PR

CAR

ニューBMW5シリーズで行くゴルフ旅

最先端なセダンで、澄み切った空気の心地よさを感じる

2017.04.27

  • ドイツ車
  • BMW
  • 5シリーズ
  • セダン
  • ゴルフ旅

ビジネスはもちろん、週末のアソビ旅だって一切の妥協はしたくない。そんなビジネスアスリートに相応しい、ニューBMW5シリーズで向かうのは、栃木県那須に位置するトーナメントコース「ホウライカントリー倶楽部」。ステイ先は豊かな自然に囲まれた、わずか41室のリゾートホテル「二期倶楽部」に決まりだ。都会の喧騒から離れ、澄み切った空気の中、極上のゴルフ旅を楽しもうじゃないか。

ひんやりとした朝靄に朝日が差し込む東北道をひた走る。向かうのは、西那須野の自然の中に位置する「ホウライカントリー倶楽部」。欧米風の趣を持ち、ドッグレッグホールが多く、フェアウェイも狙う点を絞っている戦略性の高いトーナメントコースだ。

「ビジネスもアソビも真剣に」がモットー。妥協は禁物だ。旅に出るなら、ゴルフ場、ステイ先、そしてクルマ、すべての条件において自分好みははずせない。何事にも全力で取り組むビジネスアスリートに相応しいクルマ、それがBMWの新型5シリーズを旅の供として選んだ理由だ。ステイ先は、彼女が喜ぶ「二期倶楽部」をチョイス。素敵な料理にワインが欠かせないように、素晴らしいラウンドの後には、疲れをいやしてくれる極上のホテル・ステイが欠かせない。

道中、立ち寄るスポット探しをサポートしてくれるのは、スマートフォンとの連携が巧みなBMWコネクテッドドライブ。これを操作するためのダッシュパネル中央に据えられたタッチパネル式の10.2インチ・モニターもBMWジェスチャー・コントロールによって直感的に操作可能で、ストレスフリーなドライブを実現してくれる。

そしてこの新型BMW5シリーズの魅力は、最先端の運転支援システムにも込められている。狭いスペースに車外から遠隔操作で駐車できるリモート・コントロール・パーキングも実用的だし、快適なアクティブ・クルーズ・コントロールや絶えず車線の真ん中を捉えるステアリング&レーン・コントロール・アシストは、遠くない将来に訪れるであろう自動運転によるモビリティの新時代を予感させてくれる。室内空間は遮音性も高く、プライベートな会話をゆったりと楽しめる。移動時間をリラックスして過ごすことで、普段のビジネス・シーンでも、フェアウェイをキープし続けることが難しいコースのプレータイムでも、常にチャンスに強い自分でいられるのだ。

新型BMW5シリーズの中から最適な1台を選び出すのは、愉しくも悩ましい作業だった。ガソリン・エンジンがもたらす静粛性と、高回転域で炸裂するパワーはまさにBMWの真骨頂なのだが、低回転から図太いトルクを発生するクリーン・ディーゼルの熟成にも目を見張るものがあった。最終的に523d Luxuryを選ぶ決め手たなったのは、8速オートマティックと組み合わされた2リッター・クリーン・ディーゼルユニットが、時速100km/hの高速クルーズを僅か1500回転ほどで成立させる点に惹かれたからだ。ディーゼルはビジネスアスリートのスマートな選択肢であり、経済性にも優れている。

今回、ホウライカントリー倶楽部におけるスコアはなかなかのものだったが、この後の反省はステイ先の二期倶楽部で。クラブハウスの車寄せで新型BMW5シリーズのトランクに荷物を積み込む。トランクルーム内の左右が抉られているため、余裕を持ってゴルフバッグ2個を横方向に収納することができ、その奥にもまだたっぷりとスペースが残されているのである。

二期倶楽部へと向かう緩やかなワインディングにおいて、新型BMW5シリーズの本質に触れることができたような気がした。
このクルマはパッセンジャーに緊張を強いない程度にペースを上げて走ることが得意なのだ。8速オートマティックのギアの繋がりはすこぶる滑らかだし、サスペンションのタッチもしなやかだ。風切音の少なさは優れた空力性能を感じさせてくれる。ボディサイズは堂々としているが、ドライブフィールは引き締まっていて、こちらが狙った走行ラインを精確にトレースできる。
速いだけでなく、じつに賢い。このクルマはビジネスアスリートが要求するものをすべて備えている。
オプション設定されていたBowers&Wilkinsのダイヤモンド・サラウンド・サウンド・システムを選んだのも正解だった。楢の茂る林を抜けると、ヘッドランプが低く構えた端正な建築を照らし出す。自分好みのゴルフとクルマとホテル、やはり妥協はするべきじゃない。

BMW 5シリーズ セダン
撮影車両:BMW 523d Luxury
車両本体価格:7,680,000円(税込)

  • ボディサイズ|全長 4,945×全幅1,870×全高1,480mm
  • ホイールベース|2,975mm
  • エンジン|直列4気筒DOHCディーゼル
  • 排気量|1,995cc
  • 最高出力|190ps(140kW)/4,000rpm
  • 最大トルク|40.8kg・m(400N・m)/1,750-2,500rpm
  • 燃費|21.5km/L

問い合わせ先

BMW ジャパン
フリーダイヤル:0120-269-437http://www.bmw.co.jp/ja/index.html

SHARE

BRUDER

BRUDER

この記事が気に入ったらいいね!しよう

BRUDER公式アカウントから最新情報をお届けします

LOOKBOOK

BRUDER SOCIAL

Webマガジン”ブルーダー”の
公式ソーシャルアカウント

BACK TO TOP

ページトップへ戻る
メニュー