CAR

2018-2019年 話題の新型車

BMW X4、クロスオーバークーペの最新版

SUVのカテゴライズは曖昧なようなところがあるが、リアに向けてルーフラインが大きくスラントしたBMW X4のスタイリングを見れば、それが新種であると理解できるはずだ。BMWがクロスオーバークーペと定義づけるX4は、スポーツクーペのダイナミックな走りとSUVの実用性を融合させた急先鋒である。

Paragraph01 SUVの最新フェーズ

ラフロードを走破するためにリフトアップされた車高と、大きな荷室容量を確保したボディ。SUVは乗用車の実用性を追求した結果として生まれ、時代の流れに合わせて独自の発展を遂げてきた。BMWが独自にSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)と呼ぶBMW X4は、息つく暇もなく進化するSUVのトレンドを牽引するスタイルを持った1台だ。

BMW X4の最大の特徴は、SUVのアイコンでもあるボリューム感のあるリアボディを大胆に斜めにカットしたことで生まれたクーペシルエットにある。何よりスタイリッシュであることを優先し、しかしそれによるデメリットを可能な限り排除した成り立ちこそ、BMW X4が注目される理由なのである。

Paragraph02 X4の立ち位置

BMWのSUVラインナップは、最小のX1から来年の春にデビューを飾るX7まで、サイズや用途に合わせずらりと勢揃いしている。中でもクーペシルエットを最初にまとったモデルはX6であり、X4はその弟分といえる。 BMW X4は2014年に初代がデビューしているが、それから僅か4年半で早くもフルモデルチェンジとなり2代目へと進化している。

これはお化粧直しだけのマイナーチェンジではなく、現行7シリーズにはじまる新プラットフォームを採用した完全刷新である。一般的なクルマのライフサイクルは7年ほどだが、X4のような今まさに旬のクロスオーバーSUVが進化するペースは実に目まぐるしいのである。

セダン系に置き換えた場合の車格はBMW3シリーズ・セダンと同等のX4だが、全長4760mm、全幅1940mmというボディサイズは、現行の3シリーズより一回り大きく、2019年デビューすることになる新型3シリーズのそれに近い。

一方1620mmという全高は標準的なSUVスタイルのX3より50mm低められており、他に似ないスポーティなシェイプを生み出している。

Paragraph03 ルーフラインのせめぎ合い

低められた全高と聞いて気になるのは室内のヘッドクリアランスだろう。だが運転席に腰かけてみると、特にシートの座面が低められているわけではないが、ドライバーの頭上にはまだ充分な空間が残されている。

BMW X4のルーフラインはボディの真ん中あたりを頂点として下降線を辿るので、最も影響を受けるのはリアだ。ところがリアシートに腰かけてみると、頭上のルーフライニングが抉られたような形状になっており、身長180センチ程度の人の頭をすれすれで上手くかわしている。

ファミリーユースはもちろん、成人男性の4~5人乗りというシーンを考えても、X4の室内には充分なスペースが確保されているのである。さらにリアシートの足元スペースには5シリーズのセダンのような広々とした空間が確保されている点も車格に見合っている。

Paragraph04 ゴルファーにデメリット無し

ラゲッジスペースの容量が、クーペシルエットによりいくぶん狭まっている。ファミリーキャンプのためにラゲッジスペースの高さ一杯まで荷物を詰め込むようなシチュエーションでは、これはデメリットとなる。

だがゴルファーにとってはどうだろうか? X4のラゲッジスペースは高さが少し制限されているだけで、フロア面積は想像以上に広く確保されている。またラゲッジスペース後端の両角もちゃんとエグられているので、ゴルフバッグ1本を真横にして積むことができる。

3本積みの場合でも4:2:4分割のリアのシートバックの片側を倒すことで搭載が可能になる。ゴルフバッグを搭載してもなお、スペースにかなりの余裕があるので、X4のクーペシルエットは、ゴルファーのデメリットにならないのである。

Paragraph05 走りに宿るSACの世界観

SUVの性格は装着タイヤを見ればおおよそ見当がつく。X4のボディの四隅で存在感を放つフロント40、リア35という扁平率の21インチ・タイヤは言うまでもなく完全なオンロードユースである。

新型BMW X4には2種類のエンジンと2種類のシャシー設定による3モデルが用意されている。2リッター直列4気筒ターボのX4 xDrive 30iと、スポーティなX4 xDrive 30i M Sport、そして今回試乗したX4 M40iは360psを発生する3リッター直列6気筒ターボ・エンジンを搭載したトップモデルである。

スターターボタンを押すと、いかにもBMW Mらしい大き目の排気音が響きわたる。アイドリングのすぐ上からパワーが溢れるような印象のストレート6エンジンも素晴らしいが、身のこなしが軽やかに感じられるのはシャシーのお陰だろう。

現行 7シリーズ・セダンを、先代比で130kgも軽量化させた最新のプラットフォームを採用したBMWは例外なく軽さと強さの双方が増して感じられ、それはX4 M40iでも同じだ。

状況によってサスペンションの硬さが自動的に変化するAdaptiveモードを選び、早朝の首都高速に合流し、冨里ゴルフ倶楽部を目指す。ストレート6エンジンは回転域を選ばずパワフルでル、乗り心地も総じて引き締まっており、特別なクルマに乗っている感覚がひしひしと伝わってくる。

セダンと比べれば車体の重心は高いが、コーナリングによるロールは素早く収束するので、ストレスは感じられない。これまでBMWのMシリーズのセダンやクーペにのっていたようなドライバーでも、X4 M40iのドライバビリティにはきっと納得するはずである。

Paragraph06 最新の安全装備も充実

BMWの最新モデルならば、積極的に走らせた時のドライバビリティだけでなく、安全装備や急速に進歩しているドライビング・アシスト・プラス(運転支援システム)の完成度にも期待が集まる。

ナビをはじめとするインフォテイメントシステムはBMWお馴染みのiDriveコントローラーの以外にも、音声認識やジェスチャーコントロールによって快適に操作できる。またBMWコネクテッド・ドライブ・デジタル・サービスによって目的地周辺の情報を調べたり、スマホに専用のソフトをインストールし愛車を遠隔操作するような先進の機能がフル装備されている点も最先端のモデルに相応しい。

一方、高速道路で一定の間隔を保って前走車に追従する機能であるACC(アクティブ・クルーズ・コントロール、ストップ&ゴー機能付)もBMW史上最高と呼べるほどレベルが高かった。

ステアリング&レーン・コントロール・アシストの動きもかなり滑らかになっており、渋滞の中でもリラックスして過ごすことができた。

帰り道に渋滞にはまる可能性が高いゴルファーのクルマ選びにおいて、ACCの完成度の高さは何よりも優先されるはずなのでこれは重要だ。

Paragraph07 激戦区のベストチョイス

4ドアセダンには飽きはじめているし、かといって一般的なSUVのファミリーユースの雰囲気も自分の好みに合わない。そんな30代後半から50代までの、アクティブなゴルファーにとって、ヨーロッパメーカーから相次いでリリースされているクーペスタイルのSUVは格好の選択肢に違いない。

すでにリリースされているBMWのX6やX4、メルセデスのGLCクーペやGLEクーペ以外にも、アウディはQ4を、ポルシェはカイエンクーペを開発中と言われており、クーペスタイルSUVのマーケットは今後さらなる激戦区となるに違いない。

その中にあって現状手に入れることのできる最高の1台が、BMWの最新にして、X4シリーズの最強モデルであるX4 M40iなのである。

BMW X4 M40i
メーカー希望小売価格:メーカー希望小売価格:9,770,000円~(税込)

  • ※写真はオプション装着車。
  • ※表示価格にはオプションは含まれておりません。
  • ※価格には保険料、税金(消費税除く)、自動車リサイクル料金、その他登録等に伴う費用等は含まれておりません。
  • ボディサイズ  | 全長4760×全幅1940×全高1620mm
  • ホイールベース | 2865mm
  • エンジン | 直列6気筒DOHCターボ
  • 排気量 | 2997cc
  • 最高出力 | 360ps (265kW) / 5500rpm
  • 最大トルク | 500Nm / 1520-4800rpm
  • BMW X4 M40iのトピック
  • ●他に似ないスポーティなシルエット
  • ●BMW Mならではの刺激的なドライバビリティ
  • ●ゴルファーにとって妥協いらずのラゲッジスペース
  • Photo : Koichi Shinohara
  • Text : Takuo Yoshida

お問い合わせ先

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる