CAR

BRUDER 1周年記念 GOLF is the LIFE!

ベントレー ベンテイガ、白洲次郎が愛したクルマを手にした

ビジネスもゴルフも、時間に追われるように駆け足でこなしてきた。だが50歳という節目が目前に迫ってきたこともあって、最近少しだけリズムを変えてみることにした。先ごろ納車されたベントレーもそんな気持ちの変化を表していると思う。

ベントレーに興味を抱いたのは、白洲次郎のライフヒストリーに触れたことがきっかけだった。彼は1920年代のイギリスでベントレーを乗り回し、ヨーロッパ中を旅して回ったことで知られる。

日本に戻って以降は名門として知られる軽井沢ゴルフ倶楽部の会員としてプレーし、晩年は同倶楽部の理事長として「Play Fast」の精神を徹底した。ベントレー・ベンテイガを手に入れたことで白洲次郎の軌跡をなぞったような気のなっているのは、自分だけの秘密である。

ベンテイガはベントレー初のSUVだが、その乗り味は歴代のそれに通じた重厚なものである。外界と隔絶されたような静粛性と圧倒的な動力性能の同居。

上質なレザーやウッドで作り込まれたインテリアはイギリスの伝統的なサロンのような品格を湛え、ビジネスとプライベートを切り替えるスイッチのような役目を果たしてくれる。

だからもちろん、マイ・ベントレーのラゲッジスペースにはいつも、キャディバッグが仕込まれているのである。

6リッターのW12ツインターボ・エンジンは底知れぬパワーを秘めているが、この上なく滑らかに回り、だからこそ若い頃のように飛ばして走らなくても心は満たされる。

そう白洲次郎が提唱した「Play Fast」の真意は「急げ!」というより「速やかに」くらいのニュアンスだと思っている。僕の人生のリズムも同じこと。

もうがむしゃらなペースで走るようなことはしないが歳相応に、しかし速やかでありたい。

今日は道路が混みあう前に都心の喧騒をベンテイガで抜け出し、ヴィンテージ・ワインを手土産にして弟が手に入れた海辺のゲストハウスを初めて訪ねる。

結婚より別荘が先というあたりが何とも彼らしい。でも弟のことだから、きっと趣味の良い隠れ家なのだろう。我々のホームコースであるブリストルヒルゴルフクラブにほど近い立地も悪くない。

そういえば弟もクルマを新しくしたらしい。相変わらず勢いのいいヤツだ。

BENTLEY BENTAYGA
メーカー希望小売価格:27,860,000円~(税込)

  • ※写真はオプション装着車。
  • ※表示価格にはオプションは含まれておりません。
  • ボディサイズ | 全長5,150 × 全幅1,995 × 全高1,755 mm
  • ホイールベース | 2,995 mm
  • エンジン |6.0リッター W12 ツインターボTSI
  • 排気量|5945 cc
  • 最高出力|608ps (447kW) / 6,000 rpm
  • 最大トルク|900Nm /1350-4500 rpm
  • Text : Takuo Yoshida
  • Photographer : Koichi Shinohara
  • 衣装協力:ネイビーストライプジャケット ¥90,000 ネイビーポロシャツ ¥13,000 白パンツ ¥19,000 ベルト スニーカー/以上ポロ ラルフ ローレン(ラルフ ローレン) サングラス ¥32,000/以上ペルソール(サンライズ) キャディバッグ ¥92,000/以上レザレクション ※すべて税抜、編集部調べ

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる