たい印象になりません。ワントーンで着こなす際は、濃度がばらばらだと、コーディネートがちぐはぐに見えるので要注意です。

太陽に映えるシャーベットオレンジ

f:id:gdogdo:20210422175253j:plain

ポロシャツ¥13,200、ショーツ¥9,900(ロサーセン、F)ハット¥5,720(キャロウェイアパレル、C)シューズ¥28,600(パーリーゲイツ、D)その他スタイリスト私物/全て税込

太陽の日差しに映えるオレンジを主役にした着こなし。ビタミン感の強い鮮やかな色味ではなく、爽やかさすら漂うくすみを用いるのがポイント。ストローハットと、ベルトではなくサスペンダーを使用することで、こなれ感を演出できます。遊びを知っている大人の男性に大変身!

STAFFスタッフ
Model
PATRICIO
Photo
Tomoo Syoju
Styling
Kim-Chang
Hair & Make up
Megumi Matsumoto
Edit & Text
Tsugumi Someno

問い合わせ先

  • A. デサントジャパンお客様相談室 TEL:0120-46-0310

  • B. ルックスオティカジャパン カスタマーサービス TEL:0120-990-307

  • C. キャロウェイアパレル  0120-738-884

  • D. パーリーゲイツ TEL:03-6748-0392

  • E. アイヴァン 7285 トウキョウ TEL:03-3409-7285

  • F. グリップインターナショナル TEL:03-6408-8686

閉じる