CAR

Information

マセラティ レヴァンテ トロフェオがデビュー、史上最強・最速のラグジュアリーSUV

マセラティが、ニューヨーク国際オートショーにおいて「レヴァンテ トロフェオ・ローンチ・エディション」を公開した。このレヴァンテ トロフェオには、最高出力590ps、最大トルク730Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンが搭載されており、専用のカーボンファイバー製エクステリアが与えられている。

今回搭載された3.8リッターV8ツインターボガソリンユニットは、リッターあたりの出力でマセラティ史上最高の156ps/Lを誇り、フェラーリのマラネロ・ファクトリーにおいて手作業で組み付けられている。空力的に不利なSUVでありながらも、その最高速度300km/hを超え、0-100km/h加速は3.9秒という驚きのタイムを実現した。

ベースモデルにも採用されていたノーマル、アイス、スポーツ、オフロードモードに加えて、ローンチコントロール機能を備えた新しい「Corsa(コルサ)」ドライビングモードを新たに採用。ギブリから導入された車両統合制御システム(IVC)をレヴァンテにも搭載したことで、運動性能は大幅に向上した。

エクステリアで最も目を引くのは、マセラティ史上最大となる22インチアロイホイール「オリオン」だろう。SUVでありながらもスーパースポーツにも負けない、強烈な存在感を放っている。フロントバンパーの両脇には新たにサイドエアインテークが設けられ、カーボン製センタースプリットとサイドベゼルブレードにより、エアロダイナミクス性能も向上した。リヤセクションにはカーボン製リヤエクストラクターに加え、4本出しエキゾーストパイプにより、見る者に力強い印象を与える。

スーパースポーツをも凌駕する動力性能が与えられたレヴァンテ・トロフェオは、ベースモデルが持つユーティリティや複数のゴルフバッグを余裕で飲み込むラゲッジなど、SUVとしての機能を少しも損なっていない。今回発表されたローンチエディションは北米限定での発売となるが、日本のオーナーにとっても非常に魅力的なチョイスになることは間違いないだろう。

【関連記事】Information

漆黒のボディカラーを纏った8台限定のマセラティ クワトロポルテ

マセラティジャパンは、フラッグシップセダンの「クアトロポルテGTS」をベースとした特別限定仕様車「クアトロポルテGTSネリッシモ・カーボン・エディション」を追加した。「ネリッシモ」はイタリア語の「Nero(黒)」からの造語で「漆黒」を意味する。すべてを飲み込む“黒”という色が持つ底知れぬパワーと都会的な夜を体現した。

関連記事はこちら

【関連記事】Information

マセラティ ギブリ、18年モデル登場。2種類のトリムラインも加わる

マセラティ ジャパンは、ギブリの2018年モデルを発表した。2013年の登場以来、現行ギブリは全世界で7万台以上というマセラティ史上最高の販売実績を達成。今回の変更では独創的でエレガントなエクステリアに加え、新たに「グランルッソ」と「グランスポーツ」という2種類のトリムラインが登場した。

関連記事はこちら

問い合わせ先

マセラティ コールセンター:0120-965-120 www.maserati.co.jp

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる