CAR

Information

レクサスRXに待望の7シーター登場。多彩なシートアレンジも魅力

レクサスはラグジュアリーSUVの「RX」を一部改良し、新たに3列シートのロングバージョンの「RX450hL」を追加した。これまで2列シートのみのラインナップだったRXだが、今回のロングボディの追加により、さらに幅広い選択肢を用意したことになる。

RX450hLは、RXが持つ流麗で力強いエクステリアをそのままに全長を拡大。電動格納式サードシートを採用したことで、7人乗車を可能とした。また、ワンタッチで前に倒れるセカンドシートにより、乗降性も非常に良好。1列目から3列目にかけてアイポイントを徐々に高くした「シアタースタイル」により、どの席からも見晴らしが良く、開放感のある室内空間を実現した。サードシートの左右デッキサイドには、風向を調整できる吹き出し口を配置。左デッキサイドの操作パネルで温度や風量などを独自に調整することが可能だ。

サードシートとしての使用だけでなく、分割可倒することで、大容量のラゲッジスペースとして使うことができるのも嬉しい。また、トノカバーを床下に収納できるため、7名乗車時でも必要十分なスペースを確保した。サードシートは電動格納式となっており、セカンドシートサイドのトリム左側とラゲッジの左側にスイッチを設定している。

従来の5シーター仕様から全長を110mm拡大したことで、便利な3列目のシートだけでなく、ゴルフバッグなどを余裕で飲み込む広大なラゲッジスペースも手にした「RX450hL」。ラインナップは3.51リッターV型6気筒にハイブリッドシステムを組み合わせたワングレードとなり、価格は769万円(税込)。ゴルファーにとっては、また1台、魅力的なチョイスが増えたと言えそうだ。

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる