CAR

Information

アストンマーティン初のSUV「DBX」 ウェールズのグラベルコースで初テストを実施

アストンマーティンは、ブランド初のSUVモデルの正式名称を「DBX」に決定した。DBXの開発は順調に進行中で、最初のプロトタイプが製作され、アストンマーティンのチーフエンジニアであるマット・ベッカーがステアリングを握り、英国・ウェールズの過酷なラリーコースで初のテスト走行を実施した。DBXの最初のテストがウェールズで開始されたのは、このモデルがウェールズのヴェール・オブ・グラモーガンに建設中のセント・アサン新工場で生産されるからだという。

DBX開発の初期段階では様々なシミュレーションを実施。今回、プロトタイプをウェールズで走行させたことによって、シミュレーションの結果を「現実世界」へ移行させる作業が開始される。今後、雪と氷に覆われた北極圏、中東の砂漠、アルプス山脈のワイディングロード、ドイツのアウトバーン、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)の超高速コースなど、世界中の最も過酷な環境下でテストが実施される予定だ。

DBXプロトタイプの初テストを任されたマット・ベッカーは、次のようにコメントした。

「DBXの開発においては、ドライビングシミュレーターを使用して、様々な調整作業を行なった。これによって、最初のプロトタイプを製作する前に、開発を飛躍的に前進させることが可能になったんだ。それでも初期のプロトタイプで実際の道を走れるようにするには、大変な労力を必要とした。でも、このプロトタイプはほぼ完璧に近いシミュレーション通りのパフォーマンスを示してくれたよ」

「エンジニアとして自分たちが開発しているクルマを実際に運転できることは、非常にエキサイティングな体験だった。DBXは従来のアストンマーティンの各モデルとはまったく異なるタイプのクルマだが、あらゆる条件や地形でテストを繰り返して、アストンマーティン・ブランドにふさわしいドライブ体験をカスタマーに届けることができると確信している」

DBXは2019年後半に発表される予定で、その後アストンマーティンのセント・アサン工場で生産される。ラグジュアリーモデルを生産するこの最先端の工場では、同社初の電気自動車も生産される予定で、アストンマーティンにとっては「EVの拠点」となる工場だ。アストンマーティン・ラゴンダ社長兼最高経営責任者(CEO)のアンディ・パーマーは、次のように今後のプランを説明した。

「DBXプロトタイプのテスト走行が開始されたことは、アストンマーティン初のSUVモデルの歴史にとって、記念すべき第一歩となる。DBXはただ単にアストンマーティン初のSUVというだけでなく、セント・アサン工場で生産される最初のモデルだ。このモデルとともに、アストンマーティンの長い歴史における、輝かしい新時代が始まることになるだろう」

いよいよ英国の雄たるアストンマーティンのSUVモデルが、そのベールを脱いだ。高級SUV市場は、現在、百花繚乱の様相を呈している。BRUDER読者にとっては「果たして使えるのか?」ということが気になると思うが、今回発表されたのは偽装が施された状態での走行シーンのみ。2019年の正式発表に向けて、アストンマーティンからのさらなるインフォメーションを待ちたい。

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる