アウディQ5に抜群の燃費性能と環境性能を誇るクリーンターボディーゼルモデルを追加

f:id:graphishio:20190206115945j:plain

  • f:id:graphishio:20190206101855j:plain

アウディ ジャパンはミッドサイズSUV「Q5」に、最新のクリーンターボディーゼル(TDI)を搭載した「Q5 40 TDI quattro」を追加した。さらにTDIモデルの発売を記念し、内外装と安全装備を充実させた「Q5 TDI 1st edition black styling」を、限定250台で販売する。「Q5 40 TDI quattro」に搭載されるのは、新開発の電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジン。最新のテクノロジーが惜しみなく投入され、高い環境性能と190ps/400Nmという運動性能を併せ持つことで、高い経済性とともに、余裕のあるドライビングフィールを実現した。JC08モード燃費はガソリンモデルを1.7km/lも上回る15.6km/lを実現。モード燃費による単純乗算でも、航続距離は約1100kmという足の長さを誇る。

  • f:id:graphishio:20190206101826j:plain
  • f:id:graphishio:20190206101835j:plain

1968cc直列4気筒TDIの排気系は、酸化触媒コンバーター、尿素SCRコーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、アンモニア分解触媒コンバーターなどを採用。加えて高圧コモンレール式インジェクターや、低高2系統のEGR(排ガス再循環)など、エンジン本体にも最新技術を投入したことで、非常に厳しい「欧州排ガス規制EURO 6」や日本の「ポスト新長期排ガス規制」をクリアした。

  • f:id:graphishio:20190206101830j:plain
  • f:id:graphishio:20190206101839j:plain
  • f:id:graphishio:20190206101843j:plain

価格は636万〜657万円(税込)。「Q5 40 TDI quattro」はエコカー減税の対象となっており、2019年2月現在、自動車取得税100%、自動車重量税100%、自動車税75%の減税が得られ、減税額は24万2900円となる。限定モデルの「Q5 TDI 1st edition black styling」は、「Q5 40 TDI quattro sport」をベースに、様々な装備を搭載。マトリクスLEDヘッドライト、アクティブセーフティを強化したアシスタンスパッケージ、エクステリアのブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、専用20インチホイールなどを追加しながらも、価格は89万円増の746万円(税込)に抑えている。

  • f:id:graphishio:20190206101850j:plain

扱いやすいサイズと、アウディが誇る4WDシステム「quattro」による抜群の走行性能に加え、高い燃費性能を手にした「Q5 40 TDI quattro」。1回の給油で1000km以上の航続距離は、ロングドライブの多いゴルファーにとって、非常に魅力的と言えるだろう。

お問い合わせ先

  • アウディジャパンフリーダイヤルフリーコール:0120-598-106

    www.audi.co.jp
閉じる