CAR

Information

レンジローバーとレンジローバー スポーツに 抜群の燃費性能を誇るPHEVが登場

レンジローバー

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーSUV「レンジローバー」と、プレミアムスポーツSUV「レンジローバー スポーツ」のラインナップに、プラグインハイブリッド(PHEV)モデルを追加した。

今回、初めて導入されたPHEVシステムは、INGENIUMガソリンエンジン(最高出力300ps)に、高出力モーター(最高出力85kW/116ps)を併用する「パラレル式ハイブリッド」となる。

INGENIUMエンジンとモーターの両方を合わせた最高出力は297kW/404ps、最大トルクは640Nm。0-100km/h加速は「レンジローバー」で6.8秒、「レンジローバー スポーツ」で6.7秒を記録し、最高速はそれぞれ220km/hに達するという。

レンジローバー メーターパネル

走行中、モーターとガソリンエンジンはシームレスに切り替わり、低速域や滑りやすい路面でもスムーズなハンドリングを提供。走行モードは状況に合わせて、パラレル・ハイブリッド・モードとEVモードから選択することが可能だという。

  • レンジローバー

  • レンジローバー スポーツ

パラレル・ハイブリッド・モードでは、バッテリーの充電レベルが設定値以下にならないように走行する「セーブ機能」、ナビゲーションシステム経由で目的地までの高低差データを活用し、モーターとガソリンエンジンを最適なレベルで切り替えてエネルギー効率を高める「エネルギー最適化予測機能」を採用。

モーターのみで走行するEVモードでは、最高レベルの静粛性を確保しながら、航続距離はフル充電で最長51kmを誇る。

  • レンジローバー

  • レンジローバー スポーツ

充電中であれば、エアコン使用時の電力をケーブルから供給することで、搭載バッテリーを消費することなく車内の冷暖房機能を起動可能。車内に乗り込む前に快適な空間を用意することができる。

また、200Vの普通充電に対応しており、家庭や公共施設・商業施設でも充電が可能だ。充電ポイントはベースのデザインを損なわないよう、フロントグリルに配置された。さらに標準装備のスマートフォン向けアプリ「リモート」を活用することで、車両の充電状況を確認したり、充電するタイミングを調整したりすることも可能となる。

レンジローバー スポーツ

価格は税込みで、レンジローバー(PHEV)が1508万円〜2866万円、レンジローバー スポーツ(PHEV)が1185万円〜1315万円。英国仕込みのラグジュアリーと抜群のユーティリティに加え、PHEVの追加で環境性能までも手に入れた、レンジローバー&レンジローバー スポーツ。ゴルファーも憧れるラグジュアリーでスポーティなクロスカントリーモデルが、さらにライバルの追従を許さないレベルにまで到達したと言えそうだ。

問い合わせ先

ジャガー ランドローバー ジャパン フリーダイヤル : 0120-18-5568

ランドローバー: www.landrover.co.jp/

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる