ベントレーが誇る高級SUV、ベンテイガに寄木細工を取り入れた日本限定10台の特別仕様車登場

  • f:id:graphishio:20190206115954j:plain


    f:id:graphishio:20190206114318j:plain

ベントレーモーターズジャパンは、高級SUV「ベンテイガ」に日本限定特別仕様車の「A Limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan」を設定。このベンテイガは、本国ベントレーモーターズリミテッドのパーソナルコミッショニング部門「マリナ―」において、日本専用に10台のみが生産された特別仕様車だ。

エクステリアカラーには、メタリックの色彩に大地の力強さを感じる「ポーセリン」を採用。街中だけでなく、オフロードにおいても洗練された印象を与える。足元には22インチの「マリナ―パラゴンホイール」が奢られ、ブライトクロムマトリックスグリルやユニオンフラッグバッチなど、特別なアイテムが上質な英国のクラフトマンシップを主張する。

  • f:id:graphishio:20190206114314j:plain

ドアを開けると、このモデルの象徴である「マリナ―(Mulliner)」の文字が入ったLEDウェルカムランプが地面を照らし、「マリナ―トレッドプレート」がパッセンジャーを出迎える。

インテリアはメインハイドに明るいホワイトの「リネン」、セカンダリーハイドに「インペリアルブルー」を採用し、メインハイドを鮮やかに引き立てている。さらに明るいブラウンの「キャメル」を差し色として使ったことで、キャビンにより繊細な印象を含ませた。

  • f:id:graphishio:20190206114305j:plain


今回の特別仕様車で初めて採用されたのが「ブラック・ダイド・マドローナ」ウッド。インスツルメントパネルの、パッセンジャーシート側に、江戸時代から続く日本の伝統工芸である「寄木細工」からインスパイアされたウッドストライプが埋め込まれている。

  • f:id:graphishio:20190206114300j:plain

価格は3086万円(税込)、カスタマーへのデリバリーは2019年春を予定。近年、ゴルフ場のパーキングでも、特別な存在感を放っているベンテイガだが、日本のためだけにマリナーで製作された特別仕様車は世界中でたった10台のみ。パッセンジャーシートに特別な人を招き入れれば、美しい寄木細工を思わせるインテリアに驚きの声を上げるだろう。

bruder.golfdigest.co.jp

お問い合わせ先

閉じる