CAR

Information

漆黒のボディカラーを纏った8台限定のマセラティ・クワトロポルテ

マセラティジャパンは、フラッグシップセダンの「クアトロポルテGTS」をベースとした特別限定仕様車「クアトロポルテGTSネリッシモ・カーボン・エディション」を追加した。「ネリッシモ」はイタリア語の「Nero(黒)」からの造語で「漆黒」を意味する。すべてを飲み込む“黒”という色が持つ底知れぬパワーと都会的な夜を体現した。

3.8リッターV8ツインターボを搭載する、クアトロポルテGTSをベースに「グリジオマラテア」のボディカラーを纏い、ブラックウィンドーフレームやカーボンフィニッシュを採用。さらにブラックピアノフィニッシュのフロントグリル、21インチ・チタングロッシーブラックのアロイホイールを装備したことで、より“黒”が引き立つアピアランスとなった。

インテリアに目を移すと、カーボン仕上げのスポーツステアリングホイール、ギヤシフトパドル、ドアシル、インテリアトリムを装備。センターコンソールに配されたデディケーションプレートが、限定モデルであることを強烈に主張する。また「Bowers & Wilkins」のプレミアムサラウンドシステムの採用により、すべてのシートで臨場感あふれるハイクオリティなサウンドを楽しむことができる。 クアトロポルテGTS同様、先進運転支援システム(ADAS)を装備し、最高水準の安全性も実現。ストップ&ゴー機能搭載アダプティブクルーズコントロール、フォワードコリジョンウォーニングプラス、レーンキーピングアシスト、ブラインドスポットアラート、アクティブブラインドスポットアシスト、交通標識認識など、数々の革新的なシステムがドライバーをアシストする。

価格は2197万円(税込み)、アジア・中東50台限定で、日本には8台が導入。見る者を吸い込むような深いブラックのエクステリアは、ゴルフ場へと向かうハイウェイでも一際強烈な個性を発揮してくれるはずだ。

【関連記事】Information

マセラティ レヴァンテ トロフェオがデビュー、史上最強・最速のラグジュアリーSUV

マセラティが、ニューヨーク国際オートショーにおいて「レヴァンテ トロフェオ・ローンチ・エディション」を公開した。このレヴァンテ トロフェオには、最高出力590ps、最大トルク730Nmを発生する3.8リッターV8ツインターボエンジンが搭載されており、専用のカーボンファイバー製エクステリアが与えられている。

関連記事はこちら

【関連記事】Information

マセラティ ギブリ、18年モデル登場。2種類のトリムラインも加わる

マセラティ ジャパンは、ギブリの2018年モデルを発表した。2013年の登場以来、現行ギブリは全世界で7万台以上というマセラティ史上最高の販売実績を達成。今回の変更では独創的でエレガントなエクステリアに加え、新たに「グランルッソ」と「グランスポーツ」という2種類のトリムラインが登場した。

関連記事はこちら

問い合わせ先

マセラティ コールセンター:0120-965-120 www.maserati.co.jp

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
閉じる