BMW Z4、2年ぶりに復活。直4と直6、2種類のエンジンをラインナップ

f:id:graphishio:20190416091629j:plain



  • f:id:graphishio:20190416091625j:plain

BMW Z4が2年ぶりに復活、日本への導入がスタートした。今回、伸びやかなスタイリングを実現すべく、先代モデルと比較して全長が85mm、全幅は75mm拡大。逆にホイールベースは25mm短縮、重心を下げたソフトルーフトップを採用したことで、高い俊敏性・操作性を実現している。

  • f:id:graphishio:20190416091559j:plain
  • f:id:graphishio:20190416091605j:plain

エクステリアはひと目でZ4だと分かるフォルムを採用した。ヘッドライトは内部にある2個の光源を縦方向に配置し、シャープな印象を持たせている。BMWを象徴するキドニーグリルは、新たにメッシュ状のワイドなデザインを採用。

クラムシェル型エンジンフードを取り入れたことで、ロングノーズ&ショートデッキという、クラシックスポーツカーを彷彿させる美しいデザインを実現さた。

  • f:id:graphishio:20190416091555j:plain

同セグメントのライバルにはメタルトップを採用する車種も少なくないが、Z4はこれまで通りソフトルーフトップを採用。このソフトトップは50km/h以下の走行時も10秒でオープン・クローズすることが可能となっている。

また、軽量な上、複雑な機構を持たないため、オープン・クローズ時どちらでも281リットルと、必要にして十分なラゲッジスペースを確保した。ゴルファーにとっては、見逃せないポイントと言えそうだ。

  • f:id:graphishio:20190416091613j:plain
  • f:id:graphishio:20190416091621j:plain

パワーユニットは最高出力197ps・最大トルク320Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒ツインターボガソリンエンジンに加え、最高出力340ps・最大トルク500Nmを発揮する3.0リッター直列6気筒Mパフォーマンス・ツインターボエンジンの2種類をラインアップ。

この新世代エンジンの実力を最大限に引き出すため、「Z4 sDrive20i M Sport」には、「M Sportサスペンション」に加え、オプションで電子制御ダンパーを備えた「アダプティブMスポーツ・サスペンション」の装備も可能。

  • f:id:graphishio:20190416091551j:plain

また、上級モデルの「Z4 M40i」には「アダプティブMスポーツサスペンション」が標準装備される。さらに、コーナリング後の加速性や安定性等を飛躍的に向上させる「Mスポーツ・ディファレンシャル」も搭載する。今回、車両を的確に操作することができる「バリアブル・スポーツステアリング」が、BMW Z4として初めて全車に標準装備された。

  • f:id:graphishio:20190416091616j:plain

インテリアはドライバーが運転に集中できるよう操作スイッチを配置。10.25インチ・コントロールディスプレイや、フルデジタルメーターパネルなど、視認性を高めたディスプレイを採用した。さらにBMWのロードスターモデルとして初めて、ヘッドアップディスプレイの装備が可能となっている。

  • f:id:graphishio:20190416091543j:plain

価格は566万〜835万円。先日、発表されたトヨタ・GRスープラとプラットフォームを共用化する、新型「Z4」。走りをとことん追求したスープラに対し、オープンエアを堪能できる「Z4」は、より快適性が重視されたと言えるだろう。BMWらしい“味”や、使い勝手に関しては、追ってレポートする予定だ。

お問い合わせ先

  • BMW ジャパンフリーダイヤル:0120-269-437

    www.bmw.co.jp
閉じる