ポルシェ 718シリーズの最高峰、最高速度300km/hを超える718 スパイダー&718 ケイマン GT4 デビュー!

f:id:graphishio:20190607122221j:plain

  • f:id:ai2writer:20190625094432j:plain

ポルシェは、718シリーズの頂点に位置するモデル、718 スパイダーと718 ケイマン GT4を発表した。今回登場した2台は、718シリーズのデビュー以来初めて全てのテクニカルスペックが同一化された。両モデルとも、309kW(420ps)を発生する新開発4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、6速マニュアルトランスミッションが組み合わせられる。

  • f:id:ai2writer:20190625100604j:plain

心臓部に搭載される高回転型NAエンジンは、新型ポルシェ 911カレラのターボエンジンをベースに開発。最高出力はケイマン GT4では先代型を35ps、スパイダーでは45ps上回る309kW(420ps)、最大トルクは420Nmを発揮する。最高速度は300km/hの壁を突破し、718 スパイダーが301km/h、718 ケイマン GT4では304km/h。0-100km/h加速はどちらも4.4秒を誇る。

  • f:id:ai2writer:20190625094636j:plain

新欧州サイクルでの燃費は10.9リッター/100kmという数値を記録しており、部分的な負荷が掛かる状態で片側バンクのシリンダーが休止して燃費を低減する「アダプティブシリンダーコントロール」も、今回新たに採用。それぞれが独立した燃料噴射を行うピエゾインジェクションが、初めてDFI高回転型エンジンに搭載された。ふたつのレゾナンスバルブを備えた可変吸気システムにより、シリンダー内のガス交換も最適化されている。

  • f:id:ai2writer:20190625094713j:plain

718 ケイマン GT4は、エアロダイナミクスレベルが大幅に向上。ダウンフォースレベルが50%増加したにも関わらず、空気抵抗はベースモデルから変わらないことが、優れた空力効率を証明しているといえるだろう。エアロダイナミクスの向上には、新しくデザインされたリヤサイレンサーカバーが大きく寄与している。2本のサイレンサーがそれぞれアーチ状に独立したカバーを持つことで、リヤディフューザーを設置するスペースが生まれ、その結果としてリヤアクスル付近におけるダウンフォースが30%も増加した。

  • f:id:ai2writer:20190625094745j:plain

固定式リヤウイングも効率が向上しており、先代モデルより20%多いダウンフォースを発生。これは200km/hでの走行時に12kgのダウンフォースが増えることを意味している。また、フロントセクションは大型フロントリップスポイラーと前輪に沿って流れる空気を整える通称「エアカーテン」が空力バランスを整えている。

  • f:id:ai2writer:20190625094825j:plain

一方、718 スパイダーは、名車「550スパイダー」や「718 RS60スパイダー」といったポルシェ製ロードスターの系譜を引き継ぐモデル。簡単なステップで開閉可能な軽量ルーフは、開けた状態でも、閉めた状態でもその魅力的なシルエットは変わらない。718 ケイマン GT4との違いは、120km/hで自動的にリフトアップするリヤスポイラー。この効果的な空力デバイスは、これまでのボクスターでは考えられないほどのダウンフォースをリヤアクスル付近で発生させる。

  • f:id:ai2writer:20190625095030j:plain

現時点で日本市場への導入タイミングは明らかにされていない718 スパイダーと718ケイマン GT4。扱いやすいサイズに抜群の運動性能は、スポーツ走行を好む多くのゴルファーにとっても、魅力的な選択肢となりそうだ。

bruder.golfdigest.co.jp

bruder.golfdigest.co.jp

bruder.golfdigest.co.jp

お問い合わせ先

  • ポルシェ・ジャパン フリーダイヤル:0120-846-911

    www.porsche.com
閉じる